Main Content

Simulink モデルの線形システム特性の監視

Simulink® Control Design™ ソフトウェアには、シミュレーション時に非線形 Simulink モデルから計算される線形システムの時間領域特性と周波数領域特性を監視するために、Model Verification ブロックが用意されています。

このブロックは以下の目的に使用します。

  • シミュレーション時に以下を含む非線形 Simulink モデルの線形システム特性が指定した範囲内に収まることを検証:

    • 連続時間モデルまたは離散時間モデル

    • マルチレート モデル

    • 正確な遅延またはパデ近似で表現されるむだ時間をもつモデル

    • 連続時間モデルから計算される離散化線形モデル

    • 離散時間モデルから計算される連続時間モデル

    • リサンプルされた離散時間モデル

    線形システムは単入力単出力 (SISO: Single-Input Single-Output) または多入力多出力 (MIMO: Multi-Input Multi-Output) とすることができます。

  • 線形解析プロット上に指定した範囲、および範囲の違反を表示

    ヒント

    これらのブロックは、範囲パラメーターの既定の設定が異なる点を除いて、Linear Analysis Plots ブロックと同じです。

  • MATLAB® ワークスペースに計算された線形システムを保存。

検証ブロックは、線形システム特性が指定の範囲外である場合、つまりアサーションが失敗した場合に、アサートを行います。MATLAB プロンプトにはアサーションの失敗をレポートする警告メッセージが表示されます。アサーションが失敗した場合は、以下を行うことができます。

  • シミュレーションの停止と、そのブロックのフォーカスへの移動

  • MATLAB 式の評価

これらのブロックを Simulink Model Verification ブロックとともに使用して、複雑なアサーション ロジックを設計することができます。例については、Simulink Control Design と Simulink の検証ブロックを使用したモデルの検証を参照してください。

Signal Builder の Verification Manager ツールを使用してモデルのシミュレーション テストを作成することができます。例については、航空機の周波数領域特性の検証を参照してください。

メモ

これらのブロックは、コード生成をサポートせず、[ノーマル] シミュレーション モードでのみ使用することができます。