Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

既定のシミュレーション スナップショット時間でのモデルの検証

以下の例では、既定のシミュレーションのスナップショット時間 0 で計算された非線形 Simulink® モデルの線形システム特性がシミュレーション時に範囲内にあることをアサートする方法を説明します。

  1. 非線形 Simulink モデルを開きます。以下に例を示します。

    watertank
  2. Simulink ライブラリ ブラウザーを開きます。Simulink エディターの [シミュレーション] タブで [ライブラリ ブラウザー] をクリックします。

  3. モデル検証ブロックを Simulink モデルに追加します。

    1. [Simulink Control Design] ライブラリで [Model Verification] を選択します。

    2. Check Pole-Zero Characteristics ブロックなどのブロックをドラッグして Simulink エディター内にドロップします。

      モデルは次の図のようになります。

  4. ブロックをダブルクリックして [ブロック パラメーター] ダイアログ ボックスを開きます。

    ブロック パラメーターの詳細は、ブロックのリファレンス ページを参照してください。

  5. 閉ループの極と零点を計算するための線形化の入力と出力を指定します。

    ヒント

    Simulink モデルで線形化の入力および出力を定義している場合、 をクリックすると [線形化の入力/出力] テーブルにモデルからの I/O が自動的に入力されます。

    1. 入力を指定するには、次の手順に従います。

      1. [線形化の入力/出力] テーブルの隣にある をクリックします。

        [ブロック パラメーター] ダイアログが拡張され、[モデル内の信号をクリックして、選択します] 領域が表示されます。

      2. Simulink モデルで、Desired Water Level ブロックの出力信号をクリックして選択します。

        [モデル内の信号をクリックして、選択します] 領域が更新されて、選択した信号が表示されます。

        ヒント

        Simulink モデルで複数の信号を一度に選択できます。選択した信号はすべて [モデル内の信号をクリックして、選択します] 領域に表示されます。

      3. をクリックして [線形化の入力/出力] テーブルに信号を追加します。

    2. 出力を指定するには、次の手順に従います。

      1. Simulink モデルで、Water-Tank System ブロックの出力信号をクリックして選択します。

        [モデル内の信号をクリックして、選択します] 領域が更新されて、選択した信号が表示されます。

      2. をクリックして [線形化の入力/出力] テーブルに信号を追加します。

        メモ

        [線形化の入力/出力] テーブルで信号に対応する Simulink モデルの場所を検出するには、テーブル内の信号を選択して をクリックします。

      3. [線形化の入力/出力] テーブルの [構成] ドロップダウン リストで、次に対して [出力の測定] を選択します。[watertank/Water-Tank System: 1]

        メモ

        I/O によって Simulink モデルにフィードバック ループが含められます。閉ループ システムの極と零点が計算されます。

      4. をクリックして [モデル内の信号をクリックして、選択します] 領域を折りたたみます。

  6. アサーションの範囲を指定します。この例では、[ブロック パラメーター] ダイアログ ボックスの [範囲] タブに指定した既定の近似 2 次範囲を使用します。

    [プロットの表示] をクリックしてプロット ウィンドウを開き、極-零点配置図上に範囲を表示します。

  7. [アサーション] タブの [アサーションが失敗したときにシミュレーションを中止] を選択して、アサーションが失敗したときにシミュレーションを中止するようにします。

  8. [適用] をクリックして、変更されたすべての設定をブロックに適用します。

  9. プロット ウィンドウで をクリックして、モデルをシミュレートします。

    または、Simulink エディターからモデルをシミュレートすることもできます。

    線形化の入力と出力で指定されたモデルの部分が、[スナップショット時間] ブロック パラメーターに指定した既定のシミュレーション時間 0 で線形化されます。極が指定した範囲内にないことが検出されると、シミュレーションは停止します。診断ビューアーが開き、アサートしたブロックをレポートします。

    [開く] をクリックすると、Simulink モデルでアサートしたブロックが強調表示されます。

    計算された線形システムの閉ループの極と零点の位置は、プロット ウィンドウで xo のマークとして表示されます。プロットには、範囲の違反も表示できます。