Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

カスタム単位データベースの取り扱い

Simulink® モデルでは、単位データベースから単位を指定します。単位データベースは、次の単位系の単位で構成されます。

  • SI — 国際単位系

  • SI (extended) — 国際単位系 (拡張)

  • English — 英語単位系

  • CGS — センチメートル・グラム・秒単位系

既定の設定では、Simulink は Allowed Units にリストされている単位と単位系のみをサポートします。システム全体のレベルで他の単位系から追加の単位を導入し、それらの新しい単位を Allowed Units にリストされている単位と同様に使用するには、次の関数を使用して新しい単位データベースを作成し、読み込みます。

  • createCustomDBFromExcel — カスタム単位データベースの定義が含まれる Excel® スプレッドシートからカスタム単位データベース ファイルを作成します。サポートされているすべてのプラットフォームで、関数 createCustomDBFromExcel.xls ファイルおよび .xlsx ファイルをサポートします。

  • rehashUnitDBs — MATLAB® パスで単位データベース ファイルを再ハッシュすることにより、カスタム単位データベースを読み込みます。

カスタム単位スプレッドシート形式

スプレッドシートには任意の順序で以下の列が含まれていなければなりません。

  • name@*/^(,)+\"'{}[]<>&-:: および空白を除く任意のグラフィカル Unicode 文字を使用した単位名。

  • symbol@*/^(,)+\"'{}[]<>&-:: および空白を除く任意のグラフィカル Unicode 文字を使用した単位の記号。

  • asciiSymbol — ASCII での単位の記号。

  • displayName — LaTeX 形式でモデルに表示される単位の名前。

  • definitionExpression — 7 つの基本 SI 単位など、事前定義された単位に関する単位の定義。

  • conversionFactor — 単位とその定義間の変換係数。

  • conversionOffset — 単位とその定義間の変換オフセット。

  • physicalQuantity — 有効な物理量。showunitslist でテーブル「Physical Quantities」を参照してください。

  • provenance — オプションの列。コンマで区切った来歴のリスト。

スプレッドシートを開発する際は以下のガイドラインに従います。

  • 入力スプレッドシートに複数のワークシートが含まれる場合、接頭辞 unitphysicalQuantity、または provenance を使用してワークシートに名前を付けなければなりません。

  • 1 つのワークシートに接頭辞の複数のインスタンスがある場合、関数はすべてのワークシートを使用してデータベースを作成します。

    • unit — 単位の作成

    • physicalQuantity — 物理量の作成

    • provenance — 来歴の作成

オプションで、入力スプレッドシートの別のワークシートで物理量を定義できます。物理量を定義するワークシートには以下の列が任意の順序で含まれます。

  • name@*/^(,)+\"'{}[]<>&-:: および空白を除く任意のグラフィカル Unicode 文字を使用した物理量名。

  • definitionExpression — 事前定義された物理量に関する物理量の定義。

  • provenance — オプション。コンマで区切った物理量来歴のリスト。

オプションで、入力スプレッドシートの別のワークシートに来歴を定義することもできます。来歴を定義するワークシートには以下の列が任意の順序で含まれます。

  • identifier — 来歴の識別子

  • title — 来歴のタイトル

  • subTitle — 来歴のサブタイトル

  • organization — 来歴の組織

  • fullName — 来歴の完全名

  • urlList — 来歴の URL リンクのリスト

  • edition — 来歴のエディション

  • year — 来歴の年

Excel スプレッドシートでのカスタム単位の定義

最初に、カスタム単位スプレッドシート形式のガイドラインに従って Excel スプレッドシートを作成します。次のように、1 行あたり 1 つの単位定義を使用します。

このスプレッドシートを unitsDB.xlsx などのファイルに保存します。その後、データベースを作成してそれを読み込むことができます。

カスタム単位データベースの作成と読み込み

この例では、カスタム単位データベースを作成してから、それを読み込む方法を説明します。

この例に含まれるスプレッドシートを使用してデータベースを作成します。

createCustomDBFromExcel('unitsDB.xlsx')

関数は unitsDB.slunitdb.mldatx を現在のフォルダーに作成します。

新しい単位データベースをメモリに読み込みます。

rehashUnitDBs

新しいデータベースが読み込まれたことを確認するには、slex_customunits モデルを開き、任意の出力端子にカスタム単位を適用します。

slex_customunits

参考

| | | |

関連するトピック