Main Content

createCustomDBFromExcel

Microsoft Excel スプレッドシートからのカスタム単位データベース ファイルの作成

説明

createCustomDBFromExcel(units_db.xlsx) は、カスタム単位を含む Excel® スプレッドシートからカスタム単位データベース ファイルを作成します。サポートされているすべてのプラットフォームで、関数 createCustomDBFromExcel.xls ファイルおよび .xlsx ファイルをサポートします。

サポートされるスプレッドシート形式の詳細については、カスタム単位スプレッドシート形式を参照してください。

すべて折りたたむ

カスタム Excel スプレッドシート ファイル unitsDB.xlsx からカスタム単位データベース ファイルを作成します。

任意の順序で次の列とデータを含む Excel スプレッドシートを作成します。

  • name (ounce_force を含む)

  • symbol (ozf を含む)

  • asciiSymbol (ozf を含む)

  • displayName ({\rm{}oz_{force}} を含む)

  • definitionExpression (oz*gn を含む)

  • conversionFactor (1 を含む)

  • conversionOffset (0 を含む)

  • physicalQuantity (force を含む)

カスタム単位の仕様を入力します。

データベース ファイルを、たとえば unitsDB.xlsx として保存します。

データベースを作成します。

createCustomDBFromExcel('unitsDB.xlsx')

関数は unitsDB.slunitdb.mldatx を現在のフォルダーに作成します。

現在のフォルダーを MATLAB® パスに追加します。

addpath C:\work\custom_units

新しい単位データベースをメモリに読み込みます。

rehashUnitDBs

入力引数

すべて折りたたむ

カスタム単位データベース。Excel 単位データベース ファイルのファイル名として指定します。このファイルを、カスタム単位情報を含む列をもつ Excel スプレッドシートとして作成します。

関数は単位データベース ファイル units_db.slunitdb.mldatx を現在のフォルダーに作成します。ここで、units_db は Excel ファイルの名前です。symbol 列、asciiSymbol 列、または displayName 列で単位エントリが空の場合、関数は不足している symbol エントリ、asciiSymbol エントリ、または displayName エントリに対して単位名を使用します。

サポートされるスプレッドシート形式の詳細については、カスタム単位スプレッドシート形式を参照してください。

例: custom_units.xlsx

データ型: char | string

バージョン履歴

R2020a で導入