Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

修正ファイルの表示

変更済みのプロジェクト ファイルをレビュー、解析、ラベル付け、コミットするには、[変更済み ("ファイルの数")] ビューを使用します。変更済みファイル ビューが表示されるのは、ソース管理をプロジェクトで使用している場合だけです。

変更済みファイルのリストを更新する必要がある場合は、[ソース管理] セクションにある [最新の表示] をクリックします。

変更済みファイルのリストは、変更セットと呼ばれることがあります。[変更済み] ファイル ビューでは、他のファイル ビューと同じ操作を実行できます。変更点を表示するには、リビジョンの比較を参照してください。

ヒント

[変更済み] ファイル ビューでは、[リスト] レイアウトに切り替えると便利な場合があります。

ソース管理の概要ステータスを使用すると、フォルダーの変更された内容または競合のある内容を特定できます。ファイル ビューで、フォルダーにロールアップされたソース管理ステータスが表示され、競合するファイルについては特に、ファイルの変更を特定しやすくなります。フォルダーのソース管理ステータス ([SVN][Git] 列など) で一時停止し、内部で変更、競合、追加または削除されたファイルの数を確認します。

プロジェクト定義ファイル

resources/project フォルダー内のファイルは、最初にプロジェクトを作成または変更する際に生成されるプロジェクト定義ファイルです。プロジェクト定義ファイルにより、ファイルをチェックアウトすることなく、ファイルにプロジェクト メタデータを追加できます。この方法で変更できるメタデータのいくつかの例として、ショートカット、ラベル、およびプロジェクトの説明があります。プロジェクト定義ファイルはまた、プロジェクトに追加されたファイルも指定します。これらのファイルはプロジェクトの一部ではありません。

プロジェクトに対して行った変更により、resources/project フォルダー内に変更が生じます。これらのファイルは、形式が変更される可能性のある XML ファイルにプロジェクトの定義を格納します。

プロジェクト定義ファイルを直接表示する必要があるのは、ソース管理ツールでマージが必要となる場合だけです。それらのファイルは表示されるので、ソース管理システムにコミットされているすべてのファイルについて把握できます。競合の解決を参照してください。

R2020b 以降、既定のプロジェクト定義ファイル タイプは [複数のプロジェクト ファイルを使用 (固定のパスの長さ)] です。プロジェクト定義ファイルの管理をプロジェクト作成時に選択したタイプから変更するには、matlab.project.convertDefinitionFilesを使用します。matlab.project.convertDefinitionFiles はプロジェクトのソース管理履歴を保持します。

警告

マージの問題を防ぐために、1 つのプロジェクトで定義ファイルのタイプを複数回変換しないでください。

R2020b より前のリリースで、プロジェクト定義ファイルの管理をプロジェクトの作成時に選択したタイプから変更する場合は、次を行います。

  1. [ホーム] タブの [環境] セクションで [基本設定] をクリックします。[MATLAB][プロジェクト] を選択し、[新規プロジェクト] セクションで、[プロジェクト定義ファイル] の下にあるオプションのいずれかを選択します。

    • 複数のプロジェクト ファイルを使用 - 共有プロジェクトに関するマージの問題の回避に役立ちます。

    • 複数のプロジェクト ファイルを使用 (固定のパスの長さ) - 長いパスを操作しなければならない場合に優れています。

    • 単一のプロジェクト ファイルを使用 (ソース管理には推奨されません) - 高速ですが、2 人のユーザーが同じプロジェクト内の変更をソース管理ツールに送信した場合に、マージの問題が発生する可能性があります。

  2. プロジェクト アーカイブ ファイル (.mlproj) を作成します。詳細については、プロジェクトのアーカイブまたは export を参照してください。

  3. アーカイブ プロジェクトから新規プロジェクトを作成します。詳細については、アーカイブ プロジェクトから新規プロジェクトを作成するを参照してください。

プロジェクト基本設定を使用して、新しいプロジェクトのプロジェクト定義フォルダーを変更できます。resources/project の代わりに、R2019a より前のリリースで採用された .SimulinkProject または _SimulinkProject のフォルダー名を選択できます。

プロジェクトでのフォルダーの管理を停止し、resources/project フォルダーを削除するには、matlab.project.deleteProjectを参照してください。

関連する例

詳細