Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

matlab.project.convertDefinitionFiles

プロジェクトの定義ファイルのタイプを変更

    説明

    matlab.project.convertDefinitionFiles(projectRoot,definitionType) は、projectRoot に格納されているプロジェクトの定義ファイルのタイプを definitionType で指定された新しいタイプに変換します。matlab.project.convertDefinitionFiles では、プロジェクトのソース管理の履歴が保持されます。

    警告

    マージの問題を防ぐために、1 つのプロジェクトで定義ファイルのタイプを複数回変換しないでください。

    すべて折りたたむ

    プロジェクトで現在使用している定義ファイル管理をチェックします。

    projectRoot = "C:/projects/myproject";
    proj = openProject(projectRoot);
    currentDefinitionFileType = proj.DefinitionFilesType
    currentDefinitionFileType = 
    
      DefinitionFiles enumeration
    
        MultiFile

    プロジェクト定義ファイル管理を変換する前にプロジェクトを閉じます。

    close(proj);

    プロジェクト定義ファイルの管理をプログラムにより変換し、固定パスの複数のプロジェクト ファイルを使用します。

    matlab.project.convertDefinitionFiles(projectRoot,matlab.project.DefinitionFiles.FixedPathMultiFile)

    新しいプロジェクト定義ファイルの管理をチェックします。

    proj = openProject(projectRoot);
    newDefinitionFileType = proj.DefinitionFilesType
    newDefinitionFileType = 
    
      DefinitionFiles enumeration
    
        FixedPathMultiFile

    入力引数

    すべて折りたたむ

    プロジェクトのルート フォルダーへの絶対パス。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。

    例: "C:/projects/myproject"

    データ型: char | string

    定義ファイルのタイプ。matlab.project.DefinitionFiles.SingleFilematlab.project.DefinitionFiles.MultiFile、または matlab.project.DefinitionFiles.FixedPathMultiFile として指定します。

    使用例に基づいて定義ファイルのタイプを選択します。

    • MultiFile - 共有プロジェクトでのマージの問題を回避できます。

    • SingleFile - こちらの方が高速ですが、2 人のユーザーが同じプロジェクト内でソース管理ツールに変更を送信する場合に、マージの問題が発生する可能性があります。

    • FixedPathMultiFile - 長いパスを使用する必要がある場合に適しています。

    R2020b で導入