Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

export

プロジェクトをアーカイブにエクスポート

説明

export(proj,archiveName) は、指定されたプロジェクトを archiveName という名前の新しいプロジェクト アーカイブ ファイルにエクスポートします。archiveName には、.mlproj 拡張子を含めるか、または拡張子を一切含めないようにしなければなりません。拡張子を指定しない場合、MATLAB® によってファイルに .mlproj 拡張子が付加されます。

このプロジェクト アーカイブには、プロジェクトのファイル、構造、ラベル、ショートカットが保存されます。ソース管理情報は保存されません。このプロジェクト アーカイブを使用すると、自分のソース管理リポジトリにアクセスできない顧客やサプライヤー、同僚にプロジェクトを送信することができます。受信者は、プロジェクトのアーカイブ ファイルをダブルクリックすることで、アーカイブから新規プロジェクトを作成できます。

既定では、この関数はすべてのプロジェクト参照をアーカイブ内にパッケージ化します。プロジェクトにネットワークの絶対パスへの参照が含まれている場合、このオプションは不要かもしれません。この場合、関数はプロジェクト自体を複製し、抽出時にそれを相対参照として扱います。

export(proj,archiveName,'ArchiveReferences',archiveReferences) は、指定されたプロジェクトを新しいプロジェクト アーカイブ ファイルにエクスポートし、プロジェクト参照をパッケージに含めるかどうかを指定します。

すべて折りたたむ

プロジェクト Times Table App を開きます。currentProject を使用して、現在読み込まれているプロジェクトからプロジェクト オブジェクトを作成します。

matlab.project.example.timesTable
proj = currentProject;

プロジェクトをアーカイブされたプロジェクト ファイルにエクスポートします。

export(proj,"timestableproj.mlproj")

ファイル timestableproj.mlproj を共有することにより、プロジェクトをそのユーザーに送信できるようになります。

入力引数

すべて折りたたむ

プロジェクト。matlab.project.Project オブジェクトとして指定します。currentProject を使用して、現在読み込まれているプロジェクトからプロジェクト オブジェクトを作成します。

アーカイブ ファイル名またはパス。ファイル拡張子 .mlproj で終わる文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。拡張子が指定されていない場合、MATLAB によってファイル名に .mlproj 拡張子が付加されます。

archiveName がファイル名である場合、MATLAB はそのファイルを現在のフォルダーにエクスポートします。完全修飾パス名を指定することもできます。

例: "project.mlproj"

参照をパッケージに含める。true または false として指定します。

true の場合、MATLAB はプロジェクトをエクスポートし、参照をパッケージに含めます。アーカイブを抽出すると、参照プロジェクトのコピーが作成され、それらが最上位プロジェクトにリンクされます。これには、参照プロジェクトによって参照されるプロジェクトのコピーも含まれます。

false の場合、MATLAB はプロジェクトをエクスポートし、参照への既存の絶対リンクと相対リンクを保持します。抽出時に作業中のプロジェクトでは、参照は同じ絶対パスと相対パスになければなりません。

プロジェクトに参照がない場合、この引数は無視されます。

データ型: logical

R2019a で導入