Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

stringtype

string データ型を作成

説明

string = stringtype(maximum_length) は、最大長をもつ Simulink® string データ型を作成します。あるいは、String Constant ブロック、String Concatenate ブロックおよび Compose String ブロックを使用して string データ型を作成することもできます。

stringtype(maximum_length) は、最大長をもつ Simulink string データ型を作成します。このデータ型は、MATLAB® コマンド ラインまたは String Constant ブロック、String Concatenate ブロックまたは Compose String ブロックの [出力データ型] パラメーターに直接入力することができます。

ヒント

stringtype(0) を指定すると、最大長をもたない string データ型が作成されます。この構文は、Simulink ブロックのデータ型に string を指定するのと同じです。

すべて折りたたむ

最大長が 10 の string データ型を作成します。

h=stringtype(10)
h = 

  StringType with properties:

    MaximumLength: 10
      Description: ''
        DataScope: 'Auto'
       HeaderFile: ''

入力引数

すべて折りたたむ

string データ型の最大長。スカラーとして指定します (1 から 32766)。この値には整数、MATLAB 変数または MATLAB 式を指定できます。

データ型: double

出力引数

すべて折りたたむ

string オブジェクト。スカラーとして指定します。

R2018a で導入