Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

String to Single

string 信号の single 信号への変換

  • ライブラリ:
  • Simulink / String

  • String to Single block

説明

Scan String は、入力 string をスキャンし、[書式設定] パラメーターで指定された形式に従って信号に変換します。ブロックは、値を 10 進数 (基数 10) 表現に変換し、結果を数値信号または string 信号として出力します。たとえば、[書式設定] パラメーターが "%s is %f." に設定されている場合、ブロックは string 信号と single 信号の 2 つの部分を出力します。入力が "Pi is 3.14" という string の場合、2 つの出力は "Pi""3.14" です。

Scan String ブロック、String to Double ブロック、String to Single ブロックは同一のブロックです。String to Double に構成された場合、ブロックは入力 string 信号を double の数値出力に変換します。String to Single に構成された場合、ブロックは入力 string 信号を single の数値出力に変換します。

コード生成のため、[コンフィギュレーション パラメーター][コード生成][インターフェイス][非有限数のサポート] チェック ボックスをオンにして、このブロックを含むモデルが非有限数をサポートするよう構成してください。

端子

入力

すべて展開する

入力 string。スカラーとして指定します。

データ型: string

出力

すべて展開する

形式が指定された形式に一致する出力データ。スカラーとして定義します。出力の合計最大数は 128 です。

入力 string を [書式設定] で指定された形式演算子に一致させることができない場合、ブロックは警告を返し、一致しなかった各形式演算子について適切な値 (0 または "") を出力します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32 | Boolean | fixed point | enumerated | bus

形式が %f 形式に一致する出力データ。スカラーとして指定します。出力の合計最大数は 128 です。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32 | Boolean | fixed point | enumerated | bus

形式が N 形式に一致する出力データ。スカラーとして指定します。出力の合計最大数は 128 です。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32 | Boolean | fixed point | enumerated | bus

パラメーター

すべて展開する

入力の書式演算子。スカラーとして指定します。入力 string を指定された形式に一致させることができない場合、ブロックは 0 を返します。この戻り値 0 は、関数 sscanf の戻り値 (関数が入力を指定された形式と一致させられない場合の空行列) とは異なります。

  • String to Double ブロックでは、このパラメーターは %lf の既定値を持ちます。

  • String to Single ブロックでは、このパラメーターは %f の既定値を持ちます。

許容される形式演算子の詳細については、「アルゴリズム」の節を参照してください。

ブロックの特性

データ型

double | integer | single | string

直接フィードスルー

はい

多次元信号

いいえ

可変サイズの信号

いいえ

ゼロクロッシング検出

いいえ

アルゴリズム

すべて展開する

Scan String ブロックは、以下の書式指定子プロトタイプを使用します。

%[width][length]specifier

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

R2018a で導入