最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ブロック固有のパラメーター

モデルを作成および変更するスクリプトを記述するには、関数 get_param と関数 set_param を使用して、ブロックまたはブロック線図のプロパティとパラメーターをクエリおよび変更できます。次の表を使用して、ブロックのダイアログ ボックスのパラメーターまたはプロパティのプログラム上の名前を確認します。

ブロックおよびモデルのプログラム上のパラメーター

モデルを記述するプログラム上のパラメーターは "モデル パラメーター" と呼ばれます (モデル パラメーターを参照)。ブロックを記述するパラメーターは "ブロック パラメーター" と呼ばれます。すべての Simulink® ブロックに共通するパラメーターは "共通のブロック パラメーター" と呼ばれます (共通のブロック プロパティを参照)。多くのブロックには固有の "ブロック固有パラメーター" もあります。マスクされたブロックは "マスク パラメーター" をもつことができます (マスク パラメーターを参照)。

モデルおよびブロックのプロパティにはコールバックも含まれています。これは、モデルやブロックにおいて特定のイベントが発生したときに実行されるコマンドです。これらのイベントには、モデルを開く、モデルをシミュレートする、ブロックをコピーする、ブロックを開くなどがあります。モデル、ブロックおよび端子のコールバックを参照してください。

ヒント

配列値を受け入れるブロック パラメーターの場合、配列の要素数は int_T が表す数を超えることはできません。この制限は、シミュレーションと Simulink Coder™ コード生成の両方に適用されます。

パラメーターの編集フィールドに含めることができる最大文字数は 49,000 です。

ブロック固有のパラメーターとプログラム上の等価機能

以下の表に、Simulink ブロックのブロック固有パラメーターを示します。ブロックのタイプはブロック名の後の小かっこの中に表示されます。Simulink ブロックの中には、マスク サブシステムとして機能するものもあります。表では、マスク ブロックはブロック タイプの後ろに "masked subsystem" を付けて示しています。

非マスク ブロックについてリストされているタイプは、BlockType パラメーターの値です (共通のブロック プロパティを参照)。マスク ブロックについてリストされているタイプは、MaskType パラメーターの値です (マスク パラメーターを参照)。

ダイアログ ボックス プロンプト」の列には、ブロックのダイアログ ボックスのパラメーターに対するプロンプト テキストを示しています。「値」の列には、必要な値のタイプ (スカラー、ベクトル、変数)、(垂直バーで区切った) 設定可能な値、および (中かっこで囲んだ) 既定値が示してあります。

Continuous ライブラリ ブロック パラメーター

ブロック (タイプ)/パラメーターダイアログ ボックス プロンプト

Derivative (Derivative)

   CoefficientInTFapproximation

線形化に使用される伝達関数近似 s/(c*s+1) の係数 c

{'inf'}

Integrator (Integrator)

   ExternalReset

外部リセット

{'none'} | 'rising' | 'falling' | 'either' | 'level' | 'level hold'

   InitialConditionSource

初期条件のソース

{'internal'} | 'external'

   InitialCondition

初期条件

スカラーまたはベクトル — {'0'}

   LimitOutput

出力を制限する

{'off'} | 'on'

   UpperSaturationLimit

飽和の上限

スカラーまたはベクトル — {'inf'}

   LowerSaturationLimit

飽和の下限

スカラーまたはベクトル — {'-inf'}

   ShowSaturationPort

飽和端子の表示

{'off'} | 'on'

   ShowStatePort

状態端子の表示

{'off'} | 'on'

   AbsoluteTolerance

絶対許容誤差

文字ベクトル、スカラー、ベクトル — {'auto'} | {'–1'} | 任意の実数のスカラーまたはベクトル

   IgnoreLimit

線形化時に出力制限とリセットの設定を無視

{'off'} | 'on'

   ZeroCross

ゼロクロッシング検知を利用

'off' | {'on'}

   ContinuousStateAttributes

状態名

{''} | ユーザー定義

   WrapState

状態のラップ

{'off'} | 'on'

   WrappedStateUpperValue

ラップした状態の上限値

スカラーまたはベクトル — {'pi'}

   WrappedStateLowerValue

ラップした状態の下限値

スカラーまたはベクトル — {'-pi'}

Second-Order Integrator (SecondOrderIntegrator)

   ICSourceX

初期条件ソース x

{'internal'} | 'external'

   ICX

初期条件 x

スカラーまたはベクトル — {'0'}

   LimitX

制限 x

{'off'} | 'on'

   UpperLimitX

上限 x

スカラーまたはベクトル — {'inf'}

   LowerLimitX

下限 x

スカラーまたはベクトル — {'-inf'}

   WrapStateX

x のラッピングの有効化

{'off'} | 'on'

   WrappedUpperValueX

x をラッピングするための上限値

スカラーまたはベクトル — {'pi'}

   WrappedLowerValueX

x をラッピングするための下限値

スカラーまたはベクトル — {'-pi'}

   AbsoluteToleranceX

絶対許容誤差 x

文字ベクトル、スカラー、ベクトル — {'auto'} | {'–1'} | 任意の実数のスカラーまたはベクトル

   StateNameX

状態名 x

{} | ユーザー定義

   ICSourceDXDT

初期条件ソース dx/dt

{'internal'} | 'external'

   ICDXDT

初期条件 dx/dt

スカラーまたはベクトル — {'0'}

   LimitDXDT

制限 dx/dt

{'off'} | 'on'

   UpperLimitDXDT

上限 dx/dt

スカラーまたはベクトル — {'inf'}

   LowerLimitDXDT

下限 dx/dt

スカラーまたはベクトル — {'-inf'}

   AbsoluteToleranceDXDT

絶対許容誤差 dx/dt

文字ベクトル、スカラー、ベクトル — {'auto'} | {'–1'} | 任意の実数のスカラーまたはベクトル

   StateNameDXDT

状態名 dx/dt

{} | ユーザー定義

   ExternalReset

外部リセット

{'none'} | 'rising' | 'falling' | 'either'

   ZeroCross

ゼロクロッシング検出を有効にする

{'on'} | 'off'

   ReinitDXDTwhenXreachesSaturation

x が飽和に達したときに dx/dt を再初期化

{'off'} | 'on'

   IgnoreStateLimitsAndResetForLinearization

状態制限を無視し、線形化のためにリセット

{'off'} | 'on'

   ShowOutput

出力の表示

{'both'} | 'x' | 'dxdt'

State-Space (StateSpace)

   A

A

行列 — {'1'}

   B

B

行列 — {'1'}

   C

C

行列 — {'1'}

   D

D

行列 — {'1'}

   InitialCondition

初期条件

ベクトル — {'0'}

   AbsoluteTolerance

絶対許容誤差

文字ベクトル、スカラー、ベクトル — {'auto'} | {'–1'} | 任意の実数のスカラーまたはベクトル

   ContinuousStateAttributes

状態名

{''} | ユーザー定義

Transfer Fcn (TransferFcn)

   Numerator

分子係数

ベクトルまたは行列 — {'[1]'}

   Denominator

分母係数

ベクトル — {'[1 1]'}

   AbsoluteTolerance

絶対許容誤差

文字ベクトル、スカラー、ベクトル — {'auto'} | {'–1'} | 任意の実数のスカラーまたはベクトル

   ContinuousStateAttributes

状態名

{''} | ユーザー定義

Transport Delay (TransportDelay)

   DelayTime

時間遅延

スカラーまたはベクトル — {'1'}

   InitialOutput

初期出力

スカラーまたはベクトル — {'0'}

   BufferSize

初期バッファー サイズ

スカラー — {'1024'}

   FixedBuffer

固定バッファー サイズを使用

{'off'} | 'on'

   TransDelayFeedthrough

線形化中に入力を直達する

{'off'} | 'on'

   PadeOrder

パデ次数 (線形化用)

{'0'}

Variable Time Delay (VariableTimeDelay)

   VariableDelayType

遅延タイプの選択

'Variable transport delay' | {'Variable time delay'}

   MaximumDelay

最大遅延

スカラーまたはベクトル — {'10'}

   InitialOutput

初期出力

スカラーまたはベクトル — {'0'}

   MaximumPoints

初期バッファー サイズ

スカラー — {'1024'}

   FixedBuffer

固定バッファー サイズを使用

{'off'} | 'on'

   ZeroDelay

0 遅延を扱う

{'off'} | 'on'

   TransDelayFeedthrough

線形化中に入力を直達する

{'off'} | 'on'

   PadeOrder

パデ次数 (線形化用)

{'0'}

   ContinuousStateAttributes

状態名

{''} | ユーザー定義

Variable Transport Delay (VariableTransportDelay)

   VariableDelayType

遅延タイプの選択

{'Variable transport delay'} | 'Variable time delay'

   MaximumDelay

最大遅延

スカラーまたはベクトル — {'10'}

   InitialOutput

初期出力

スカラーまたはベクトル — {'0'}

   MaximumPoints

初期バッファー サイズ

スカラー — {'1024'}

   FixedBuffer

固定バッファー サイズを使用

{'off'} | 'on'

   TransDelayFeedthrough

線形化中に入力を直達する

{'off'} | 'on'

   PadeOrder

パデ次数 (線形化用)

{'0'}

   AbsoluteTolerance

絶対許容誤差

文字ベクトル、スカラー、ベクトル — {'auto'} | {'–1'} | 任意の正の実数のスカラーまたはベクトル

   ContinuousStateAttributes

状態名

{''} | ユーザー定義

Zero-Pole (ZeroPole)

   Zeros

零点

ベクトル — {'[1]'}

   Poles

ベクトル — {'[0 -1]'}

   Gain

ゲイン

ベクトル — {'[1]'}

   AbsoluteTolerance

絶対許容誤差

文字ベクトル、スカラー、ベクトル — {'auto'} | {'–1'} | 任意の正の実数のスカラーまたはベクトル

   ContinuousStateAttributes

状態名

{''} | ユーザー定義

Discontinuities ライブラリ ブロック パラメーター

ブロック (タイプ)/パラメーター

ダイアログ ボックス プロンプト

Backlash (Backlash)

   BacklashWidth

不感帯幅

スカラーまたはベクトル — {'1'}

   InitialOutput

初期出力

スカラーまたはベクトル — {'0'}

   ZeroCross

ゼロクロッシング検出を有効にする

'off' | {'on'}

   SampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'-1'}

Coulomb & Viscous Friction (Coulombic and Viscous Friction) (マスク サブシステム)

   offset

クーロン摩擦値 (オフセット)

{'[1 3 2 0]'}

   gain

粘性摩擦係数 (ゲイン)

{'1'}

Dead Zone (DeadZone)

   LowerValue

不感帯の下限

スカラーまたはベクトル — {'-0.5'}

   UpperValue

不感帯の上限

スカラーまたはベクトル — {'0.5'}

   SaturateOnIntegerOverflow

整数オーバーフローで飽和

'off' | {'on'}

   LinearizeAsGain

線形化時にゲインとして扱う

'off' | {'on'}

   ZeroCross

ゼロクロッシング検出を有効にする

'off' | {'on'}

   SampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'-1'}

Dead Zone Dynamic (Dead Zone Dynamic) (マスク サブシステム)

Hit Crossing (HitCross)

   HitCrossingOffset

ヒット クロッシング オフセット

スカラーまたはベクトル — {'0'}

   HitCrossingDirection

ヒット クロッシング方向

'rising' | 'falling' | {'either'}

   ShowOutputPort

出力端子の表示

'off' | {'on'}

   ZeroCross

ゼロクロッシング検出を有効にする

'off' | {'on'}

   SampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'-1'}

Quantizer (Quantizer)

   QuantizationInterval

量子化間隔

スカラーまたはベクトル — {'0.5'}

   LinearizeAsGain

線形化時にゲインとして扱う

'off' | {'on'}

   SampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'-1'}

Rate Limiter (RateLimiter)

   RisingSlewLimit

スルーレートの立ち上がり

{'1'}

   FallingSlewLimit

スルーレートの立ち下がり

{'-1'}

   SampleTimeMode

サンプル時間モード

'continuous' | {'inherited'}

   InitialCondition

初期条件

{'0'}

   LinearizeAsGain

線形化時にゲインとして扱う

'off' | {'on'}

Rate Limiter Dynamic (Rate Limiter Dynamic) (マスク サブシステム)

Relay (Relay)

   OnSwitchValue

スイッチ オン ポイント

{'eps'}

   OffSwitchValue

スイッチ オフ ポイント

{'eps'}

   OnOutputValue

オンの時の出力

{'1'}

   OffOutputValue

オフの時の出力

{'0'}

   ZeroCross

ゼロクロッシング検出を有効にする

'off' | {'on'}

   SampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'-1'}

   OutMin

出力の最小値

{'[]'}

   OutMax

出力の最大値

{'[]'}

   OutDataTypeStr

出力データ型

'Inherit: Inherit via back propagation' | {'Inherit: All ports same datatype'} | 'double' | 'single' | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'fixdt(1,16)' | 'fixdt(1,16,0)' | 'fixdt(1,16,2^0,0)' | 'Enum: <class name>'

   LockScale

固定小数点ツールによる変更に対して出力データ型の設定をロックする

{'off'} | 'on'

Saturation (Saturate)

   UpperLimit

上限

スカラーまたはベクトル — {'0.5'}

   LowerLimit

下限

スカラーまたはベクトル — {'-0.5'}

   LinearizeAsGain

線形化時にゲインとして扱う

'off' | {'on'}

   ZeroCross

ゼロクロッシング検出を有効にする

'off' | {'on'}

   SampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'-1'}

   OutMin

出力の最小値

{'[]'}

   OutMax

出力の最大値

{'[]'}

   OutDataTypeStr

出力データ型

'Inherit: Inherit via back propagation' | {'Inherit: Same as input'} | 'double' | 'single' | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'int64' | 'uint64' | 'fixdt(1,16,0)' | 'fixdt(1,16,2^0,0)'

   LockScale

固定小数点ツールによる変更に対して出力データ型の設定をロックする

{'off'} | 'on'

   RndMeth

整数丸めモード

'Ceiling' | 'Convergent' | {'Floor'} | 'Nearest' | 'Round' | 'Simplest' | 'Zero'

Saturation Dynamic (Saturation Dynamic) (マスク サブシステム)

   OutMin

出力の最小値

{'[]'}

   OutMax

出力の最大値

{'[]'}

   OutDataTypeStr

出力データ型

{'Inherit: Same as second input'} | 'double' | 'single' | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'fixdt(1,16,0)' | 'fixdt(1,16,2^0,0)'

   OutputDataTypeScalingMode

R2007b で廃止

 

   OutDataType

R2007b で廃止

 

   OutScaling

R2007b で廃止

 

   LockScale

固定小数点ツールによる変更に対して出力データ型の設定をロックする

{'off'} | 'on'

   RndMeth

整数丸めモード

'Ceiling' | 'Convergent' | {'Floor'} | 'Nearest' | 'Round' | 'Simplest' | 'Zero'

   DoSatur

整数オーバーフローで飽和

{'off'} | 'on'

Wrap To Zero (Wrap To Zero) (マスク サブシステム)

   Threshold

しきい値

{'255'}

Discrete ライブラリ ブロック パラメーター

ブロック (タイプ)/パラメーターダイアログ ボックス プロンプト

Delay (Delay)

   DelayLengthSource

遅延の長さ > ソース

{'Dialog'} | 'Input port'

   DelayLength

遅延の長さ > 値

{'2'}

   DelayLengthUpperLimit

遅延の長さ > 上限

{'100'}

   InitialConditionSource

初期条件 > ソース

{'Dialog'} | 'Input port'

   InitialCondition

初期条件 > 値

{'0.0'}

   ExternalReset

外部リセット

{'None'} | 'Rising' | 'Falling' | 'Either' | 'Level' | 'Level hold'

   InputProcessing

入力処理

'Columns as channels (frame based)' | {'Elements as channels (sample based)'} | 'Inherited'

   UseCircularBuffer

リング バッファーを使用

{'off'} | 'on'

   PreventDirectFeedthrough

直達の防止

{'off'} | 'on'

   RemoveDelayLengthCheckInGeneratedCode

生成コード内の遅延の長さのチェックを削除

{'off'} | 'on'

   DiagnosticForDelayLength

遅延の長さの診断

{'None'} | 'Warning' | 'Error'

   SampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'-1'}

   StateName

状態名

{''}

   StateMustResolveToSignalObject

状態名を Simulink の信号オブジェクトに関連付ける

{'off'} | 'on'

   StateSignalObject

信号オブジェクト クラス

コード生成ストレージ クラス

Simulink.Signal オブジェクト

Simulink.Signal から派生したクラスのオブジェクト

   StateStorageClass

コード生成ストレージ クラス

{'Auto'} | 'Model default' | 'ExportedGlobal' | 'ImportedExtern' | 'ImportedExternPointer' | 'Custom'

   CodeGenStateStorageTypeQualifier

コード生成ストレージ型修飾子

{''}

Difference (Difference) (masked subsystem)

   ICPrevInput

前の入力の初期条件

{'0.0'}

   OutMin

出力の最小値

{'[]'}

   OutMax

出力の最大値

{'[]'}

   OutDataTypeStr

出力データ型

{'Inherit: Inherit via internal rule'} | 'Inherit: Inherit via back propagation' | 'double' | 'single' | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'int64' | 'uint64' | 'fixdt(1,16,0)' | 'fixdt(1,16,2^0,0)'

   OutputDataTypeScalingMode

R2007b で廃止

 

   OutDataType

R2007b で廃止

 

   OutScaling

R2007b で廃止

   LockScale

固定小数点ツールによる変更に対して出力データ型の設定をロックする

{'off'} | 'on'

   RndMeth

整数丸めモード

'Ceiling' | 'Convergent' | {'Floor'} | 'Nearest' | 'Round' | 'Simplest' | 'Zero'

   DoSatur

オーバーフローの場合、最大値または最小値に飽和

{'off'} | 'on'

Discrete Derivative (Discrete Derivative) (マスク サブシステム)

   gainval

ゲイン値

{'1.0'}

   ICPrevScaledInput

前の重み付き入力 K*u/Ts の初期条件

{'0.0'}

   OutMin

出力の最小値

{'[]'}

   OutMax

出力の最大値

{'[]'}

   OutDataTypeStr

出力データ型

{'Inherit: Inherit via internal rule'} | 'Inherit: Inherit via back propagation' | 'double' | 'single' | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'int64' | 'uint64' | 'fixdt(1,16,0)' | 'fixdt(1,16,2^0,0)'

   OutputDataTypeScalingMode

R2007b で廃止

 

   OutDataType

R2007b で廃止

 

   OutScaling

R2007b で廃止

   LockScale

固定小数点ツールによる変更に対して出力データ型の設定をロックする

{'off'} | 'on'

   RndMeth

整数丸めモード

'Ceiling' | 'Convergent' | {'Floor'} | 'Nearest' | 'Round' | 'Simplest' | 'Zero'

   DoSatur

オーバーフローの場合、最大値または最小値に飽和

{'off'} | 'on'

Discrete FIR Filter (Discrete FIR Filter)

   CoefSource

係数のソース

{'Dialog parameters'} | 'Input port'

   FilterStructure

フィルター構造

{'Direct form'} | 'Direct form symmetric' | 'Direct form antisymmetric' | 'Direct form transposed' | 'Lattice MA'

メモ

Direct form 以外のフィルター構造を使用するには、DSP System Toolbox™ のライセンスが必要になります。

   Coefficients

係数

ベクトル — {'[0.5 0.5]'}

   InputProcessing

入力処理

'Columns as channels (frame based)' | {'Elements as channels (sample based)'}

   InitialStates

初期状態

スカラーまたはベクトル — {'0'}

   SampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'-1'}

   CoefMin

係数の最小値

{'[]'}

   CoefMax

係数の最大値

{'[]'}

   OutMin

出力の最小値

{'[]'}

   OutMax

出力の最大値

{'[]'}

   TapSumDataTypeStr

タップの加算のデータ型

{'Inherit: Same as input'} | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'fixdt(1,16,0)'

   CoefDataTypeStr

係数のデータ型

{'Inherit: Same word length as input'} | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'fixdt(1,16)' | 'fixdt(1,16,0)'

   ProductDataTypeStr

乗算出力のデータ型

{'Inherit: Inherit via internal rule'} | 'Inherit: Same as input' | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'fixdt(1,16,0)'

   AccumDataTypeStr

アキュムレータのデータ型

{'Inherit: Inherit via internal rule'} | 'Inherit: Same as input' | 'Inherit: Same as product output' | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'fixdt(1,16,0)'

   StateDataTypeStr

状態のデータ型

'Inherit: Same as input' | {'Inherit: Same as accumulator'} | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'fixdt(1,16,0)'

   OutDataTypeStr

出力データ型

'Inherit: Same as input' | {'Inherit: Same as accumulator'} | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'int64' | 'uint64' | 'fixdt(1,16)' | 'fixdt(1,16,0)'

   LockScale

固定小数点ツールによる変更に対してデータ型の設定をロックする

{'off'} | 'on'

   RndMeth

整数丸めモード

'Ceiling' | 'Convergent' | {'Floor'} | 'Nearest' | 'Round' | 'Simplest' | 'Zero'

   SaturateOnIntegerOverflow

整数オーバーフローで飽和

{'off'} | 'on'

Discrete Filter (DiscreteFilter)

   Numerator

分子係数

ベクトル — {'[1]'}

   Denominator

分母係数

ベクトル — {'[1 0.5]'}

   IC

初期状態

{'0'}

   SampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'1'}

   a0EqualsOne

最初の分母係数 (a0) を正規化することで最適化する

{'off'} | 'on'

   NumCoefMin

分子係数の最小値

{'[]'}

   NumCoefMax

分子係数の最大値

{'[]'}

   DenCoefMin

分母係数の最小値

{'[]'}

   DenCoefMax

分母係数の最大値

{'[]'}

   OutMin

出力の最小値

{'[]'}

   OutMax

出力の最大値

{'[]'}

   StateDataTypeStr

状態のデータ型

{'Inherit: Same as input'} | 'int8' | 'int16' | 'int32' | 'fixdt(1,16,0)'

   NumCoefDataTypeStr

分子係数のデータ型

{'Inherit: Inherit via internal rule'} | 'int8' | 'int16' | 'int32' | 'fixdt(1,16)' | 'fixdt(1,16,0)'

   DenCoefDataTypeStr

分母係数のデータ型

{'Inherit: Inherit via internal rule'} | 'int8' | 'int16' | 'int32' | 'fixdt(1,16)' | 'fixdt(1,16,0)'

   NumProductDataTypeStr

分子係数の乗算出力のデータ型

{'Inherit: Inherit via internal rule'} | 'Inherit: Same as input' | 'int8' | 'int16' | 'int32' | 'fixdt(1,16,0)'

   DenProductDataTypeStr

分母係数の乗算出力のデータ型

{'Inherit: Inherit via internal rule'} | 'Inherit: Same as input' | 'int8' | 'int16' | 'int32' | 'fixdt(1,16,0)'

   NumAccumDataTypeStr

分子係数のアキュムレータのデータ型

{'Inherit: Inherit via internal rule'} | 'Inherit: Same as input' | 'Inherit: Same as product output' | 'int8' | 'int16' | 'int32' | 'fixdt(1,16,0)'

   DenAccumDataTypeStr

分母係数のアキュムレータのデータ型

{'Inherit: Inherit via internal rule'} | 'Inherit: Same as input' | 'Inherit: Same as product output' | 'int8' | 'int16' | 'int32' | 'fixdt(1,16,0)'

   OutDataTypeStr

出力データ型

{'Inherit: Inherit via internal rule'} | 'Inherit: Same as input' | 'int8' | 'int16' | 'int32' | 'fixdt(1,16,0)'

   LockScale

固定小数点ツールによる変更に対してデータ型の設定をロックする

{'off'} | 'on'

   RndMeth

整数丸めモード

'Ceiling' | 'Convergent' | {'Floor'} | 'Nearest' | 'Round' | 'Simplest' | 'Zero'

   SaturateOnIntegerOverflow

整数オーバーフローで飽和

{'off'} | 'on'

   StateName

状態名

{''}

   StateMustResolveToSignalObject

状態名を Simulink の信号オブジェクトに関連付ける

{'off'} | 'on'

   StateSignalObject

信号オブジェクト クラス

コード生成ストレージ クラス

Simulink.Signal オブジェクト

Simulink.Signal から派生したクラスのオブジェクト

   StateStorageClass

コード生成ストレージ クラス

{'Auto'} | 'Model default' | 'ExportedGlobal' | 'ImportedExtern' | 'ImportedExternPointer' | 'Custom'

   RTWStateStorageTypeQualifier

コード生成ストレージ型修飾子

{''}

Discrete State-Space (DiscreteStateSpace)

   A

A

行列 — {'1'}

   B

B

行列 — {'1'}

   C

C

行列 — {'1'}

   D

D

行列 — {'1'}

   InitialCondition

初期条件

ベクトル — {'0'}

   SampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'1'}

   StateName

状態名

{''}

   StateMustResolveToSignalObject

状態名を Simulink の信号オブジェクトに関連付ける

{'off'} | 'on'

   StateSignalObject

信号オブジェクト クラス

コード生成ストレージ クラス

Simulink.Signal オブジェクト

Simulink.Signal から派生したクラスのオブジェクト

   StateStorageClass

コード生成ストレージ クラス

{'Auto'} | 'Model default' | 'ExportedGlobal' | 'ImportedExtern' | 'ImportedExternPointer' | 'Custom'

   RTWStateStorageTypeQualifier

コード生成ストレージ型修飾子

{''}

Discrete Transfer Fcn (DiscreteTransferFcn)

   Numerator

分子係数

ベクトル — {'[1]'}

   Denominator

分母係数

ベクトル — {'[1 0.5]'}

   InitialStates

初期状態

{'0'}

   SampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'1'}

   a0EqualsOne

最初の分母係数 (a0) を正規化することで最適化する

{'off'} | 'on'

   NumCoefMin

分子係数の最小値

{'[]'}

   NumCoefMax

分子係数の最大値

{'[]'}

   DenCoefMin

分母係数の最小値

{'[]'}

   DenCoefMax

分母係数の最大値

{'[]'}

   OutMin

出力の最小値

{'[]'}

   OutMax

出力の最大値

{'[]'}

   StateDataTypeStr

状態のデータ型

{'Inherit: Same as input'} | 'int8' | 'int16' | 'int32' | 'fixdt(1,16,0)'

   NumCoefDataTypeStr

分子係数のデータ型

{'Inherit: Inherit via internal rule'} | 'int8' | 'int16' | 'int32' | 'fixdt(1,16,0)'

   DenCoefDataTypeStr

分母係数のデータ型

{'Inherit: Inherit via internal rule'} | 'int8' | 'int16' | 'int32' | 'fixdt(1,16,0)'

   NumProductDataTypeStr

分子係数の乗算出力のデータ型

{'Inherit: Inherit via internal rule'} | 'Inherit: Same as input' | 'int8' | 'int16' | 'int32' | 'fixdt(1,16,0)'

   DenProductDataTypeStr

分母係数の乗算出力のデータ型

{'Inherit: Inherit via internal rule'} | 'Inherit: Same as input' | 'int8' | 'int16' | 'int32' | 'fixdt(1,16,0)'

   NumAccumDataTypeStr

分子係数のアキュムレータのデータ型

{'Inherit: Inherit via internal rule'} | 'Inherit: Same as input' | 'Inherit: Same as product output' | 'int8' | 'int16' | 'int32' | 'fixdt(1,16,0)'

   DenAccumDataTypeStr

分母係数のアキュムレータのデータ型

{'Inherit: Inherit via internal rule'} | 'Inherit: Same as input' | 'Inherit: Same as product output' | 'int8' | 'int16' | 'int32' | 'fixdt(1,16,0)'

   OutDataTypeStr

出力データ型

{'Inherit: Inherit via internal rule'} | 'Inherit: Same as input' | 'int8' | 'int16' | 'int32' | 'fixdt(1,16,0)'

   LockScale

固定小数点ツールによる変更に対してデータ型の設定をロックする

{'off'} | 'on'

   RndMeth

整数丸めモード

'Ceiling' | 'Convergent' | {'Floor'} | 'Nearest' | 'Round' | 'Simplest' | 'Zero'

   SaturateOnIntegerOverflow

整数オーバーフローで飽和

{'off'} | 'on'

   StateName

状態名

{''}

   StateMustResolveToSignalObject

状態名を Simulink の信号オブジェクトに関連付ける

{'off'} | 'on'

   StateSignalObject

信号オブジェクト クラス

コード生成ストレージ クラス

Simulink.Signal オブジェクト

Simulink.Signal から派生したクラスのオブジェクト

   StateStorageClass

コード生成ストレージ クラス

{'Auto'} | 'Model default' | 'ExportedGlobal' | 'ImportedExtern' | 'ImportedExternPointer' | 'Custom'

   RTWStateStorageTypeQualifier

コード生成ストレージ型修飾子

{''}

Discrete Zero-Pole (DiscreteZeroPole)

   Zeros

零点

ベクトル — {'[1]'}

   Poles

ベクトル — {'[0 0.5]'}

   Gain

ゲイン

{'1'}

   SampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'1'}

   StateName

状態名

{''}

   StateMustResolveToSignalObject

状態名を Simulink の信号オブジェクトに関連付ける

{'off'} | 'on'

   StateSignalObject

信号オブジェクト クラス

コード生成ストレージ クラス

Simulink.Signal オブジェクト

Simulink.Signal から派生したクラスのオブジェクト

   StateStorageClass

コード生成ストレージ クラス

{'Auto'} | 'Model default' | 'ExportedGlobal' | 'ImportedExtern' | 'ImportedExternPointer' | 'Custom'

   RTWStateStorageType
   Qualifier

コード生成ストレージ型修飾子

{''}

Discrete-Time Integrator (DiscreteIntegrator)

   IntegratorMethod

積分手法

{'Integration: Forward Euler'} | 'Integration: Backward Euler' | 'Integration: Trapezoidal' | 'Accumulation: Forward Euler' | 'Accumulation: Backward Euler' | 'Accumulation: Trapezoidal'

   gainval

ゲイン値

{'1.0'}

   ExternalReset

外部リセット

{'none'} | 'rising' | 'falling' | 'either' | 'level' | 'sampled level'

   InitialConditionSource

初期条件のソース

{'internal'} | 'external'

   InitialCondition

初期条件

スカラーまたはベクトル — {'0'}

   InitialConditionSetting

初期条件設定

{'State (most efficient)'} | 'Output' | 'Compatibility'

   SampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'1'}

   LimitOutput

出力を制限する

{'off'} | 'on'

   UpperSaturationLimit

飽和の上限

スカラーまたはベクトル — {'inf'}

   LowerSaturationLimit

飽和の下限

スカラーまたはベクトル — {'-inf'}

   ShowSaturationPort

飽和端子の表示

{'off'} | 'on'

   ShowStatePort

状態端子の表示

{'off'} | 'on'

   IgnoreLimit

線形化時に出力制限とリセットの設定を無視

{'off'} | 'on'

   OutMin

出力の最小値

{'[]'}

   OutMax

出力の最大値

{'[]'}

   OutDataTypeStr

出力データ型

{'Inherit: Inherit via internal rule'} | 'Inherit: Inherit via back propagation' | 'double' | 'single' | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'int64' | 'uint64' | 'fixdt(1,16,0)' | 'fixdt(1,16,2^0,0)'

   LockScale

固定小数点ツールによる変更に対して出力データ型の設定をロックする

{'off'} | 'on'

   RndMeth

整数丸めモード

'Ceiling' | 'Convergent' | {'Floor'} | 'Nearest' | 'Round' | 'Simplest' | 'Zero'

   SaturateOnInteger
   Overflow

整数オーバーフローで飽和

{'off'} | 'on'

   StateName

状態名

{''}

   StateMustResolveTo
   SignalObject

状態名を Simulink の信号オブジェクトに関連付ける

{'off'} | 'on'

   StateSignalObject

信号オブジェクト クラス

コード生成ストレージ クラス

Simulink.Signal オブジェクト

Simulink.Signal から派生したクラスのオブジェクト

   StateStorageClass

コード生成ストレージ クラス

{'Auto'} | 'Model default' | 'ExportedGlobal' | 'ImportedExtern' | 'ImportedExternPointer' | 'Custom'

   RTWStateStorageType
   Qualifier

コード生成ストレージ型修飾子

{''}

First-Order Hold (First-Order Hold) (マスク サブシステム)

   Ts

サンプル時間

{'1'}

Memory (Memory)

   InitialCondition

初期条件

スカラーまたはベクトル — {'0'}

   InheritSampleTime

サンプル時間を継承

{'off'} | 'on'

   LinearizeMemory

線形化中に入力を直達する

{'off'} | 'on'

   LinearizeAsDelay

離散サンプル時間で線形化した場合に単位遅延として扱う

{'off'} | 'on'

   StateName

状態名

{''}

   StateMustResolveTo
  SignalObject

状態名を Simulink の信号オブジェクトに関連付ける

{'off'} | 'on'

   StateSignalObject

信号オブジェクト クラス

コード生成ストレージ クラス

Simulink.Signal オブジェクト

Simulink.Signal から派生したクラスのオブジェクト

   StateStorageClass

コード生成ストレージ クラス

{'Auto'} | 'Model default' | 'ExportedGlobal' | 'ImportedExtern' | 'ImportedExternPointer' | 'Custom'

   RTWStateStorageType
  Qualifier

コード生成ストレージ型修飾子

{''}

Tapped Delay (S-Function) (Tapped Delay Line) (マスク サブシステム)

   vinit

初期条件

{'0.0'}

   samptime

サンプル時間

{'-1'}

   NumDelays

遅延数

{'4'}

   DelayOrder

次で始まる出力ベクトルを並べる

{'Oldest'} | 'Newest'

   includeCurrent

出力ベクトル内の現在の入力を含む

{'off'} | 'on'

Transfer Fcn First Order (First Order Transfer Fcn) (マスク サブシステム)

   PoleZ

極 (Z 平面)

{'0.95'}

   ICPrevOutput

前の出力の初期条件

{'0.0'}

   RndMeth

整数丸めモード

'Ceiling' | 'Convergent' | {'Floor'} | 'Nearest' | 'Round' | 'Simplest' | 'Zero'

   DoSatur

オーバーフローの場合、最大値または最小値に飽和

{'off'} | 'on'

Transfer Fcn Lead or Lag (Lead or Lag Compensator) (マスク サブシステム)

   PoleZ

補償器の極 (Z 平面における)

{'0.95'}

   ZeroZ

補償器の零点 (Z 平面における)

{'0.75'}

   ICPrevOutput

前の出力の初期条件

{'0.0'}

   ICPrevInput

前の入力の初期条件

{'0.0'}

   RndMeth

整数丸めモード

'Ceiling' | 'Convergent' | {'Floor'} | 'Nearest' | 'Round' | 'Simplest' | 'Zero'

   DoSatur

オーバーフローの場合、最大値または最小値に飽和

{'off'} | 'on'

Transfer Fcn Real Zero (Transfer Fcn Real Zero) (マスク サブシステム)

   ZeroZ

零点 (Z 平面)

{'0.75'}

   ICPrevInput

前の入力の初期条件

{'0.0'}

   RndMeth

整数丸めモード

'Ceiling' | 'Convergent' | {'Floor'} | 'Nearest' | 'Round' | 'Simplest' | 'Zero'

   DoSatur

オーバーフローの場合、最大値または最小値に飽和

{'off'} | 'on'

Unit Delay (UnitDelay)

   InitialCondition

初期条件

スカラーまたはベクトル — {'0'}

   InputProcessing

入力処理

'Columns as channels (frame based)' | {'Elements as channels (sample based)'} | 'Inherited'

   SampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'-1'}

   StateName

状態名

{''}

   StateMustResolveTo
   SignalObject

状態名を Simulink の信号オブジェクトに関連付ける

{'off'} | 'on'

   StateSignalObject

信号オブジェクト クラス

コード生成ストレージ クラス

Simulink.Signal オブジェクト

Simulink.Signal から派生したクラスのオブジェクト

   StateStorageClass

コード生成ストレージ クラス

{'Auto'} | 'Model default' | 'ExportedGlobal' | 'ImportedExtern' | 'ImportedExternPointer' | 'Custom'

   CodeGenStateStorageType
   Qualifier

コード生成ストレージ型修飾子

{''}

Zero-Order Hold (ZeroOrderHold)

   SampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'1'}

Logic and Bit Operations ライブラリ ブロック パラメーター

ブロック (タイプ)/パラメーター

ダイアログ ボックス プロンプト

Bit Clear (Bit Clear) (マスク サブシステム)

   iBit

ビットのインデックス (0 は最下位)

{'0'}

Bit Set (Bit Set) (masked subsystem)

   iBit

ビットのインデックス (0 は最下位)

{'0'}

Bitwise Operator (S-Function) (Bitwise Operator) (masked subsystem)

   logicop

演算子

{'AND'} | 'OR' | 'NAND' | 'NOR' | 'XOR' | 'NOT'

   UseBitMask

ビット マスクの使用 ...

'off' | {'on'}

   NumInputPorts

入力端子の数

{'1'}

   BitMask

ビット マスク

{'bin2dec('11011001')'}

   BitMaskRealWorld

マスクの取り扱い

'Real World Value' | {'Stored Integer'}

Combinatorial Logic (CombinatorialLogic)

   TruthTable

真理値表

{'[0 0;0 1;0 1;1 0;0 1;1 0;1 0;1 1]'}

   SampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'-1'}

Compare To Constant (Compare To Constant) (マスク サブシステム)

   relop

演算子

'==' | '~=' | '<' | {'<='} | '>=' | '>'

   const

定数値

{'3.0'}

   OutDataTypeStr

出力データ型

{'boolean'} | 'uint8'

   ZeroCross

ゼロクロッシング検出を有効にする

'off' | {'on'}

Compare To Zero (Compare To Zero) (マスク サブシステム)

   relop

演算子

'==' | '~=' | '<' | {'<='} | '>=' | '>'

   OutDataTypeStr

出力データ型

{'boolean'} | 'uint8'

   ZeroCross

ゼロクロッシング検出を有効にする

'off' | {'on'}

Detect Change (Detect Change) (マスク サブシステム)

   vinit

初期条件

{'0'}

   OutDataTypeStr

出力データ型

{'boolean'} | 'uint8'

Detect Decrease (Detect Decrease) (マスク サブシステム)

   vinit

初期条件

{'0.0'}

   OutDataTypeStr

出力データ型

{'boolean'} | 'uint8'

Detect Fall Negative (Detect Fall Negative) (マスク サブシステム)

   vinit

初期条件

{'0'}

   OutDataTypeStr

出力データ型

{'boolean'} | 'uint8'

Detect Fall Nonpositive (Detect Fall Nonpositive) (masked subsystem)

   vinit

初期条件

{'0'}

   OutDataTypeStr

出力データ型

{'boolean'} | 'uint8'

Detect Increase (Detect Increase) (マスク サブシステム)

   vinit

初期条件

{'0.0'}

   OutDataTypeStr

出力データ型

{'boolean'} | 'uint8'

Detect Rise Nonnegative (Detect Rise Nonnegative) (masked subsystem)

   vinit

初期条件

{'0'}

   OutDataTypeStr

出力データ型

{'boolean'} | 'uint8'

Detect Rise Positive (Detect Rise Positive) (マスク サブシステム)

   vinit

初期条件

{'0'}

   OutDataTypeStr

出力データ型

{'boolean'} | 'uint8'

Extract Bits (Extract Bits) (マスク サブシステム)

   bitsToExtract

ビット展開

{'Upper half'} | 'Lower half' | 'Range starting with most significant bit' | 'Range ending with least significant bit' | 'Range of bits'

   numBits

ビット数

{'8'}

   bitIdxRange

ビットのインデックス ([開始 終了], LSB に対して 0 ベース)

{'[0 7]'}

   outScalingMode

出力スケーリング モード

{'Preserve fixed-point scaling'} | 'Treat bit field as an integer'

Interval Test (Interval Test) (マスク サブシステム)

   IntervalClosedRight

右閉区間

'off' | {'on'}

   uplimit

上限

{'0.5'}

   IntervalClosedLeft

左閉区間

'off' | {'on'}

   lowlimit

下限

{'-0.5'}

   OutDataTypeStr

出力データ型

{'boolean'} | 'uint8'

Interval Test Dynamic (Interval Test Dynamic) (マスク サブシステム)

   IntervalClosedRight

右閉区間

'off' | {'on'}

   IntervalClosedLeft

左閉区間

'off' | {'on'}

   OutDataTypeStr

出力データ型

{'boolean'} | 'uint8'

Logical Operator (Logic)

   Operator

演算子

{'AND'} | 'OR' | 'NAND' | 'NOR' | 'XOR' | 'NXOR' | 'NOT'

   Inputs

入力端子の数

{'2'}

   IconShape

アイコン形状

{'rectangular'} | 'distinctive'

   SampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'-1'}

   AllPortsSameDT

すべての入出力が同じデータ型をもつ

{'off'} | 'on'

   OutDataTypeStr

出力データ型

'Inherit: Logical (see Configuration Parameters: Optimization)' | {'boolean'} | 'fixdt(1,16)'

Relational Operator (RelationalOperator)

   Operator

関係演算子

'==' | '~=' | '<' | {'<='} | '>=' | '>' | 'isInf' | 'isNaN' | 'isFinite'

   ZeroCross

ゼロクロッシング検出を有効にする

'off' | {'on'}

   SampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'-1'}

   InputSameDT

すべての入力が同じデータ型をもつ

{'off'} | 'on'

   OutDataTypeStr

出力データ型

'Inherit: Logical (see Configuration Parameters: Optimization)' | {'boolean'} | 'fixdt(1,16)'

Shift Arithmetic (ArithShift)

   BitShiftNumberSource

シフトするビット > ソース

{'Dialog'} | 'Input port'

   BitShiftDirection

シフトするビット > 方向

'Left' | 'Right' | {'Bidirectional'}

   BitShiftNumber

シフトするビット > 数

{'8'}

   BinPtShiftNumber

シフトする 2 進小数点 > 数

{'0'}

   DiagnosticForOORShift

範囲外シフト値の診断

{'None'} | 'Warning' | 'Error'

   CheckOORBitShift

生成コードで範囲外の 'シフトするビット' をチェック

{'off'} | 'on'

   nBitShiftRight

R2011a で廃止

 

   nBinPtShiftRight

R2011a で廃止

 

Lookup Table ライブラリ ブロック パラメーター

ブロック (タイプ)/パラメーター

ダイアログ ボックス プロンプト

Cosine (Cosine) (masked subsystem)

   Formula

出力式

'sin(2*pi*u)' | {'cos(2*pi*u)'} | 'exp(j*2*pi*u)' | 'sin(2*pi*u) and cos(2*pi*u)'

   NumDataPoints

ルックアップ テーブルのデータ点の数

{'(2^5)+1'}

   OutputWordLength

出力語長

{'16'}

   InternalRulePriority

ルックアップ テーブルの内部ルール優先順位

{'Speed'} | 'Precision'

Direct Lookup Table (n-D) (LookupNDDirect)

   NumberOfTableDimensions

テーブルの次元数

'1' | {'2'} | '3' | '4'

   InputsSelectThisObjectFromTable

テーブルからこのオブジェクトの選択を入力

{'Element'} | 'Vector' | '2-D Matrix'

   TableIsInput

入力のテーブルの作成

{'off'} | 'on'

   Table

テーブル データ

{'[4 5 6;16 19 20;10 18 23]'}

   DiagnosticForOutOfRangeInput

範囲外入力の診断

'None' | {'Warning'} | 'Error'

   SampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'-1'}

   TableMin

テーブルの最小値

{'[]'}

   TableMax

テーブルの最大値

{'[]'}

   TableDataTypeStr

テーブル データ型

{'Inherit: Inherit from 'Table data''} | 'double' | 'single' | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'boolean' | 'fixdt(1,16)' | 'fixdt(1,16,0)' | 'fixdt(1,16,2^0,0)'

   LockScale

固定小数点ツールによる変更に対してデータ型の設定をロックする

{'off'} | 'on'

   maskTabDims

R2009b で廃止

 

   explicitNumDims

R2009b で廃止

   outDims

R2009b で廃止

 

   tabIsInput

R2009b で廃止

 

   mxTable

R2009b で廃止

 

   clipFlag

R2009b で廃止

 

   samptime

R2009b で廃止

 

Interpolation Using Prelookup (Interpolation_n-D)

   NumberOfTableDimensions

テーブルの次元数

'1' | {'2'} | '3' | '4'

   Table

テーブル データ > 値

{'sqrt([1:11]' * [1:11])'}

   TableSource

テーブル データ > ソース

{'Dialog'} | 'Input port'

   TableSpecification

指定

{'Explicit values'} | | 'Lookup table object'

このパラメーターを 'Explicit values' から 'Lookup table object' に設定するには、同じ set_param 呼び出しを使用してパラメーター LookupTableObject を設定します。以下に例を示します。

set_param('myModel/myInterpBlock',...
'TableSpecification',...
'Lookup table object',...
'LookupTableObject','myLUTObject')

   LookupTableObject

ルックアップ テーブル オブジェクトの名前

{''}

   InterpMethod

内挿法

'Flat' | {'Linear point-slope'} | 'Nearest' | 'Linear Lagrange'

   ExtrapMethod

外挿法

'Clip' | {'Linear'}

   ValidIndexMayReachLast

インデックスの入力を最後のインデックスに達するようにする

{'off'} | 'on'

   DiagnosticForOutOfRange
   Input

範囲外入力の診断

{'None'} | 'Warning' | 'Error'

   RemoveProtectionIndex

生成コードの範囲外インデックスに対する保護を削除

{'off'} | 'on'

   NumSelectionDims

サブテーブル選択次元数

{'0'}

   SampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'-1'}

   TableDataTypeStr

テーブル データ > データ型

'Inherit: Inherit from 'Table data'' | {'Inherit: Same as output'} | 'double' | 'single' | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'fixdt(1,16)' | 'fixdt(1,16,0)' | 'fixdt(1,16,2^0,0)'

   TableMin

テーブル データ > 最小値

{'[]'}

   TableMax

テーブル データ > 最大値

{'[]'}

   IntermediateResultsDataTypeStr

中間結果 > データ型

{'Inherit: Inherit via internal rule'} | 'Inherit: Same as output' | 'double' | 'single' | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'fixdt(1,16,0)' | 'fixdt(1,16,2^0,0)'

   OutDataTypeStr

出力 > データ型

'Inherit: Inherit via back propagation' | {'Inherit: Inherit from table data'} | 'double' | 'single' | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'fixdt(1,16,0)' | 'fixdt(1,16,2^0,0)'

   OutMin

出力 > 最小値

{'[]'}

   OutMax

出力 > 最大値

{'[]'}

   InternalRulePriority

内部ルール優先順位

{'Speed'} | 'Precision'

   LockScale

固定小数点ツールによる変更に対してデータ型の設定をロックする

{'off'} | 'on'

   RndMeth

整数丸めモード

'Ceiling' | 'Convergent' | {'Floor'} | 'Nearest' | 'Round' | 'Simplest' | 'Zero'

   SaturateOnIntegerOverflow

整数オーバーフローで飽和

{'off'} | 'on'

   CheckIndexInCode

R2011a で廃止

 

n-D Lookup Table、1-D Lookup Table、2-D Lookup Table (Lookup_n-D)

   NumberOfTableDimensions

テーブルの次元数

'1' | '2' | '3' | '4'.既定値は 1-D Lookup Table の場合は ‘1’、2-D Lookup Table の場合は ‘2’、n-D Lookup Table の場合は ‘3’。

   DataSpecification

(n-D Lookup Table) データ仕様

{'Table and breakpoints'} | 'Lookup table object'

このパラメーターを 'Table and breakpoints' から 'Lookup table object' に設定するには、同じ set_param 呼び出しを使用してパラメーター LookupTableObject を設定します。以下に例を示します。

set_param('myModel/myLookupBlock',...
'DataSpecification','Lookup table...
object',...
'LookupTableObject','myLUTObject')

   LookupTableObject

ルックアップ テーブル オブジェクトの名前

{''}

   Table

テーブル データ

{'reshape(repmat([4 5 6;16 19 20;10 18 23],1,2),[3,3,2])'}

   BreakpointsSpecification

ブレークポイントの指定

{'Explicit values'} | 'Even spacing'

   BreakpointsForDimension1FirstPoint

最初の点

{'1'}

   BreakpointsForDimension2FirstPoint

最初の点

{'1'}

   BreakpointsForDimension3FirstPoint

最初の点

{'1'}

   ...

...

...

   BreakpointsForDimension30FirstPoint

最初の点

{'1'}

   BreakpointsForDimension1Spacing

間隔

{'1'}

   BreakpointsForDimension2Spacing

間隔

{'1'}

   BreakpointsForDimension3Spacing

間隔

{'1'}

   ...

...

...

   BreakpointsForDimension30Spacing

間隔

{'1'}

   BreakpointsForDimension1

ブレークポイント 1

{'[10,22,31]'}

   BreakpointsForDimension2

ブレークポイント 2

{'[10,22,31]'}

   BreakpointsForDimension3

ブレークポイント 3

{'[5, 7]'}

   ...

......

   BreakpointsForDimension30

ブレークポイント 30

{'[1:3]'}

   SampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'-1'}

   InterpMethod

内挿法

'Flat' | 'Nearest' | {'Linear point-slope'} | 'Linear Lagrange' | 'Cubic spline'

   ExtrapMethod

外挿法

'Clip' | {'Linear'} | 'Cubic spline'

   UseLastTableValue

最後のブレークポイントまたはそれを超える入力に対してテーブルの最後の値を使用する

{'off'} | 'on'

   DiagnosticForOutOfRange
   Input

範囲外入力の診断

{'None'} | 'Warning' | 'Error'

   RemoveProtectionInput

生成コードの範囲外入力に対する保護を削除

{'off'} | 'on'

   IndexSearchMethod

インデックス検索法

'Evenly spaced points' | 'Linear search' | {'Binary search'}

   BeginIndexSearchUsing
   PreviousIndexResult

前回のインデックス結果を使ってインデックス検索を始める

{'off'} | 'on'

   UseOneInputPortForAll
   InputData

すべての入力データに対して入力端子を使用

{'off'} | 'on'

   SupportTunableTableSize

コード生成で調整可能なテーブル サイズをサポート

{'off'} | 'on'

   MaximumIndicesForEach
   Dimension

次元ごとの最大インデックス

{'[]'}

   TableDataTypeStr

テーブル データ > データ型

'Inherit: Inherit from 'Table data'' | {'Inherit: Same as output'} | 'double' | 'single' | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'fixdt(1,16)' | 'fixdt(1,16,0)' | 'fixdt(1,16,2^0,0)'

   TableMin

テーブル データ > 最小値

{'[]'}

   TableMax

テーブル データ > 最大値

{'[]'}

   BreakpointsForDimension1
   DataTypeStr

ブレークポイント 1 > データ型

{'Inherit: Same as corresponding input'} | 'Inherit: Inherit from 'Breakpoint data'' | 'double' | 'single' | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'fixdt(1,16)' | 'fixdt(1,16,0)' | 'fixdt(1,16,2^0,0)'

   BreakpointsForDimension1
   Min

ブレークポイント 1 > 最小値

{'[]'}

   BreakpointsForDimension1
   Max

ブレークポイント 1 > 最大値

{'[]'}

   BreakpointsForDimension2
   DataTypeStr

ブレークポイント 2 > データ型

{'Inherit: Same as corresponding input'} | 'Inherit: Inherit from 'Breakpoint data'' | 'double' | 'single' | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'fixdt(1,16)' | 'fixdt(1,16,0)' | 'fixdt(1,16,2^0,0)'

   BreakpointsForDimension2
   Min

ブレークポイント 2 > 最小値

{'[]'}

   BreakpointsForDimension2
   Max

ブレークポイント 2 > 最大値

{'[]'}

   ...

......

   BreakpointsForDimension30
   DataTypeStr

ブレークポイント 30 > データ型

{'Inherit: Same as corresponding input'} | 'Inherit: Inherit from 'Breakpoint data'' | 'double' | 'single' | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'fixdt(1,16)' | 'fixdt(1,16,0)' | 'fixdt(1,16,2^0,0)'

   BreakpointsForDimension30
   Min

ブレークポイント 30 > 最小値

{'[]'}

   BreakpointsForDimension30
   Max

ブレークポイント 30 > 最大値

{'[]'}

   FractionDataTypeStr

ブレークポイント間の位置 > データ型

{'Inherit: Inherit via internal rule'} | 'double' | 'single' | 'fixdt(1,16,0)'

   IntermediateResults
   DataTypeStr

中間結果 > データ型

'Inherit: Inherit via internal rule' | {'Inherit: Same as output'} | 'double' | 'single' | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'fixdt(1,16,0)' | 'fixdt(1,16,2^0,0)'

   OutDataTypeStr

出力 > データ型

'Inherit: Inherit via back propagation' | 'Inherit: Inherit from table data' | {'Inherit: Same as first input'} | 'double' | 'single' | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'int64' | 'uint64' | 'fixdt(1,16,0)' | 'fixdt(1,16,2^0,0)'

   OutMin

出力 > 最小値

{'[]'}

   OutMax

出力 > 最大値

{'[]'}

   InternalRulePriority

内部ルール優先順位

{'Speed'} | 'Precision'

   InputSameDT

すべての入力が同じデータ型をもつ

'off' | {'on'}

   LockScale

固定小数点ツールによる変更に対してデータ型の設定をロックする

{'off'} | 'on'

   RndMeth

整数丸めモード

'Ceiling' | 'Convergent' | 'Floor' | 'Nearest' | 'Round' | {'Simplest'} | 'Zero'

   SaturateOnInteger
   Overflow

整数オーバーフローで飽和

{'off'} | 'on'

   ProcessOutOfRangeInput

R2009b で廃止

 

Lookup Table Dynamic (Lookup Table Dynamic) (マスク サブシステム)

   LookUpMeth

ルックアップ手法

'Interpolation-Extrapolation' | {'Interpolation-Use End Values'} | 'Use Input Nearest' | 'Use Input Below' | 'Use Input Above'

   OutDataTypeStr

出力データ型

{'fixdt('double')'} | 'Inherit: Inherit via back propagation' | 'double' | 'single' | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'int64' | 'uint64' | 'boolean' | 'fixdt(1,16,0)' | 'fixdt(1,16,2^0,0)'

   OutputDataTypeScaling
   Mode

R2007b で廃止

 

   OutDataType

R2007b で廃止

 

   OutScaling

R2007b で廃止

 

   LockScale

固定小数点ツールによる変更に対して出力データ型の設定をロックする

{'off'} | 'on'

   RndMeth

整数丸めモード

'Ceiling' | 'Convergent' | {'Floor'} | 'Nearest' | 'Round'| 'Simplest' | 'Zero'

   DoSatur

オーバーフローの場合、最大値または最小値に飽和

{'off'} | 'on'

Prelookup (PreLookup)

   BreakpointsSpecification

指定

{'Explicit values'} | 'Even spacing' | 'Breakpoint object'

このパラメーターを 'Explicit values' または 'Even spacing' から 'Breakpoint object' に設定するには、同じ set_param 呼び出しを使用してパラメーター BreakpointObject を設定します。以下に例を示します。

set_param('myModel/myPrelookupBlock',...
'BreakpointsSpecification',...
'Breakpoint object',...
'BreakpointObject','myBPObject')

   BreakpointObject

ブレークポイント オブジェクトの名前

{''}

   BreakpointsFirstPoint

最初の点

{'10'}

   BreakpointsSpacing

間隔

{'10'}

   BreakpointsNumPoints

点数

{'11'}

   BreakpointsData

{'[10:10:110]'}

   BreakpointsDataSource

ソース

{'Dialog'} | 'Input port'

   IndexSearchMethod

インデックス検索法

'Evenly spaced points' | 'Linear search' | {'Binary search'}

   BeginIndexSearchUsing
   PreviousIndexResult

前回のインデックス結果を使ってインデックス検索を始める

{'off'} | 'on'

   OutputOnlyTheIndex

インデックスのみ出力

{'off'} | 'on'

   ExtrapMethod

外挿法

'Clip' | {'Linear'}

   UseLastBreakpoint

上限またはそれを超える入力に対して最後のブレークポイントを使用する

{'off'} | 'on'

   DiagnosticForOutOfRange
   Input

範囲外入力の診断

{'None'} | 'Warning' | 'Error'

   RemoveProtectionInput

生成コードの範囲外入力に対する保護を削除

{'off'} | 'on'

   SampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'-1'}

   BreakpointDataTypeStr

ブレークポイント > データ型

{'Inherit: Same as input'} | 'Inherit: Inherit from 'Breakpoint data'' | 'double' | 'single' | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'fixdt(1,16)' | 'fixdt(1,16,0)' | 'fixdt(1,16,2^0,0)'

   BreakpointMin

ブレークポイント > 最小値

{'[]'}

   BreakpointMax

ブレークポイント > 最大値

{'[]'}

   IndexDataTypeStr

インデックス > データ型

'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | {'uint32'} | 'fixdt(1,16)'

   FractionDataTypeStr

ブレークポイント間の位置 > データ型

{'Inherit: Inherit via internal rule'} | 'double' | 'single' | 'fixdt(1,16,0)'

   LockScale

固定小数点ツールによる変更に対して出力データ型の設定をロックする

{'off'} | 'on'

   RndMeth

整数丸めモード

'Ceiling' | 'Convergent' | {'Floor'} | 'Nearest' | 'Round' | 'Simplest' | 'Zero'

   ProcessOutOfRangeInput

R2011a で廃止

 

Sine (Sine) (masked subsystem)

   Formula

出力式

{'sin(2*pi*u)'} | 'cos(2*pi*u)' | 'exp(j*2*pi*u)' | 'sin(2*pi*u) and cos(2*pi*u)'

   NumDataPoints

ルックアップ テーブルのデータ点の数

{'(2^5)+1'}

   OutputWordLength

出力語長

{'16'}

   InternalRulePriority

ルックアップ テーブルの内部ルール優先順位

{'Speed'} | 'Precision'

Math Operations ライブラリ ブロック パラメーター

ブロック (タイプ)/パラメーターダイアログ ボックス プロンプト

Abs (Abs)

   ZeroCross

ゼロクロッシング検出を有効にする

'off' | {'on'}

   SampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'-1'}

   OutMin

出力の最小値

{'[]'}

   OutMax

出力の最大値

{'[]'}

   OutDataTypeStr

出力データ型

'Inherit: Inherit via internal rule' | 'Inherit: Inherit via back propagation' | {'Inherit: Same as input'} | 'double' | 'single' | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'int64' | 'uint64' | 'fixdt(1,16,0)' | 'fixdt(1,16,2^0,0)'

   LockScale

固定小数点ツールによる変更に対して出力データ型の設定をロックする

{'off'} | 'on'

   RndMeth

整数丸めモード

'Ceiling' | 'Convergent' | {'Floor'} | 'Nearest' | 'Round' | 'Simplest' | 'Zero'

   SaturateOnInteger
   Overflow

整数オーバーフローで飽和

{'off'} | 'on'

Add (Sum)

   IconShape

アイコン形状

{'rectangular'} | 'round'

   Inputs

符号リスト

{'++'}

   CollapseMode

加算範囲

{'All dimensions'} | 'Specified dimension'

   CollapseDim

次元

{'1'}

   SampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'-1'}

   InputSameDT

すべての入力が同じデータ型をもつ

{'off'} | 'on'

   AccumDataTypeStr

アキュムレータのデータ型

{'Inherit: Inherit via internal rule'} | 'Inherit: Same as first input' | 'double' | 'single' | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'fixdt(1,16,0)' | 'fixdt(1,16,2^0,0)'

   OutMin

出力の最小値

{'[]'}

   OutMax

出力の最大値

{'[]'}

   OutDataTypeStr

出力データ型

{'Inherit: Inherit via internal rule'} | 'Inherit: Inherit via back propagation' | 'Inherit: Same as first input' | 'Inherit: Same as accumulator' | 'double' | 'single' | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'int64' | 'uint64' | 'fixdt(1,16,0)' | 'fixdt(1,16,2^0,0)'

   LockScale

固定小数点ツールによる変更に対してデータ型の設定をロックする

{'off'} | 'on'

   RndMeth

整数丸めモード

'Ceiling' | 'Convergent' | {'Floor'} | 'Nearest' | 'Round' | 'Simplest' | 'Zero'

   SaturateOnInteger
  Overflow

整数オーバーフローで飽和

{'off'} | 'on'

代数制約 (Algebraic Constraint)

  Constraint

入力信号の制約

{'f(z) = 0'} | 'f(z) = z'

  Solver

代数ループ ソルバー

{'auto'} | 'Trust Region' | 'Line Search'

  Tolerance

ソルバー許容誤差

{'auto'}

   InitialGuess

初期推定

{'0'}

Assignment (Assignment)

   NumberOfDimensions

出力の次元数

{'1'}

   IndexMode

インデックス モード

'Zero-based' | {'One-based'}

   OutputInitialize

出力 (Y) の初期化

{'Initialize using input port <Y0>'} | 'Specify size for each dimension in table'

   IndexOptionArray

インデックス オプション

'Assign all' | {'Index vector (dialog)'} | 'Index vector (port)' | 'Starting index (dialog)' | 'Starting index (port)'

   IndexParamArray

インデックス

cell 配列

   OutputSizeArray

出力サイズ

cell 配列

   DiagnosticForDimensions

任意の出力要素が割り当てられない場合のアクション

'Error' | 'Warning' | {'None'}

   SampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'-1'}

   IndexOptions

詳細については、IndexOptionArray パラメーターを参照してください。

 

   Indices

詳細については、IndexParamArray パラメーターを参照してください。

 

   OutputSizes

詳細については、OutputSizeArray パラメーターを参照してください。

 

Bias (Bias)

   Bias

バイアス

{'0.0'}

   SaturateOnInteger
   Overflow

整数オーバーフローで飽和

{'off'} | 'on'

Complex to Magnitude-Angle (ComplexToMagnitudeAngle)

   Output

出力

'Magnitude' | 'Angle' | {'Magnitude and angle'}

   SampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'-1'}

Complex to Real-Imag (ComplexToRealImag)

   Output

出力

'Real' | 'Imag' | {'Real and imag'}

   SampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'-1'}

Divide (Product)

   Inputs

入力数

{'*/'}

   Multiplication

乗算

{'Element-wise(.*)'} | 'Matrix(*)'

   SampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'-1'}

   InputSameDT

すべての入力が同じデータ型をもつ

{'off'} | 'on'

   OutMin

出力の最小値

{'[]'}

   OutMax

出力の最大値

{'[]'}

   OutDataTypeStr

出力データ型

{'Inherit: Inherit via internal rule'} | 'Inherit: Inherit via back propagation' | 'Inherit: Same as first input' | 'double' | 'single' | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'int64' | 'uint64' | 'fixdt(1,16,0)' | 'fixdt(1,16,2^0,0)'

   LockScale

固定小数点ツールによる変更に対して出力データ型の設定をロックする

{'off'} | 'on'

   RndMeth

整数丸めモード

'Ceiling' | 'Convergent' | {'Floor'} | 'Nearest' | 'Round' | 'Simplest' | 'Zero'

   SaturateOnInteger
   Overflow

整数オーバーフローで飽和

{'off'} | 'on'

Dot Product (DotProduct)

   SampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'-1'}

   InputSameDT

すべての入力が同じデータ型をもつ

'off' | {'on'}

   OutMin

出力の最小値

{'[]'}

   OutMax

出力の最大値

{'[]'}

   OutDataTypeStr

出力データ型

{'Inherit: Inherit via internal rule'} | 'Inherit: Inherit via back propagation' | 'Inherit: Same as first input' | 'double' | 'single' | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'int64' | 'uint64' | 'fixdt(1,16,0)' | 'fixdt(1,16,2^0,0)'

   OutputDataTypeScaling
  Mode

R2007b で廃止

 

   OutDataType

R2007b で廃止

 

   OutScaling

R2007b で廃止

 

   LockScale

固定小数点ツールによる変更に対して出力データ型の設定をロックする

{'off'} | 'on'

   RndMeth

整数丸めモード

'Ceiling' | 'Convergent' | {'Floor'} | 'Nearest' | 'Round' | 'Simplest' | 'Zero'

   SaturateOnInteger
   Overflow

整数オーバーフローで飽和

{'off'} | 'on'

Find (Find)

   IndexOutputFormat

インデックス出力形式

{'Linear indices'} | 'Subscripts'

    NumberOfInputDimensions

入力の次元数

整数 — {'1'}

   IndexMode

インデックス モード

{'Zero-based'} | 'One-based'

   ShowOutputForNonzero
InputValues

非ゼロの入力値の出力端子を表示

{'off'} | 'on'

   SampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'-1'}

   OutDataTypeStr

出力データ型

{'Inherit: Inherit via internal rule'} | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'int64' | 'uint64' | 'fixdt(1,16)'

Gain (Gain)

   Gain

ゲイン

{'1'}

   Multiplication

乗算

{'Element-wise(K.*u)'} | 'Matrix(K*u)' | 'Matrix(u*K)' | 'Matrix(K*u) (u vector)'

   SampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'-1'}

   OutMin

出力の最小値

{'[]'}

   OutMax

出力の最大値

{'[]'}

   OutDataTypeStr

出力データ型

{'Inherit: Inherit via internal rule'} | 'Inherit: Inherit via back propagation' | 'Inherit: Same as input' | 'double' | 'single' | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'int64' | 'uint64' | 'fixdt(1,16,0)' | 'fixdt(1,16,2^0,0)'

   LockScale

固定小数点ツールによる変更に対して出力データ型の設定をロックする

{'off'} | 'on'

   RndMeth

整数丸めモード

'Ceiling' | 'Convergent' | {'Floor'} | 'Nearest' | 'Round' | 'Simplest' | 'Zero'

   SaturateOnInteger
   Overflow

整数オーバーフローで飽和

{'off'} | 'on'

   ParamMin

パラメーターの最小値

{'[]'}

   ParamMax

パラメーターの最大値

{'[]'}

   ParamDataTypeStr

パラメーター データ型

{'Inherit: Inherit via internal rule'} | 'Inherit: Same as input' | 'Inherit: Inherit from 'Gain'' | 'double' | 'single' | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'fixdt(1,16)' | 'fixdt(1,16,0)' | 'fixdt(1,16,2^0,0)'

Magnitude-Angle to Complex (MagnitudeAngleToComplex)

   Input

入力

'Magnitude' | 'Angle' | {'Magnitude and angle'}

   ConstantPart

大きさまたは角度

{'0'}

   ApproximationMethod

近似法

{'None'} | 'CORDIC'

   NumberOfIterations

反復回数

{'11'}

ScaleReciprocalGainFactor

ゲイン ファクターの逆数による出力のスケール

'off' | {'on'}

   SampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'-1'}

Math Function (Math)

   Operator

関数

{'exp'} | 'log' | '10^u' | 'log10' | 'magnitude^2' | 'square' | 'pow' | 'conj' | 'reciprocal' | 'hypot' | 'rem' | 'mod' | 'transpose' | 'hermitian'

   OutputSignalType

出力信号タイプ

{'auto'} | 'real' | 'complex'

   SampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'-1'}

   OutMin

出力の最小値

{'[]'}

   OutMax

出力の最大値

{'[]'}

   OutDataTypeStr

出力データ型

'Inherit: Inherit via internal rule' | 'Inherit: Inherit via back propagation' | {'Inherit: Same as first input'} | 'double' | 'single' | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'int64' | 'uint64' | 'fixdt(1,16,0)' | 'fixdt(1,16,2^0,0)'

   LockScale

固定小数点ツールによる変更に対して出力データ型の設定をロックする

{'off'} | 'on'

   RndMeth

整数丸めモード

'Ceiling' | 'Convergent' | {'Floor'} | 'Nearest' | 'Round' | 'Simplest' | 'Zero'

   SaturateOnInteger
   Overflow

整数オーバーフローで飽和

'off' | {'on'}

Matrix Concatenate (Concatenate)

   NumInputs

入力数

{'2'}

   Mode

モード

'Vector' | {'Multidimensional array'}

   ConcatenateDimension

連結の次元

{'2'}

MinMax (MinMax)

   Function

関数

{'min'} | 'max'

   Inputs

入力端子の数

{'1'}

   ZeroCross

ゼロクロッシング検出を有効にする

'off' | {'on'}

   SampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'-1'}

   InputSameDT

すべての入力が同じデータ型をもつ

{'off'} | 'on'

   OutMin

出力の最小値

{'[]'}

   OutMax

出力の最大値

{'[]'}

   OutDataTypeStr

出力データ型

{'Inherit: Inherit via internal rule'} | 'Inherit: Inherit via back propagation' | 'double' | 'single' | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'int64' | 'uint64' | 'fixdt(1,16,0)' | 'fixdt(1,16,2^0,0)'

   LockScale

固定小数点ツールによる変更に対して出力データ型の設定をロックする

{'off'} | 'on'

   RndMeth

整数丸めモード

'Ceiling' | 'Convergent' | {'Floor'} | 'Nearest' | 'Round' | 'Simplest' | 'Zero'

   SaturateOnInteger
  Overflow

整数オーバーフローで飽和

{'off'} | 'on'

MinMax Running Resettable (MinMax Running Resettable) (masked subsystem)

   Function

関数

{'min'} | 'max'

   vinit

初期条件

{'0.0'}

Permute Dimensions (PermuteDimensions)

   Order

次数

{'[2,1]'}

Polynomial (Polyval)

   coefs

多項式係数

{'[ +2.081618890e-019, -1.441693666e-014, +4.719686976e-010, -8.536869453e-006, +1.621573104e-001, -8.087801117e+001 ]'}

Product (Product)

   Inputs

入力数

{'2'}

   Multiplication

乗算

{'Element-wise(.*)'} | 'Matrix(*)'

   CollapseMode

乗算範囲

{'All dimensions'} | 'Specified dimension'

   CollapseDim

次元

{'1'}

   SampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'-1'}

   InputSameDT

すべての入力が同じデータ型をもつ

{'off'} | 'on'

   OutMin

出力の最小値

{'[]'}

   OutMax

出力の最大値

{'[]'}

   OutDataTypeStr

出力データ型

{'Inherit: Inherit via internal rule'} | 'Inherit: Inherit via back propagation' | 'Inherit: Same as first input' | 'double' | 'single' | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'int64' | 'uint64' | 'fixdt(1,16,0)' | 'fixdt(1,16,2^0,0)'

   LockScale

固定小数点ツールによる変更に対して出力データ型の設定をロックする

{'off'} | 'on'

   RndMeth

整数丸めモード

'Ceiling' | 'Convergent' | 'Floor' | 'Nearest' | 'Round' | 'Simplest' | {'Zero'}

   SaturateOnInteger
   Overflow

整数オーバーフローで飽和

{'off'} | 'on'

Product of Elements (Product)

   Inputs

入力数

{'*'}

   Multiplication

乗算

{'Element-wise(.*)'} | 'Matrix(*)'

   CollapseMode

乗算範囲

{'All dimensions'} | 'Specified dimension'

   CollapseDim

次元

{'1'}

   SampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'-1'}

   InputSameDT

すべての入力が同じデータ型をもつ

{'off'} | 'on'

   OutMin

出力の最小値

{'[]'}

   OutMax

出力の最大値

{'[]'}

   OutDataTypeStr

出力データ型

{'Inherit: Inherit via internal rule'} | 'Inherit: Inherit via back propagation' | 'Inherit: Same as first input' | 'double' | 'single' | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'int64' | 'uint64' | 'fixdt(1,16,0)' | 'fixdt(1,16,2^0,0)'

   LockScale

固定小数点ツールによる変更に対して出力データ型の設定をロックする

{'off'} | 'on'

   RndMeth

整数丸めモード

'Ceiling' | 'Convergent' | {'Floor'} | 'Nearest' | 'Round' | 'Simplest' | 'Zero'

   SaturateOnInteger
   Overflow

整数オーバーフローで飽和

{'off'} | 'on'

Real-Imag to Complex (RealImagToComplex)

   Input

入力

'Real' | 'Imag' | {'Real and imag'}

   ConstantPart

実数部または虚数部

{'0'}

   SampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'-1'}

Reciprocal Sqrt (Sqrt)

   Operator

関数

'sqrt' | 'signedSqrt' | {'rSqrt'}

   OutputSignalType

出力信号タイプ

{'auto'} | 'real' | 'complex'

   SampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'-1'}

   OutMin

出力の最小値

{'[]'}

   OutMax

出力の最大値

{'[]'}

   OutDataTypeStr

出力データ型

'Inherit: Inherit via internal rule' | 'Inherit: Inherit via back propagation' | {'Inherit: Same as first input'} | 'double' | 'single' | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'int64' | 'uint64' | 'fixdt(1,16,0)' | 'fixdt(1,16,2^0,0)'

   LockScale

固定小数点ツールによる変更に対して出力データ型の設定をロックする

{'off'} | 'on'

   RndMeth

整数丸めモード

'Ceiling' | 'Convergent' | {'Floor'} | 'Nearest' | 'Round' | 'Simplest' | 'Zero'

   SaturateOnInteger
   Overflow

整数オーバーフローで飽和

'off' | {'on'}

   IntermediateResults
   DataTypeStr

中間結果のデータ型

{'Inherit: Inherit via internal rule'} | 'Inherit: Inherit from input' | 'Inherit: Inherit from output' | 'double' | 'single' | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'fixdt(1,16,0)' | 'fixdt(1,16,2^0,0)'

   AlgorithmType

メソッド

'Exact' | {'Newton-Raphson'}

   Iterations

反復回数

{'3'}

Reshape (Reshape)

   OutputDimensionality

出力次元

{'1-D array'} | 'Column vector (2-D)' | 'Row vector (2-D)' | 'Customize' | 'Derive from reference input port'

   OutputDimensions

出力の次元

{'[1,1]'}

Rounding Function (Rounding)

   Operator

関数

{'floor'} | 'ceil' | 'round' | 'fix'

   SampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'-1'}

Sign (Signum)

   ZeroCross

ゼロクロッシング検出を有効にする

'off' | {'on'}

   SampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'-1'}

Signed Sqrt (Sqrt)

   Operator

関数

'sqrt' | {'signedSqrt'} | 'rSqrt'

   OutputSignalType

出力信号タイプ

{'auto'} | 'real' | 'complex'

   SampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'-1'}

   OutMin

出力の最小値

{'[]'}

   OutMax

出力の最大値

{'[]'}

   OutDataTypeStr

出力データ型

'Inherit: Inherit via internal rule' | 'Inherit: Inherit via back propagation' | {'Inherit: Same as first input'} | 'double' | 'single' | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'int64' | 'uint64' | 'fixdt(1,16,0)' | 'fixdt(1,16,2^0,0)'

   LockScale

固定小数点ツールによる変更に対して出力データ型の設定をロックする

{'off'} | 'on'

   RndMeth

整数丸めモード

'Ceiling' | 'Convergent' | {'Floor'} | 'Nearest' | 'Round' | 'Simplest' | 'Zero'

   SaturateOnInteger
   Overflow

整数オーバーフローで飽和

'off' | {'on'}

   IntermediateResults
   DataTypeStr

中間結果のデータ型

{'Inherit: Inherit via internal rule'} | 'Inherit: Inherit from input' | 'Inherit: Inherit from output' | 'double' | 'single' | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'fixdt(1,16,0)' | 'fixdt(1,16,2^0,0)'

   AlgorithmType

メソッド

{'Exact'} | 'Newton-Raphson'

   Iterations

反復回数

{'3'}

Sine Wave Function (Sin)

   SineType

正弦波タイプ

{'Time based'} | 'Sample based'

   TimeSource

時間

'Use simulation time' | {'Use external signal'}

   Amplitude

振幅

{'1'}

   Bias

バイアス

{'0'}

   Frequency

周波数

{'1'}

   Phase

位相

{'0'}

   Samples

1 周期のサンプル数

{'10'}

   Offset

オフセット サンプル数

{'0'}

   SampleTime

サンプル時間

{'0'}

   VectorParams1D

ベクトル パラメーターを 1 次元として解釈

'off' | {'on'}

Slider Gain (Slider Gain) (マスク サブシステム)

   low

{'0'}

   gain

ゲイン

{'1'}

   high

{'2'}

Sqrt (Sqrt)

   Operator

関数

{'sqrt'} | 'signedSqrt' | 'rSqrt'

   OutputSignalType

出力信号タイプ

{'auto'} | 'real' | 'complex'

   SampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'-1'}

   OutMin

出力の最小値

{'[]'}

   OutMax

出力の最大値

{'[]'}

   OutDataTypeStr

出力データ型

'Inherit: Inherit via internal rule' | 'Inherit: Inherit via back propagation' | {'Inherit: Same as first input'} | 'double' | 'single' | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'int64' | 'uint64' | 'fixdt(1,16,0)' | 'fixdt(1,16,2^0,0)'

   LockScale

固定小数点ツールによる変更に対して出力データ型の設定をロックする

{'off'} | 'on'

   RndMeth

整数丸めモード

'Ceiling' | 'Convergent' | {'Floor'} | 'Nearest' | 'Round' | 'Simplest' | 'Zero'

   SaturateOnInteger
   Overflow

整数オーバーフローで飽和

'off' | {'on'}

   IntermediateResults
   DataTypeStr

中間結果のデータ型

{'Inherit: Inherit via internal rule'} | 'Inherit: Inherit from input' | 'Inherit: Inherit from output' | 'double' | 'single' | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'fixdt(1,16,0)' | 'fixdt(1,16,2^0,0)'

   AlgorithmType

メソッド

{'Exact'} | 'Newton-Raphson'

   Iterations

反復回数

{'3'}

Squeeze (Squeeze) (masked subsystem)

   なし

なし

なし

Subtract (Sum)

   IconShape

アイコン形状

{'rectangular'} | 'round'

   Inputs

符号リスト

{'+-'}

   CollapseMode

加算範囲

{'All dimensions'} | 'Specified dimension'

   CollapseDim

次元

{'1'}

   SampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'-1'}

   InputSameDT

すべての入力が同じデータ型をもつ

{'off'} | 'on'

   AccumDataTypeStr

アキュムレータのデータ型

{'Inherit: Inherit via internal rule'} | 'Inherit: Same as first input' | 'double' | 'single' | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'int64' | 'uint64' | 'fixdt(1,16,0)' | 'fixdt(1,16,2^0,0)'

   OutMin

出力の最小値

{'[]'}

   OutMax

出力の最大値

{'[]'}

   OutDataTypeStr

出力データ型

{'Inherit: Inherit via internal rule'} | 'Inherit: Inherit via back propagation' | 'Inherit: Same as first input' | 'Inherit: Same as accumulator' | 'double' | 'single' | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'int64' | 'uint64' | 'fixdt(1,16,0)' | 'fixdt(1,16,2^0,0)'

   LockScale

固定小数点ツールによる変更に対してデータ型の設定をロックする

{'off'} | 'on'

   RndMeth

整数丸めモード

'Ceiling' | 'Convergent' | {'Floor'} | 'Nearest' | 'Round' | 'Simplest' | 'Zero'

   SaturateOnInteger
  Overflow

整数オーバーフローで飽和

{'off'} | 'on'

Sum (Sum)

   IconShape

アイコン形状

'rectangular' | {'round'}

   Inputs

符号リスト

{'|++'}

   CollapseMode

加算範囲

{'All dimensions'} | 'Specified dimension'

   CollapseDim

次元

{'1'}

   SampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'-1'}

   InputSameDT

すべての入力が同じデータ型をもつ

{'off'} | 'on'

   AccumDataTypeStr

アキュムレータのデータ型

{'Inherit: Inherit via internal rule'} | 'Inherit: Same as first input' | 'double' | 'single' | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'fixdt(1,16,0)' | 'fixdt(1,16,2^0,0)'

   OutMin

出力の最小値

{'[]'}

   OutMax

出力の最大値

{'[]'}

   OutDataTypeStr

出力データ型

{'Inherit: Inherit via internal rule'} | 'Inherit: Inherit via back propagation' | 'Inherit: Same as first input' | 'Inherit: Same as accumulator' | 'double' | 'single' | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'int64' | 'uint64' | 'fixdt(1,16,0)' | 'fixdt(1,16,2^0,0)'

   LockScale

固定小数点ツールによる変更に対してデータ型の設定をロックする

{'off'} | 'on'

   RndMeth

整数丸めモード

'Ceiling' | 'Convergent' | {'Floor'} | 'Nearest' | 'Round' | 'Simplest' | 'Zero'

   SaturateOnInteger
  Overflow

整数オーバーフローで飽和

{'off'} | 'on'

Sum of Elements (Sum)

   IconShape

アイコン形状

{'rectangular'} | 'round'

   Inputs

符号リスト

{'+'}

   CollapseMode

加算範囲

{'All dimensions'} | 'Specified dimension'

   CollapseDim

次元

{'1'}

   SampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'-1'}

   InputSameDT

すべての入力が同じデータ型をもつ

{'off'} | 'on'

   AccumDataTypeStr

アキュムレータのデータ型

{'Inherit: Inherit via internal rule'} | 'Inherit: Same as first input' | 'double' | 'single' | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'fixdt(1,16,0)' | 'fixdt(1,16,2^0,0)'

   OutMin

出力の最小値

{'[]'}

   OutMax

出力の最大値

{'[]'}

   OutDataTypeStr

出力データ型

{'Inherit: Inherit via internal rule'} | 'Inherit: Inherit via back propagation' | 'Inherit: Same as first input' | 'Inherit: Same as accumulator' | 'double' | 'single' | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'int64' | 'uint64' | 'fixdt(1,16,0)' | 'fixdt(1,16,2^0,0)'

   LockScale

固定小数点ツールによる変更に対してデータ型の設定をロックする

{'off'} | 'on'

   RndMeth

整数丸めモード

'Ceiling' | 'Convergent' | {'Floor'} | 'Nearest' | 'Round' | 'Simplest' | 'Zero'

   SaturateOnInteger
  Overflow

整数オーバーフローで飽和

{'off'} | 'on'

Trigonometric Function (Trigonometry)

   Operator

関数

{'sin'} | 'cos' | 'tan' | 'asin' | 'acos' | 'atan' | 'atan2' | 'sinh' | 'cosh' | 'tanh' | 'asinh' | 'acosh' | 'atanh' | 'sincos' | 'cos + jsin'

   ApproximationMethod

近似法

{'None'} | 'CORDIC'

   NumberOfIterations

反復回数

{'11'}

   OutputSignalType

出力信号タイプ

{'auto'} | 'real' | 'complex'

   SampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'-1'}

Unary Minus (UnaryMinus)

   SampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'-1'}

   SaturateOnInteger
  Overflow

整数オーバーフローで飽和

{'off'} | 'on'

Vector Concatenate (Concatenate)

   NumInputs

入力数

{'2'}

   Mode

モード

{'Vector'} | 'Multidimensional array'

Weighted Sample Time Math (SampleTimeMath)

   TsampMathOp

演算

{'+'} | '-' | '*' | '/' | 'Ts Only' | '1/Ts Only'

   weightValue

重みの値

{'1.0'}

   TsampMathImp

実装に使用

{'Online Calculations'} | 'Offline Scaling Adjustment'

   OutDataTypeStr

出力データ型

{'Inherit via internal rule'} | 'Inherit via back propagation'

   RndMeth

整数丸めモード

'Ceiling' | 'Convergent' | {'Floor'} | 'Nearest' | 'Round' | 'Simplest' | 'Zero'

   SaturateOnInteger
  Overflow

整数オーバーフローで飽和

{'off'} | 'on'

   OutputDataTypeScaling
   Mode

R2009b で廃止

 

   DoSatur

R2009b で廃止

 

Model Verification ライブラリ ブロック パラメーター

ブロック (タイプ)/パラメーターダイアログ ボックス プロンプト

Assertion (Assertion)

   Enabled

アサーションを有効にする

'off' | {'on'}

   AssertionFailFcn

アサーションの失敗時のシミュレーション コールバック

{''}

   StopWhenAssertionFail

アサーションが失敗したときにシミュレーションを中止

'off' | {'on'}

   SampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'-1'}

Check Dynamic Gap (Checks_DGap) (masked subsystem)

   enabled

アサーションを有効にする

'off' | {'on'}

   callback

アサーションの失敗時のシミュレーション コールバック (オプション)

{''}

   stopWhenAssertionFail

アサーションが失敗したときにシミュレーションを中止

'off' | {'on'}

   export

アサーション信号の出力

{'off'} | 'on'

   icon

アイコン タイプの選択

{'graphic'} | 'text'

Check Dynamic Range (Checks_DRange) (masked subsystem)

   enabled

アサーションを有効にする

'off' | {'on'}

   callback

アサーションの失敗時のシミュレーション コールバック (オプション)

{''}

   stopWhenAssertionFail

アサーションが失敗したときにシミュレーションを中止

'off' | {'on'}

   export

アサーション信号の出力

{'off'} | 'on'

   icon

アイコン タイプの選択

{'graphic'} | 'text'

Check Static Gap (Checks_SGap) (masked subsystem)

   max

上限

{'100'}

   max_included

上限を含む

'off' | {'on'}

   min

下限

{'0'}

   min_included

下限を含む

'off' | {'on'}

   enabled

アサーションを有効にする

'off' | {'on'}

   callback

アサーションの失敗時のシミュレーション コールバック (オプション)

{''}

   stopWhenAssertionFail

アサーションが失敗したときにシミュレーションを中止

'off' | {'on'}

   export

アサーション信号の出力

{'off'} | 'on'

   icon

アイコン タイプの選択

{'graphic'} | 'text'

Check Static Range (Checks_SRange) (masked subsystem)

   max

上限

{'100'}

   max_included

上限を含む

'off' | {'on'}

   min

下限

{'0'}

   min_included

下限を含む

'off' | {'on'}

   enabled

アサーションを有効にする

'off' | {'on'}

   callback

アサーションの失敗時のシミュレーション コールバック (オプション)

{''}

   stopWhenAssertionFail

アサーションが失敗したときにシミュレーションを中止

'off' | {'on'}

   export

アサーション信号の出力

{'off'} | 'on'

   icon

アイコン タイプの選択

{'graphic'} | 'text'

Check Discrete Gradient (Checks_Gradient) (masked subsystem)

   gradient

最大の勾配

{'1'}

   enabled

アサーションを有効にする

'off' | {'on'}

   callback

アサーションの失敗時のシミュレーション コールバック (オプション)

{''}

   stopWhenAssertionFail

アサーションが失敗したときにシミュレーションを中止

'off' | {'on'}

   export

アサーション信号の出力

{'off'} | 'on'

   icon

アイコン タイプの選択

{'graphic'} | 'text'

Check Dynamic Lower Bound (Checks_DMin) (masked subsystem)

   Enabled

アサーションを有効にする

'off' | {'on'}

   callback

アサーションの失敗時のシミュレーション コールバック (オプション)

{''}

   stopWhenAssertionFail

アサーションが失敗したときにシミュレーションを中止

'off' | {'on'}

   export

アサーション信号の出力

{'off'} | 'on'

   icon

アイコン タイプの選択

{'graphic'} | 'text'

Check Dynamic Upper Bound (Checks_DMax) (masked subsystem)

   enabled

アサーションを有効にする

'off' | {'on'}

   callback

アサーションの失敗時のシミュレーション コールバック (オプション)

{''}

   stopWhenAssertionFail

アサーションが失敗したときにシミュレーションを中止

'off' | {'on'}

   export

アサーション信号の出力

{'off'} | 'on'

   icon

アイコン タイプの選択

{'graphic'} | 'text'

Check Input Resolution (Checks_Resolution) (masked subsystem)

   resolution

分解能

{'1'}

   enabled

アサーションを有効にする

'off' | {'on'}

   callback

アサーションの失敗時のシミュレーション コールバック (オプション)

{''}

   stopWhenAssertionFail

アサーションが失敗したときにシミュレーションを中止

'off' | {'on'}

   export

アサーション信号の出力

{'off'} | 'on'

Check Static Lower Bound (Checks_SMin) (masked subsystem)

   min

下限

{'0'}

   min_included

境界を含む

'off' | {'on'}

   enabled

アサーションを有効にする

'off' | {'on'}

   callback

アサーションの失敗時のシミュレーション コールバック (オプション)

{''}

   stopWhenAssertionFail

アサーションが失敗したときにシミュレーションを中止

'off' | {'on'}

   export

アサーション信号の出力

{'off'} | 'on'

   icon

アイコン タイプの選択

{'graphic'} | 'text'

Check Static Upper Bound (Checks_SMax) (masked subsystem)

   max

上限

{'0'}

   max_included

境界を含む

'off' | {'on'}

   enabled

アサーションを有効にする

'off' | {'on'}

   callback

アサーションの失敗時のシミュレーション コールバック (オプション)

{''}

   stopWhenAssertionFail

アサーションが失敗したときにシミュレーションを中止

'off' | {'on'}

   export

アサーション信号の出力

{'off'} | 'on'

   icon

アイコン タイプの選択

{'graphic'} | 'text'

Model-Wide Utilities ライブラリ ブロック パラメーター

ブロック (タイプ)/パラメーターダイアログ ボックス プロンプト

Block Support Table (Block Support Table) (マスク サブシステム)

DocBlock (DocBlock) (masked subsystem)

   ECoderFlag

Embedded Coder® フラグ

{''}

   DocumentType

ドキュメント タイプ

{'Text'} | 'RTF' | 'HTML'

Model Info (CMBlock) (masked subsystem)

   InitialSaveTempField

InitialSaveTempField

{''}

   InitialBlockCM

初期のブロック CM

{'None'}

   BlockCM

ブロック CM

{'None'}

   Frame

ブロック フレームの表示

'off' | {'on'}

   SaveTempField

Temp フィールドの保存

{''}

   DisplayStringWithTags

タグと文字列の表示

{'Model Info'}

   MaskDisplayString

マスク表示文字列

{'Model Info'}

   HorizontalTextAlignment

水平テキスト配置

{'Center'}

   LeftAlignmentValue

左整列値

{'0.5'}

   SourceBlockDiagram

ソース ブロック線図

{'untitled'}

   TagMaxNumber

タグの最大数

{'20'}

   CMTag1

CMTag1

{''}

   CMTag2

CMTag2

{''}

   CMTag3

CMTag3

{''}

   CMTag4

CMTag4

{''}

   CMTag5

CMTag5

{''}

   CMTag6

CMTag6

{''}

   CMTag7

CMTag7

{''}

   CMTag8

CMTag8

{''}

   CMTag9

CMTag9

{''}

   CMTag10

CMTag10

{''}

   CMTag11

CMTag11

{''}

   CMTag12

CMTag12

{''}

   CMTag13

CMTag13

{''}

   CMTag14

CMTag14

{''}

   CMTag15

CMTag15

{''}

   CMTag16

CMTag16

{''}

   CMTag17

CMTag17

{''}

   CMTag18

CMTag18

{''}

   CMTag19

CMTag19

{''}

   CMTag20

CMTag20

{''}

Timed-Based Linearization (Timed Linearization) (masked subsystem)

   LinearizationTime

線形化の時間

{'1'}

   SampleTime

(線形化したモデルの) サンプル時間

{'0'}

Trigger-Based Linearization (Triggered Linearization) (masked subsystem)

   TriggerType

トリガー タイプ

{'rising'} | 'falling' | 'either' | 'function-call'

   SampleTime

(線形化したモデルの) サンプル時間

{'0'}

Ports & Subsystems ライブラリ ブロック パラメーター

ブロック (タイプ)/パラメーター

ダイアログ ボックス プロンプト

Action Port (ActionPort)

   InitializeStates

実行再開時の状態

{'held'} | 'reset'

   PropagateVarSize

可変サイズの信号のサイズを伝播

{'Only when execution is resumed'} | 'During execution'

Atomic Subsystem (SubSystem)

   ShowPortLabels

端子ラベルを表示

メモ

'off''on' は、下位互換性のためにのみ存在します。新しいモデルや既存のモデルの更新時には使用しないでください。

'none' | {'FromPortIcon'} | 'FromPortBlockName' | 'SignalName' | 'off' | 'on'

   BlockChoice

ブロックの選択

{''}

   TemplateBlock

テンプレート ブロック

{''}

   MemberBlocks

メンバー ブロック

{''}

   Permissions

読み取り/書き込み権限

{'ReadWrite'} | 'ReadOnly' | 'NoReadOrWrite'

   ErrorFcn

エラー コールバック関数名

{''}

   PermitHierarchical
   Resolution

階層の関連付けを許可

{'All'} | 'ExplicitOnly' | 'None'

   TreatAsAtomicUnit

Atomic サブシステムとして扱う

'off' | {'on'}

   TreatAsGroupedWhenPropagatingVariantConditions

バリアント条件の伝播時にはグループとして処理

'off' | {'on'}

   MinAlgLoopOccurrences

代数ループの発生の最小化

{'off'} | 'on'

   PropExecContext
   OutsideSubsystem

サブシステムの境界全体に実行コンテキストの伝播

{'off'} | 'on'

   CheckFcnCallInp
   InsideContextMsg

関数呼び出し入力がコンテキスト特有の場合は警告

{'off'} | 'on'

   SystemSampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'-1'}

   RTWSystemCode

関数のパッケージ化

{'Auto'} | 'Inline' | 'Nonreusable function' | 'Reusable function'

   RTWFcnNameOpts

関数名オプション

{'Auto'} | 'Use subsystem name' | 'User specified'

   RTWFcnName

関数名

{''}

   RTWFileNameOpts

ファイル名オプション

{'Auto'} | 'Use subsystem name' | 'Use function name' | 'User specified'

   RTWFileName

ファイル名 (拡張子なし)

{''}

   FunctionInterfaceSpec

関数インターフェイス

このパラメーターは Embedded Coder のライセンスと ERT ベースのシステム ターゲット ファイルを必要とします。

{'void_void'} | 'Allow arguments'

   FunctionWithSeparateData

別々のデータをもつ関数, Function with separate data別々のデータをもつ関数Function with separate data

このパラメーターは Embedded Coder のライセンスと ERT ベースのシステム ターゲット ファイルを必要とします。

{'off'} | 'on'

   RTWMemSecFuncInitTerm

初期化/終了関数のメモリ セクション, Memory section for initialize/terminate functions初期化/終了関数のメモリ セクションMemory section for initialize/terminate functions

このパラメーターは Embedded Coder のライセンスと ERT ベースのシステム ターゲット ファイルを必要とします。

{'Inherit from model'} | 'Default' | モデルのパッケージからのメモリ セクションのリスト

   RTWMemSecFuncExecute

実行関数のメモリ セクション, Memory section for execution functions実行関数のメモリ セクションMemory section for execution functions

このパラメーターは Embedded Coder のライセンスと ERT ベースのシステム ターゲット ファイルを必要とします。

{'Inherit from model'} | 'Default' | モデルのパッケージからのメモリ セクションのリスト

   RTWMemSecDataConstants

定数のメモリ セクション, Memory section for constants定数のメモリ セクションMemory section for constants

このパラメーターは Embedded Coder のライセンスと ERT ベースのシステム ターゲット ファイルを必要とします。

{'Inherit from model'} | 'Default' | モデルのパッケージからのメモリ セクションのリスト

   RTWMemSecDataInternal

内部データのメモリ セクション, Memory section for internal data内部データのメモリ セクションMemory section for internal data

このパラメーターは Embedded Coder のライセンスと ERT ベースのシステム ターゲット ファイルを必要とします。

{'Inherit from model'} | 'Default' | モデルのパッケージからのメモリ セクションのリスト

   RTWMemSecDataParameters

パラメーターのメモリ セクション, Memory section for parametersパラメーターのメモリ セクションMemory section for parameters

このパラメーターは Embedded Coder のライセンスと ERT ベースのシステム ターゲット ファイルを必要とします。

{'Inherit from model'} | 'Default' | モデルのパッケージからのメモリ セクションのリスト

   DataTypeOverride

ダイアログ ボックスのプロンプトなし

固定小数点データ型をオーバーライドするために使用されるデータ型を指定します。固定小数点ツールの [データ型オーバーライド] で設定します。

{'UseLocalSettings'} | 'ScaledDouble' | 'Double' | 'Single' | 'Off'

   MinMaxOverflowLogging

ダイアログ ボックスのプロンプトなし

固定小数点の計測の設定。固定小数点ツールの [固定小数点の計測機能モード] で設定します。

{'UseLocalSettings'} | 'MinMaxAndOverflow' | 'OverflowOnly' | 'ForceOff'

   SimViewingDevice

ダイアログ ボックスのプロンプトなし

'on' に設定すると、ブロックが Signal Viewing Subsystem として指定されます。Signal Viewing Subsystem とは、エクスターナル モードでターゲット システムから受信した信号の処理と表示をカプセル化する Atomic Subsystem です。詳細については、Signal Viewing Subsystem (Simulink Coder)を参照してください。

{'off'} | 'on'

   IsSubsystemVirtual

 

boolean — {'off'} | 'on'

読み取り専用

Code Reuse Subsystem (SubSystem)

   ShowPortLabels

端子ラベルを表示

メモ

'off''on' は、下位互換性のためにのみ存在します。新しいモデルや既存のモデルの更新時には使用しないでください。

'none' | {'FromPortIcon'} | 'FromPortBlockName' | 'SignalName' | 'off' | 'on'

   BlockChoice

ブロックの選択

{''}

   TemplateBlock

テンプレート ブロック

{''}

   MemberBlocks

メンバー ブロック

{''}

   Permissions

読み取り/書き込み権限

{'ReadWrite'} | 'ReadOnly' | 'NoReadOrWrite'

   ErrorFcn

エラー コールバック関数名

{''}

   PermitHierarchical
   Resolution

階層の関連付けを許可

{'All'} | 'ExplicitOnly' | 'None'

   TreatAsAtomicUnit

Atomic サブシステムとして扱う

'off' | {'on'}

   MinAlgLoopOccurrences

代数ループの発生の最小化

{'off'} | 'on'

   PropExecContext
   OutsideSubsystem

サブシステムの境界全体に実行コンテキストの伝播

{'off'} | 'on'

   CheckFcnCallInp
   InsideContextMsg

関数呼び出し入力がコンテキスト特有の場合は警告

{'off'} | 'on'

   SystemSampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'-1'}

   RTWSystemCode

関数のパッケージ化

'Auto' | 'Inline' | 'Nonreusable function' | {'Reusable function'}

   RTWFcnNameOpts

関数名オプション

'Auto' | {'Use subsystem name'} | 'User specified'

   RTWFcnName

関数名

{''}

   RTWFileNameOpts

ファイル名オプション

'Auto' | {'Use subsystem name'} | 'Use function name' | 'User specified'

   RTWFileName

ファイル名 (拡張子なし)

{''}

   RTWMemSecFuncInitTerm

初期化/終了関数のメモリ セクション, Memory section for initialize/terminate functions初期化/終了関数のメモリ セクションMemory section for initialize/terminate functions

このパラメーターは Embedded Coder のライセンスと ERT ベースのシステム ターゲット ファイルを必要とします。

{'Inherit from model'} | 'Default' | モデルのパッケージからのメモリ セクションのリスト

   RTWMemSecFuncExecute

実行関数のメモリ セクション, Memory section for execution functions実行関数のメモリ セクションMemory section for execution functions

このパラメーターは Embedded Coder のライセンスと ERT ベースのシステム ターゲット ファイルを必要とします。

{'Inherit from model'} | 'Default' | モデルのパッケージからのメモリ セクションのリスト

   RTWMemSecDataConstants

定数のメモリ セクション, Memory section for constants定数のメモリ セクションMemory section for constants

このパラメーターは Embedded Coder のライセンスと ERT ベースのシステム ターゲット ファイルを必要とします。

{'Inherit from model'} | 'Default' | モデルのパッケージからのメモリ セクションのリスト

   RTWMemSecDataInternal

内部データのメモリ セクション, Memory section for internal data内部データのメモリ セクションMemory section for internal data

このパラメーターは Embedded Coder のライセンスと ERT ベースのシステム ターゲット ファイルを必要とします。

{'Inherit from model'} | 'Default' | モデルのパッケージからのメモリ セクションのリスト

   RTWMemSecDataParameters

パラメーターのメモリ セクション, Memory section for parametersパラメーターのメモリ セクションMemory section for parameters

このパラメーターは Embedded Coder のライセンスと ERT ベースのシステム ターゲット ファイルを必要とします。

{'Inherit from model'} | 'Default' | モデルのパッケージからのメモリ セクションのリスト

   DataTypeOverride

ダイアログ ボックスのプロンプトなし

固定小数点データ型をオーバーライドするために使用されるデータ型を指定します。固定小数点ツールの [データ型オーバーライド] で設定します。

{'UseLocalSettings'} | 'ScaledDouble' | 'Double' | 'Single' | 'Off'

   MinMaxOverflowLogging

ダイアログ ボックスのプロンプトなし

固定小数点の計測の設定。固定小数点ツールの [固定小数点の計測機能モード] で設定します。

{'UseLocalSettings'} | 'MinMaxAndOverflow' | 'OverflowOnly' | 'ForceOff'

   IsSubsystemVirtual

 

boolean — {'off'} | 'on'

読み取り専用

Configurable Subsystem (SubSystem)

   ShowPortLabels

端子ラベルを表示

メモ

'off''on' は、下位互換性のためにのみ存在します。新しいモデルや既存のモデルの更新時には使用しないでください。

'none' | {'FromPortIcon'} | 'FromPortBlockName' | 'SignalName' | 'off' | 'on'

   BlockChoice

ブロックの選択

{''}

   TemplateBlock

テンプレート ブロック

{'self'}

   MemberBlocks

メンバー ブロック

{''}

   Permissions

読み取り/書き込み権限

{'ReadWrite'} | 'ReadOnly' | 'NoReadOrWrite'

   ErrorFcn

エラー コールバック関数名

{''}

   PermitHierarchical
   Resolution

階層の関連付けを許可

{'All'} | 'ExplicitOnly' | 'None'

   TreatAsAtomicUnit

Atomic サブシステムとして扱う

{'off'} | 'on'

   MinAlgLoopOccurrences

代数ループの発生の最小化

{'off'} | 'on'

   PropExecContext
   OutsideSubsystem

サブシステムの境界全体に実行コンテキストの伝播

{'off'} | 'on'

   CheckFcnCallInp
   InsideContextMsg

関数呼び出し入力がコンテキスト特有の場合は警告

{'off'} | 'on'

   SystemSampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'-1'}

   RTWSystemCode

関数のパッケージ化

{'Auto'} | 'Inline' | 'Nonreusable function' | 'Reusable function'

   RTWFcnNameOpts

関数名オプション

{'Auto'} | 'Use subsystem name' | 'User specified'

   RTWFcnName

関数名

{''}

   RTWFileNameOpts

ファイル名オプション

{'Auto'} | 'Use subsystem name' | 'Use function name' | 'User specified'

   RTWFileName

ファイル名 (拡張子なし)

{''}

   DataTypeOverride

ダイアログ ボックスのプロンプトなし

固定小数点データ型をオーバーライドするために使用されるデータ型を指定します。固定小数点ツールの [データ型オーバーライド] で設定します。

{'UseLocalSettings'} | 'ScaledDouble' | 'Double' | 'Single' | 'Off'

   MinMaxOverflowLogging

ダイアログ ボックスのプロンプトなし

固定小数点の計測の設定。固定小数点ツールの [固定小数点の計測機能モード] で設定します。

{'UseLocalSettings'} | 'MinMaxAndOverflow' | 'OverflowOnly' | 'ForceOff'

   SimViewingDevice

ダイアログ ボックスのプロンプトなし

'on' に設定すると、ブロックが Signal Viewing Subsystem として指定されます。Signal Viewing Subsystem とは、エクスターナル モードでターゲット システムから受信した信号の処理と表示をカプセル化する Atomic Subsystem です。詳細については、Signal Viewing Subsystem (Simulink Coder)を参照してください。

{'off'} | 'on'

   DataTypeOverride

ダイアログ ボックスのプロンプトなし

固定小数点データ型をオーバーライドするために使用されるデータ型を指定します。固定小数点ツールの [データ型オーバーライド] で設定します。

{'UseLocalSettings'} | 'ScaledDouble' | 'Double' | 'Single' | 'Off'

   MinMaxOverflowLogging

ダイアログ ボックスのプロンプトなし

固定小数点の計測の設定。固定小数点ツールの [固定小数点の計測機能モード] で設定します。

{'UseLocalSettings'} | 'MinMaxAndOverflow' | 'OverflowOnly' | 'ForceOff'

   IsSubsystemVirtual

ダイアログ ボックスのプロンプトなし

boolean — {'on'} | 'off'

読み取り専用

Enable (EnablePort)

   StatesWhenEnabling

イネーブル時の状態

{'held'} | 'reset'

   PropagateVarSize

可変サイズの信号のサイズを伝播

{'Only when enabling'} | 'During execution'

   ShowOutputPort

出力端子の表示

{'off'} | 'on'

   ZeroCross

ゼロクロッシング検出を有効にする

'off' | {'on'}

Enabled and Triggered Subsystem (SubSystem)

   ShowPortLabels

端子ラベルを表示

メモ

'off''on' は、下位互換性のためにのみ存在します。新しいモデルや既存のモデルの更新時には使用しないでください。

'none' | {'FromPortIcon'} | 'FromPortBlockName' | 'SignalName' | 'off' | 'on'

   BlockChoice

ブロックの選択

{''}

   TemplateBlock

テンプレート ブロック

{''}

   MemberBlocks

メンバー ブロック

{''}

   Permissions

読み取り/書き込み権限

{'ReadWrite'} | 'ReadOnly' | 'NoReadOrWrite'

   ErrorFcn

エラー コールバック関数名

{''}

   PermitHierarchical
   Resolution

階層の関連付けを許可

{'All'} | 'ExplicitOnly' | 'None'

   TreatAsAtomicUnit

Atomic サブシステムとして扱う

'off' | {'on'}

   MinAlgLoopOccurrences

代数ループの発生の最小化

{'off'} | 'on'

   PropExecContext
   OutsideSubsystem

サブシステムの境界全体に実行コンテキストの伝播

{'off'} | 'on'

   CheckFcnCallInp
   InsideContextMsg

関数呼び出し入力がコンテキスト特有の場合は警告

{'off'} | 'on'

   SystemSampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'-1'}

   RTWSystemCode

関数のパッケージ化

{'Auto'} | 'Inline' | 'Nonreusable function' | 'Reusable function'

   RTWFcnNameOpts

関数名オプション

{'Auto'} | 'Use subsystem name' | 'User specified'

   RTWFcnName

関数名

{''}

   RTWFileNameOpts

ファイル名オプション

{'Auto'} | 'Use subsystem name' | 'Use function name' | 'User specified'

   RTWFileName

ファイル名 (拡張子なし)

{''}

   DataTypeOverride

ダイアログ ボックスのプロンプトなし

固定小数点データ型をオーバーライドするために使用されるデータ型を指定します。固定小数点ツールの [データ型オーバーライド] で設定します。

{'UseLocalSettings'} | 'ScaledDouble' | 'Double' | 'Single' | 'Off'

   MinMaxOverflowLogging

ダイアログ ボックスのプロンプトなし

固定小数点の計測の設定。固定小数点ツールの [固定小数点の計測機能モード] で設定します。

{'UseLocalSettings'} | 'MinMaxAndOverflow' | 'OverflowOnly' | 'ForceOff'

   IsSubsystemVirtual

 

boolean — {'off'} | 'on'

読み取り専用

Enabled Subsystem (SubSystem)

   ShowPortLabels

端子ラベルを表示

メモ

'off''on' は、下位互換性のためにのみ存在します。新しいモデルや既存のモデルの更新時には使用しないでください。

'none' | {'FromPortIcon'} | 'FromPortBlockName' | 'SignalName' | 'off' | 'on'

   BlockChoice

ブロックの選択

{''}

   TemplateBlock

テンプレート ブロック

{''}

   MemberBlocks

メンバー ブロック

{''}

   Permissions

読み取り/書き込み権限

{'ReadWrite'} | 'ReadOnly' | 'NoReadOrWrite'

   ErrorFcn

エラー コールバック関数名

{''}

   PermitHierarchical
   Resolution

階層の関連付けを許可

{'All'} | 'ExplicitOnly' | 'None'

   TreatAsAtomicUnit

Atomic サブシステムとして扱う

'off' | {'on'}

   MinAlgLoopOccurrences

代数ループの発生の最小化

{'off'} | 'on'

   PropExecContext
   OutsideSubsystem

サブシステムの境界全体に実行コンテキストの伝播

{'off'} | 'on'

   CheckFcnCallInp
   InsideContextMsg

関数呼び出し入力がコンテキスト特有の場合は警告

{'off'} | 'on'

   SystemSampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'-1'}

   RTWSystemCode

関数のパッケージ化

{'Auto'} | 'Inline' | 'Nonreusable function' | 'Reusable function'

   RTWFcnNameOpts

関数名オプション

{'Auto'} | 'Use subsystem name' | 'User specified'

   RTWFcnName

関数名

{''}

   RTWFileNameOpts

ファイル名オプション

{'Auto'} | 'Use subsystem name' | 'Use function name' | 'User specified'

   RTWFileName

ファイル名 (拡張子なし)

{''}

   DataTypeOverride

ダイアログ ボックスのプロンプトなし

固定小数点データ型をオーバーライドするために使用されるデータ型を指定します。固定小数点ツールの [データ型オーバーライド] で設定します。

{'UseLocalSettings'} | 'ScaledDouble' | 'Double' | 'Single' | 'Off'

   MinMaxOverflowLogging

ダイアログ ボックスのプロンプトなし

固定小数点の計測の設定。固定小数点ツールの [固定小数点の計測機能モード] で設定します。

{'UseLocalSettings'} | 'MinMaxAndOverflow' | 'OverflowOnly' | 'ForceOff'

   IsSubsystemVirtual

 

boolean — {'off'} | 'on'

読み取り専用

For Each (ForEach)

   InputPartition

分割

文字ベクトルの cell 配列

   InputPartitionDimension

入力信号の分割の次元

文字ベクトルの cell 配列

   InputPartitionWidth

入力信号の分割幅

文字ベクトルの cell 配列

   OutputConcatenationDimension

出力信号の連結の次元

文字ベクトルの cell 配列

For Iterator (ForIterator)

   ResetStates

開始時の状態

{'held'} | 'reset'

   IterationSource

反復制限元

{'internal'} | 'external'

   IterationLimit

反復制限

{'5'}

   ExternalIncrement

次の i (反復変数) を外部で設定

{'off'} | 'on'

   ShowIterationPort

反復変数の表示

'off' | {'on'}

   IndexMode

インデックス モード

'Zero-based' | {'One-based'}

   IterationVariable
   DataType

反復変数のデータ型

{'int32'} | 'int16' | 'int8' | 'double'

For Iterator Subsystem (SubSystem)

   ShowPortLabels

端子ラベルを表示

メモ

'off''on' は、下位互換性のためにのみ存在します。新しいモデルや既存のモデルの更新時には使用しないでください。

'none' | {'FromPortIcon'} | 'FromPortBlockName' | 'SignalName' | 'off' | 'on'

   BlockChoice

ブロックの選択

{''}

   TemplateBlock

テンプレート ブロック

{''}

   MemberBlocks

メンバー ブロック

{''}

   Permissions

読み取り/書き込み権限

{'ReadWrite'} | 'ReadOnly' | 'NoReadOrWrite'

   ErrorFcn

エラー コールバック関数名

{''}

   PermitHierarchical
   Resolution

階層の関連付けを許可

{'All'} | 'ExplicitOnly' | 'None'

   TreatAsAtomicUnit

Atomic サブシステムとして扱う

'off' | {'on'}

   MinAlgLoopOccurrences

代数ループの発生の最小化

{'off'} | 'on'

   PropExecContext
   OutsideSubsystem

サブシステムの境界全体に実行コンテキストの伝播

{'off'} | 'on'

   CheckFcnCallInp
   InsideContextMsg

関数呼び出し入力がコンテキスト特有の場合は警告

{'off'} | 'on'

   SystemSampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'-1'}

   RTWSystemCode

関数のパッケージ化

{'Auto'} | 'Inline' | 'Nonreusable function' | 'Reusable function'

   RTWFcnNameOpts

関数名オプション

{'Auto'} | 'Use subsystem name' | 'User specified'

   RTWFcnName

関数名

{''}

   RTWFileNameOpts

ファイル名オプション

{'Auto'} | 'Use subsystem name' | 'Use function name' | 'User specified'

   RTWFileName

ファイル名 (拡張子なし)

{''}

   DataTypeOverride

ダイアログ ボックスのプロンプトなし

固定小数点データ型をオーバーライドするために使用されるデータ型を指定します。固定小数点ツールの [データ型オーバーライド] で設定します。

{'UseLocalSettings'} | 'ScaledDouble' | 'Double' | 'Single' | 'Off'

   MinMaxOverflowLogging

ダイアログ ボックスのプロンプトなし

固定小数点の計測の設定。固定小数点ツールの [固定小数点の計測機能モード] で設定します。

{'UseLocalSettings'} | 'MinMaxAndOverflow' | 'OverflowOnly' | 'ForceOff'

   IsSubsystemVirtual

 

boolean — {'off'} | 'on'

読み取り専用

Function-Call Generator (Function-Call Generator) (masked subsystem)

   sample_time

サンプル時間

{'1'}

   numberOfIterations

反復回数

{'1'}

Function-Call Subsystem (SubSystem)

   ShowPortLabels

端子ラベルを表示

メモ

'off''on' は、下位互換性のためにのみ存在します。新しいモデルや既存のモデルの更新時には使用しないでください。

'none' | {'FromPortIcon'} | 'FromPortBlockName' | 'SignalName' | 'off' | 'on'

   BlockChoice

ブロックの選択

{''}

   TemplateBlock

テンプレート ブロック

{''}

   MemberBlocks

メンバー ブロック

{''}

   Permissions

読み取り/書き込み権限

{'ReadWrite'} | 'ReadOnly' | 'NoReadOrWrite'

   ErrorFcn

エラー コールバック関数名

{''}

   PermitHierarchical
   Resolution

階層の関連付けを許可

{'All'} | 'ExplicitOnly' | 'None'

   TreatAsAtomicUnit

Atomic サブシステムとして扱う

'off' | {'on'}

   MinAlgLoopOccurrences

代数ループの発生の最小化

{'off'} | 'on'

   PropExecContext
   OutsideSubsystem

サブシステムの境界全体に実行コンテキストの伝播

{'off'} | 'on'

   CheckFcnCallInp
   InsideContextMsg

関数呼び出し入力がコンテキスト特有の場合は警告

{'off'} | 'on'

   SystemSampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'-1'}

   RTWSystemCode

関数のパッケージ化

{'Auto'} | 'Inline' | 'Nonreusable function' | 'Reusable function'

   RTWFcnNameOpts

関数名オプション

{'Auto'} | 'Use subsystem name' | 'User specified'

   RTWFcnName

関数名

{''}

   RTWFileNameOpts

ファイル名オプション

{'Auto'} | 'Use subsystem name' | 'Use function name' | 'User specified'

   RTWFileName

ファイル名 (拡張子なし)

{''}

   DataTypeOverride

ダイアログ ボックスのプロンプトなし

固定小数点データ型をオーバーライドするために使用されるデータ型を指定します。固定小数点ツールの [データ型オーバーライド] で設定します。

{'UseLocalSettings'} | 'ScaledDouble' | 'Double' | 'Single' | 'Off'

   MinMaxOverflowLogging

ダイアログ ボックスのプロンプトなし

固定小数点の計測の設定。固定小数点ツールの [固定小数点の計測機能モード] で設定します。

{'UseLocalSettings'} | 'MinMaxAndOverflow' | 'OverflowOnly' | 'ForceOff'

   IsSubsystemVirtual

 

boolean — {'off'} | 'on'

読み取り専用

If (If)

   NumInputs

入力数

{'1'}

   IfExpression

If 式 (たとえば、u1 ~= 0)

{'u1 > 0'}

   ElseIfExpressions

Elseif 式 (コンマ区切りのリスト。例 u2 ~= 0, u3(2) < u2)

{''}

   ShowElse

else 条件の表示

'off' | {'on'}

   ZeroCross

ゼロクロッシング検出を有効にする

'off' | {'on'}

   SampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'-1'}

If Action Subsystem (SubSystem)

   ShowPortLabels

端子ラベルを表示

メモ

'off''on' は、下位互換性のためにのみ存在します。新しいモデルや既存のモデルの更新時には使用しないでください。

'none' | {'FromPortIcon'} | 'FromPortBlockName' | 'SignalName' | 'off' | 'on'

   BlockChoice

ブロックの選択

{''}

   TemplateBlock

テンプレート ブロック

{''}

   MemberBlocks

メンバー ブロック

{''}

   Permissions

読み取り/書き込み権限

{'ReadWrite'} | 'ReadOnly' | 'NoReadOrWrite'

   ErrorFcn

エラー コールバック関数名

{''}

   PermitHierarchical
   Resolution

階層の関連付けを許可

{'All'} | 'ExplicitOnly' | 'None'

   TreatAsAtomicUnit

Atomic サブシステムとして扱う

'off' | {'on'}

   MinAlgLoopOccurrences

代数ループの発生の最小化

{'off'} | 'on'

   PropExecContext
   OutsideSubsystem

サブシステムの境界全体に実行コンテキストの伝播

{'off'} | 'on'

   CheckFcnCallInp
   InsideContextMsg

関数呼び出し入力がコンテキスト特有の場合は警告

{'off'} | 'on'

   SystemSampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'-1'}

   RTWSystemCode

関数のパッケージ化

{'Auto'} | 'Inline' | 'Nonreusable function' | 'Reusable function'

   RTWFcnNameOpts

関数名オプション

{'Auto'} | 'Use subsystem name' | 'User specified'

   RTWFcnName

関数名

{''}

   RTWFileNameOpts

ファイル名オプション

{'Auto'} | 'Use subsystem name' | 'Use function name' | 'User specified'

   RTWFileName

ファイル名 (拡張子なし)

{''}

   DataTypeOverride

ダイアログ ボックスのプロンプトなし

固定小数点データ型をオーバーライドするために使用されるデータ型を指定します。固定小数点ツールの [データ型オーバーライド] で設定します。

{'UseLocalSettings'} | 'ScaledDouble' | 'Double' | 'Single' | 'Off'

   MinMaxOverflowLogging

ダイアログ ボックスのプロンプトなし

固定小数点の計測の設定。固定小数点ツールの [固定小数点の計測機能モード] で設定します。

{'UseLocalSettings'} | 'MinMaxAndOverflow' | 'OverflowOnly' | 'Off'

   IsSubsystemVirtual

 

boolean — {'off'} | 'on'

読み取り専用

In1 (Inport)

   Port

端子番号

{'1'}

   IconDisplay

アイコン表示

'Signal name' | {'Port number'} | 'Port number and signal name'

   LatchByDelaying
   OutsideSignal

外部信号を遅延して入力をラッチ

{'off'} | 'on'

   LatchInputFor
   FeedbackSignals

Function-Call Subsystem 出力のフィードバック信号の入力をラッチする

{'off'} | 'on'

   Interpolate

データを内挿する

'off' | {'on'}

   UseBusObject

バス オブジェクトによるプロパティの指定

{'off'} | 'on'

   BusObject

バス プロパティを指定するバス オブジェクト

{'BusObject'}

   BusOutputAsStruct

非バーチャル バスとして出力

{'off'} | 'on'

   PortDimensions

端子の次元 (継承は -1)

{'-1'}

   SampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'-1'}

   OutMin

最小値

{'[]'}

   OutMax

最大値

{'[]'}

   OutDataTypeStr

データ型

{'Inherit: auto'} | 'double' | 'single' | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'int64' | 'uint64' | 'boolean' | 'fixdt(1,16,0)' | 'fixdt(1,16,2^0,0)' | 'Enum: <class name>'

   LockScale

固定小数点ツールによる変更に対して出力データ型の設定をロックする

{'off'} | 'on'

   Unit

ブロックに対する入力信号の物理単位を指定します。

{'inherit'}| '<Enter unit>'

   UnitNoProp

伝播なしのブロックに対する入力信号の物理単位を指定します。許容される単位のリストについては、「Allowed Units」を参照してください。

'<Enter unit>'

   SignalType

信号タイプ

{'auto'} | 'real' | 'complex'

Model (ModelReference)

   ModelNameDialog

入力された参照先モデルの名前から前後の空白文字を削除したもの。プログラムまたは GUI により ModelNameDialog を設定すると、Simulink により、ModelNameDialog の値に基づいて、ModelName および ModelFile の値が自動的に設定されます。

{'<Enter Model Name>'}

   ModelName

指定した ModelNameDialog の値からファイル名拡張子を削除したもの。下位互換性のために、ModelName を設定するとプログラムで実際には ModelNameDialog が設定され、次に記述どおりに ModelName が設定されます。拡張子のない名前は明確ではないため、get_param を使用して保護されたモデルの ModelName を取得することはできません。代わりに ModelFileget_param を使用します。ProtectedModel をテストして、参照先モデルが保護されているかどうかをプログラムで確認することができます。

文字ベクトル — ModelNameDialog が設定されているときに自動的に設定。

   ModelFile

ファイル名拡張子付きの ModelNameDialog の値。Simulink により検索された最初の拡張子が ModelFile の拡張子になります。プログラムで ModelFile を設定すると、実際には ModelNameDialog を設定することになり、これにより解説されたように ModelFile が設定されます。

文字ベクトル — ModelNameDialog が設定されているときに自動的に設定。

   ProtectedModel

ブロックにより参照されるモデルが保護されているか (on)、保護されていないか (off) を表す読み取り専用の boolean。

boolean — 'off' | 'on' ModelNameDialog が設定されているときに自動的に設定。

   InstanceParameters

Model ブロックのインスタンス固有のパラメーターの構造体配列。NameValuePath、および Argument のフィールドをもつ構造体。

   ParameterArgumentNames

参照モデルで定義されているインスタンス固有のパラメーターの名前。[インスタンス パラメーター] タブのテーブルの [名前] 列に対応します。

{''}

   ParameterArgumentValues

モデルの引数の値。[インスタンス パラメーター] タブのテーブルの [値] 列に対応します。

フィールドのない構造体

   SimulationMode

モデルのシミュレートに、コードを生成して実行するか、Simulink ソフトウェアでモデルを解析するかを指定。

{'Normal'} | 'Accelerator' | 'Software-in-the-loop (SIL)' | 'Processor-in-the-loop (PIL)'

   Variant

Model ブロックがバリアント モデルまたは Variant Subsystems を参照するかどうかを指定。

{'off'} | 'on'
   VariantConfigurationObjectモデルに関連付けられたバリアント構成オブジェクトを指定する。{''}
構成オブジェクトが関連付けられていない場合、値は空の文字ベクトルです。それ以外の場合は、Simulink.VariantConfigurationData オブジェクトの名前です。
   LabelModeActiveChoiceVariantcontrolModeLabel に設定されている場合に選択肢を選択するかどうかを指定し、選択する場合はそのラベル モードのアクティブな選択肢の名前を指定。{''}
ラベル モードのアクティブな選択肢が指定されない場合、値は空の文字ベクトルです。指定される場合は、ラベル モードのアクティブな選択肢の名前です。
   ActiveVariantバリアント条件が true であるか LabelModeActiveChoice でこのバリアントが指定されているために現在アクティブになっているバリアント。{''}
アクティブなバリアントが存在しない場合、値は空の文字ベクトルになります。それ以外は、アクティブなバリアントの名前です。
GeneratePreprocessor
   Conditionals

生成コードにプリプロセッサの条件を含めるかどうかをローカルに制御します。このパラメーターは、Simulink Coder コード生成のみに適用され、Simulink のモデルの動作には影響しません。

このパラメーターは ERT ターゲットに対してのみ利用可能です。詳細については、バリアント システム (Embedded Coder)を参照してください。

{'off'} | 'on'

   DefaultDataLogging

 

{'off'} | 'on'

Out1 (Outport)

   端子

端子番号

{'1'}

   IconDisplay

アイコン表示

'Signal name' | {'Port number'} | 'Port number and signal name'

   UseBusObject

バス オブジェクトによるプロパティの指定

{'off'} | 'on'

   BusObject

入力バスを検証するためのバス オブジェクト

{'BusObject'}

   BusOutputAsStruct

親モデル内の非バーチャル バスとして出力

{'off'} | 'on'

   PortDimensions

端子の次元 (継承は -1)

{'-1'}

   VarSizeSig

可変サイズの信号

{'Inherit'} | 'No' | 'Yes'

   SampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'-1'}

   OutMin

最小値

{'[]'}

   OutMax

最大値

{'[]'}

   OutDataTypeStr

データ型

{'Inherit: auto'} | 'double' | 'single' | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'int64' | 'uint64' | 'boolean' | 'fixdt(1,16,0)' | 'fixdt(1,16,2^0,0)' | 'Enum: <class name>' | 'Bus: <object name>'

   LockScale

固定小数点ツールによる変更に対して出力データ型の設定をロックする

{'off'} | 'on'

   Unit

ブロックに対する入力信号の物理単位を指定します。許容される単位のリストについては、「Allowed Units」を参照してください。

{'inherit'}| '<Enter unit>'

   UnitNoProp

伝播なしのブロックに対する入力信号の物理単位を指定します。許容される単位のリストについては、「Allowed Units」を参照してください。

'<Enter unit>'

   SignalObject

このパラメーターはブロックのダイアログ ボックスには表示されません。代わりにモデル データ エディターを使用します。Inport ブロックと Outport ブロックの設定によるデータ インターフェイスの設計 (Simulink Coder)を参照してください。

Simulink.Signal オブジェクト

Simulink.Signal から派生したクラスのオブジェクト

   StorageClass

このパラメーターはブロックのダイアログ ボックスには表示されません。代わりにモデル データ エディターを使用します。Inport ブロックと Outport ブロックの設定によるデータ インターフェイスの設計 (Simulink Coder)を参照してください。

{'Auto'} | 'Model default' | 'ExportedGlobal' | 'ImportedExtern' | 'ImportedExternPointer' | 'Custom'

   SignalName

信号名

文字ベクトル

   SignalType

信号タイプ

{'auto'} | 'real' | 'complex'

   OutputWhenDisabled

ディセーブル時の出力

{'held'} | 'reset'

   InitialOutput

初期出力

{'[]'}

   MustResolveToSignalObject

このパラメーターはブロックのダイアログ ボックスには表示されません。代わりにモデル データ エディターを使用します。信号の場合を参照してください。

{'off'} | 'on'

Subsystem (SubSystem)

   ShowPortLabels

端子ラベルを表示

メモ

'off''on' は、下位互換性のためにのみ存在します。新しいモデルや既存のモデルの更新時には使用しないでください。

'none' | {'FromPortIcon'} | 'FromPortBlockName' | 'SignalName' | 'off' | 'on'

   BlockChoice

ブロックの選択

{''}

   TemplateBlock

テンプレート ブロック

{''}

   MemberBlocks

メンバー ブロック

{''}

   Permissions

読み取り/書き込み権限

{'ReadWrite'} | 'ReadOnly' | 'NoReadOrWrite'

   ErrorFcn

エラー コールバック関数名

{''}

   PermitHierarchical
  Resolution

階層の関連付けを許可

{'All'} | 'ExplicitOnly' | 'None'

   TreatAsAtomicUnit

Atomic サブシステムとして扱う

{'off'} | 'on'

   TreatAsGroupedWhenPropagatingVariantConditions

バリアント条件の伝播時にはグループとして処理

'off' | {'on'}

   VariantControl

バリアント制御

{'Variant'} | '(default)'

   MinAlgLoopOccurrences

代数ループの発生の最小化

{'off'} | 'on'

   PropExecContext
   OutsideSubsystem

サブシステムの境界全体に実行コンテキストの伝播

{'off'} | 'on'

   CheckFcnCallInp
   InsideContextMsg

関数呼び出し入力がコンテキスト特有の場合は警告

{'off'} | 'on'

   SystemSampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'-1'}

   RTWSystemCode

コード生成関数のパッケージ化

{'Auto'} | 'Inline' | 'Nonreusable function' | 'Reusable function'

   RTWFcnNameOpts

コード生成関数名のオプション

{'Auto'} | 'Use subsystem name' | 'User specified'

   RTWFcnName

コード生成関数名

{''}

   RTWFileNameOpts

コード生成ファイル名のオプション

{'Auto'} | 'Use subsystem name' | 'Use function name' | 'User specified'

   RTWFileName

コード生成ファイル名 (拡張子なし)

{''}

   DataTypeOverride

固定小数点データ型をオーバーライドするために使用されるデータ型を指定します。固定小数点ツールの [データ型オーバーライド] で設定します。

{'UseLocalSettings'} | 'ScaledDouble' | 'Double' | 'Single' | 'Off'

   MinMaxOverflowLogging

ダイアログ ボックスのプロンプトなし

固定小数点の計測の設定。固定小数点ツールの [固定小数点の計測機能モード] で設定します。

{'UseLocalSettings'} | 'MinMaxAndOverflow' | 'OverflowOnly' | 'ForceOff'

   IsSubsystemVirtual

 

boolean — {'on'} | 'off'

読み取り専用

   Virtual

内部で使用。

 

Switch Case (SwitchCase)

   CaseConditions

Case 条件 (たとえば、{1,[2,3]})

{'{1}'}

   ShowDefaultCase

default ケースを表示

'off' | {'on'}

   ZeroCross

ゼロクロッシング検出を有効にする

'off' | {'on'}

   SampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'-1'}

   CaseShowDefault

R2009b で廃止

 

Switch Case Action Subsystem (SubSystem)

   ShowPortLabels

端子ラベルを表示

メモ

'off''on' は、下位互換性のためにのみ存在します。新しいモデルや既存のモデルの更新時には使用しないでください。

'none' | {'FromPortIcon'} | 'FromPortBlockName' | 'SignalName' | 'off' | 'on'

   BlockChoice

ブロックの選択

{''}

   TemplateBlock

テンプレート ブロック

{''}

   MemberBlocks

メンバー ブロック

{''}

   Permissions

読み取り/書き込み権限

{'ReadWrite'} | 'ReadOnly' | 'NoReadOrWrite'

   ErrorFcn

エラー コールバック関数名

{''}

   PermitHierarchical
   Resolution

階層の関連付けを許可

{'All'} | 'ExplicitOnly' | 'None'

   TreatAsAtomicUnit

Atomic サブシステムとして扱う

'off' | {'on'}

   MinAlgLoopOccurrences

代数ループの発生の最小化

{'off'} | 'on'

   PropExecContext
   OutsideSubsystem

サブシステムの境界全体に実行コンテキストの伝播

{'off'} | 'on'

   CheckFcnCallInp
   InsideContextMsg

関数呼び出し入力がコンテキスト特有の場合は警告

{'off'} | 'on'

   SystemSampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'-1'}

   RTWSystemCode

コード生成関数のパッケージ化

{'Auto'} | 'Inline' | 'Nonreusable function' | 'Reusable function'

   RTWFcnNameOpts

コード生成関数名のオプション

{'Auto'} | 'Use subsystem name' | 'User specified'

   RTWFcnName

コード生成関数名

{''}

   RTWFileNameOpts

コード生成ファイル名のオプション

{'Auto'} | 'Use subsystem name' | 'Use function name' | 'User specified'

   RTWFileName

コード生成ファイル名 (拡張子なし)

{''}

   DataTypeOverride

ダイアログ ボックスのプロンプトなし

固定小数点データ型をオーバーライドするために使用されるデータ型を指定します。固定小数点ツールの [データ型オーバーライド] で設定します。

{'UseLocalSettings'} | 'ScaledDouble' | 'Double' | 'Single' | 'Off'

   MinMaxOverflowLogging

ダイアログ ボックスのプロンプトなし

固定小数点の計測の設定。固定小数点ツールの [固定小数点の計測機能モード] で設定します。

{'UseLocalSettings'} | 'MinMaxAndOverflow' | 'OverflowOnly' | 'ForceOff'

   IsSubsystemVirtual

 

boolean — {'off'} | 'on'

読み取り専用

Trigger (TriggerPort)

   TriggerType

トリガー タイプ

{'rising'} | 'falling' | 'either' | 'function-call'

   IsSimulinkFunction

Function-Call Subsystem を Simulink 関数として構成

{'off'} | 'on'

   StatesWhenEnabling

イネーブル時の状態

{'held'} | 'reset' | 'inherit'

   PropagateVarSize

可変サイズの信号のサイズを伝播

{'During execution'} | 'Only when enabling'

   ShowOutputPort

出力端子の表示

{'off'} | 'on'

   OutputDataType

出力データ型

{'auto'} | 'double' | 'int8'

   SampleTimeType

サンプル時間のタイプ

{'triggered'} | 'periodic'

   SampleTime

サンプル時間

{'1'}

   ZeroCross

ゼロクロッシング検出を有効にする

'off' | {'on'}

   PortDimensions

端子の次元 (継承は -1)

{'-1'}

   TriggerSignalSampleTime

信号のサンプル時間のトリガー

{'-1'}

   OutMin

最小値

{'[]'}

   OutMax

最大値

{'[]'}

   OutDataTypeStr

データ型

{'Inherit: auto'} | 'double' | 'single' | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'int64' | 'uint64' | 'boolean' | 'fixdt(1,16,0)' | 'fixdt(1,16,2^0,0)' | 'Enum: <class name>'

   Interpolate

データを内挿する

'off' | {'on'}

Triggered Subsystem (SubSystem)

   ShowPortLabels

端子ラベルを表示

メモ

'off''on' は、下位互換性のためにのみ存在します。新しいモデルや既存のモデルの更新時には使用しないでください。

'none' | {'FromPortIcon'} | 'FromPortBlockName' | 'SignalName' | 'off' | 'on'

   BlockChoice

ブロックの選択

{''}

   TemplateBlock

テンプレート ブロック

{''}

   MemberBlocks

メンバー ブロック

{''}

   Permissions

読み取り/書き込み権限

{'ReadWrite'} | 'ReadOnly' | 'NoReadOrWrite'

   ErrorFcn

エラー コールバック関数名

{''}

   PermitHierarchical
  Resolution

階層の関連付けを許可

{'All'} | 'ExplicitOnly' | 'None'

   TreatAsAtomicUnit

Atomic サブシステムとして扱う

'off' | {'on'}

   MinAlgLoopOccurrences

代数ループの発生の最小化

{'off'} | 'on'

   PropExecContext
   OutsideSubsystem

サブシステムの境界全体に実行コンテキストの伝播

{'off'} | 'on'

   CheckFcnCallInp
   InsideContextMsg

関数呼び出し入力がコンテキスト特有の場合は警告

{'off'} | 'on'

   SystemSampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'-1'}

   RTWSystemCode

コード生成関数のパッケージ化

{'Auto'} | 'Inline' | 'Nonreusable function' | 'Reusable function'

   RTWFcnNameOpts

コード生成関数名のオプション

{'Auto'} | 'Use subsystem name' | 'User specified'

   RTWFcnName

コード生成関数名

{''}

   RTWFileNameOpts

コード生成ファイル名のオプション

{'Auto'} | 'Use subsystem name' | 'Use function name' | 'User specified'

   RTWFileName

コード生成ファイル名 (拡張子なし)

{''}

   DataTypeOverride

ダイアログ ボックスのプロンプトなし

固定小数点データ型をオーバーライドするために使用されるデータ型を指定します。固定小数点ツールの [データ型オーバーライド] で設定します。

{'UseLocalSettings'} | 'ScaledDouble' | 'Double' | 'Single' | 'Off'

   MinMaxOverflowLogging

ダイアログ ボックスのプロンプトなし

固定小数点の計測の設定。固定小数点ツールの [固定小数点の計測機能モード] で設定します。

{'UseLocalSettings'} | 'MinMaxAndOverflow' | 'OverflowOnly' | 'ForceOff'

   IsSubsystemVirtual

 

boolean — {'off'} | 'on'

読み取り専用

Unit Conversion

   OutDataTypeStr

出力データ型

{'Inherit via internal rule'} | 'Inherit via back propagation'

Unit System Configuration

   AllowAllUnitSystems

単位系を許可または制限する。

boolean — {'on'} | 'off'

   UnitSystems

許可された単位系を表示します。

文字ベクトルの cell 配列 — {'SI','English',SI (extended)','CGS'}

While Iterator (WhileIterator)

   MaxIters

最大反復回数 (無制限の場合 -1)

{'5'}

   WhileBlockType

While ループ タイプ

{'while'} | 'do-while'

   ResetStates

開始時の状態

{'held'} | 'reset'

   ShowIterationPort

反復回数の端子を表示

{'off'} | 'on'

   OutputDataType

出力データ型

{'int32'} | 'int16' | 'int8' | 'double'

While Iterator Subsystem (SubSystem)

   ShowPortLabels

端子ラベルを表示

メモ

'off''on' は、下位互換性のためにのみ存在します。新しいモデルや既存のモデルの更新時には使用しないでください。

'none' | {'FromPortIcon'} | 'FromPortBlockName' | 'SignalName' | 'off' | 'on'

   BlockChoice

ブロックの選択

{''}

   TemplateBlock

テンプレート ブロック

{''}

   MemberBlocks

メンバー ブロック

{''}

   Permissions

読み取り/書き込み権限

{'ReadWrite'} | 'ReadOnly' | 'NoReadOrWrite'

   ErrorFcn

エラー コールバック関数名

{''}

   PermitHierarchical
   Resolution

階層の関連付けを許可

{'All'} | 'ExplicitOnly' | 'None'

   TreatAsAtomicUnit

Atomic サブシステムとして扱う

'off' | {'on'}

   MinAlgLoopOccurrences

代数ループの発生の最小化

{'off'} | 'on'

   PropExecContext
   OutsideSubsystem

サブシステムの境界全体に実行コンテキストの伝播

{'off'} | 'on'

   CheckFcnCallInp
   InsideContextMsg

関数呼び出し入力がコンテキスト特有の場合は警告

{'off'} | 'on'

   SystemSampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'-1'}

   RTWSystemCode

コード生成関数のパッケージ化

{'Auto'} | 'Inline' | 'Nonreusable function' | 'Reusable function'

   RTWFcnNameOpts

コード生成関数名のオプション

{'Auto'} | 'Use subsystem name' | 'User specified'

   RTWFcnName

コード生成関数名

{''}

   RTWFileNameOpts

コード生成ファイル名のオプション

{'Auto'} | 'Use subsystem name' | 'Use function name' | 'User specified'

   RTWFileName

コード生成ファイル名 (拡張子なし)

{''}

   DataTypeOverride

ダイアログ ボックスのプロンプトなし

固定小数点データ型をオーバーライドするために使用されるデータ型を指定します。固定小数点ツールの [データ型オーバーライド] で設定します。

{'UseLocalSettings'} | 'ScaledDouble' | 'Double' | 'Single' | 'Off'

   MinMaxOverflowLogging

ダイアログ ボックスのプロンプトなし

固定小数点の計測の設定。固定小数点ツールの [固定小数点の計測機能モード] で設定します。

{'UseLocalSettings'} | 'MinMaxAndOverflow' | 'OverflowOnly' | 'ForceOff'

   IsSubsystemVirtual

 

boolean — {'off'} | 'on'

読み取り専用

Signal Attributes ライブラリ ブロック パラメーター

ブロック (タイプ)/パラメーター

ダイアログ ボックス プロンプト

Bus to Vector (BusToVector)

Data Type Conversion (DataTypeConversion)

   OutMin

出力の最小値

{'[]'}

   OutMax

出力の最大値

{'[]'}

   OutDataTypeStr

出力データ型

{'Inherit: Inherit via back propagation'} | 'double' | 'single' | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'int64' | 'uint64' | 'boolean' | 'fixdt(1,16,0)' | 'fixdt(1,16,2^0,0)' | 'Enum: <class name>'

   LockScale

固定小数点ツールによる変更に対して出力データ型の設定をロックする

{'off'} | 'on'

   ConvertRealWorld

等価な値をもつ入力と出力

{'Real World Value (RWV)'} | 'Stored Integer (SI)'

   RndMeth

整数丸めモード

'Ceiling' | 'Convergent' | {'Floor'} | 'Nearest' | 'Round' | 'Simplest' | 'Zero'

   SaturateOnInteger
  Overflow

整数オーバーフローで飽和

{'off'} | 'on'

   SampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'-1'}

Data Type Conversion Inherited (Conversion Inherited) (masked subsystem)

   ConvertRealWorld

等価な値をもつ入力と出力

{'Real World Value'} | 'Stored Integer'

   RndMeth

整数丸めモード

'Ceiling' | 'Convergent' | {'Floor'} | 'Nearest' | 'Round' | 'Simplest' | 'Zero'

   DoSatur

オーバーフローの場合、最大値または最小値に飽和

{'off'} | 'on'

Data Type Duplicate (DataTypeDuplicate)

   NumInputPorts

入力端子の数

{'2'}

Data Type Propagation (Data Type Propagation) (マスク サブシステム)

   PropDataTypeMode

1. 伝播データ型

'Specify via dialog' | {'Inherit via propagation rule'}

   PropDataType

1.1.伝播データ型 (たとえば、fixdt(1,16)fixdt('single'))

{'fixdt(1,16)'}

   IfRefDouble

1.1.参照入力が double の場合の出力

{'double'} | 'single'

   IfRefSingle

1.2.参照入力が single の場合の出力

'double' | {'single'}

   IsSigned

1.3.符号付き

'IsSigned1' | 'IsSigned2' | {'IsSigned1 or IsSigned2'} | 'TRUE' | 'FALSE'

   NumBitsBase

1.4.1.ビット数: ベース

'NumBits1' | 'NumBits2' | {'max([NumBits1 NumBits2])'} | 'min([NumBits1 NumBits2])' | 'NumBits1+NumBits2'

   NumBitsMult

1.4.2.ビット数: 乗法調整

{'1'}

   NumBitsAdd

1.4.3.ビット数: 加法調整

{'0'}

   NumBitsAllowFinal

1.4.4.ビット数: 許容可能な最終値

{'1:128'}

   PropScalingMode

2. 伝播スケーリング

'Specify via dialog' | {'Inherit via propagation rule'} | 'Obtain via best precision'

   PropScaling

2.1.伝播スケーリング: Slope or [Slope Bias] ex.2^-9

{'2^-10'}

   ValuesUsedBestPrec

2.1.最高精度のスケーリングの決定に使用される値

{'[5 -7]'}

   SlopeBase

2.1.1.勾配: ベース

'Slope1' | 'Slope2' | 'max([Slope1 Slope2])' | {'min([Slope1 Slope2])'} | 'Slope1*Slope2' | 'Slope1/Slope2' | 'PosRange1' | 'PosRange2' | 'max([PosRange1 PosRange2])' | 'min([PosRange1 PosRange2])' | 'PosRange1*PosRange2' | 'PosRange1/PosRange2'

   SlopeMult

2.1.2.勾配: 乗法調整

{'1'}

   SlopeAdd

2.1.3.勾配: 加法調整

{'0'}

   BiasBase

2.2.1.バイアス: ベース

{'Bias1'} | 'Bias2' | 'max([Bias1 Bias2])' | 'min([Bias1 Bias2])' | 'Bias1*Bias2' | 'Bias1/Bias2' | 'Bias1+Bias2' | 'Bias1-Bias2'

   BiasMult

2.2.2.バイアス: 乗法調整

{'1'}

   BiasAdd

2.2.3.バイアス: 加法調整

{'0'}

Data Type Scaling Strip (Scaling Strip) (masked subsystem)

IC (InitialCondition)

   Value

初期値

{'1'}

   SampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'-1'}

Probe (Probe)

   ProbeWidth

幅の調査

'off' | {'on'}

   ProbeSampleTime

サンプル時間の調査

'off' | {'on'}

   ProbeComplexSignal

複素信号の検出

'off' | {'on'}

   ProbeSignalDimensions

信号の次元の調査

'off' | {'on'}

   ProbeFramedSignal

フレーム信号の検出

'off' | {'on'}

   ProbeWidthDataType

幅に対するデータ型

{'double'} | 'single' | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'Same as input'

   ProbeSampleTimeDataType

サンプル時間のデータ型

{'double'} | 'single' | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'Same as input'

   ProbeComplexityDataType

信号の実数/複素数に対するデータ型

{'double'} | 'single' | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'boolean' | 'Same as input'

   ProbeDimensionsDataType

信号の次元のデータ型

{'double'} | 'single' | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'Same as input'

   ProbeFrameDataType

信号のフレームのデータ型

{'double'} | 'single' | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'boolean' | 'Same as input'

Rate Transition (RateTransition)

   Integrity

データ転送中の整合性を確保

'off' | {'on'}

   Deterministic

確定的にデータ転送を確保 (最大遅延)

'off' | {'on'}

   InitialCondition

初期条件

{'0'}

   OutPortSampleTimeOpt

出力端子のサンプル時間オプション

{'Specify'} | 'Inherit' | 'Multiple of input port sample time'

   OutPortSampleTimeMultiple

サンプル時間の倍数 (>0)

{'1'}

   OutPortSampleTime

出力端子のサンプル時間

{'-1'}

Signal Conversion (SignalConversion)

   ConversionOutput

出力

{'Signal copy'} | 'Virtual bus' | 'Nonvirtual bus'

   OutDataTypeStr

データ型

{'Inherit: auto'} | 'Bus: <object name>'

   OverrideOpt

'ブロック削減' の最適化からこのブロックを排除する

{'off'} | 'on'

Signal Specification (SignalSpecification)

   Dimensions

次元 (継承は -1)

{'-1'}

   VarSizeSig

可変サイズの信号

{'Inherit'} | 'No' | 'Yes'

   SampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'-1'}

   OutMin

最小値

{'[]'}

   OutMax

最大値

{'[]'}

   OutDataTypeStr

データ型

{'Inherit: auto'} | 'double' | 'single' | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'int64' | 'uint64' | 'boolean' | 'fixdt(1,16,0)' | 'fixdt(1,16,2^0,0)' | 'Enum: <class name>' | 'Bus: <object name>'

   BusOutputAsStruct

非バーチャル バスの必要条件

{'off'} | 'on'

   Unit

ブロックに対する入力信号の物理単位を指定します。許容される単位のリストについては、「Allowed Units」を参照してください。

{'inherit'}| '<Enter unit>'

   UnitNoProp

伝播なしのブロックに対する入力信号の物理単位を指定します。許容される単位のリストについては、「Allowed Units」を参照してください。

'<Enter unit>'

   LockScale

固定小数点ツールによる変更に対して出力データ型の設定をロックする

{'off'} | 'on'

   SignalType

信号タイプ

{'auto'} | 'real' | 'complex'

Weighted Sample Time (SampleTimeMath)

   TsampMathOp

演算

'+' | '-' | '*' | '/' | {'Ts Only'} | '1/Ts Only'

   weightValue

重みの値

{'1.0'}

   TsampMathImp

実装に使用

{'Online Calculations'} | 'Offline Scaling Adjustment'

   OutDataTypeStr

出力データ型

{'Inherit via internal rule'} | 'Inherit via back propagation'

   RndMeth

整数丸めモード

'Ceiling' | 'Convergent' | {'Floor'} | 'Nearest' | 'Round' | 'Simplest' | 'Zero'

   SaturateOnInteger
  Overflow

整数オーバーフローで飽和

{'off'} | 'on'

   OutputDataTypeScaling
   Mode

R2009b で廃止

 

   DoSatur

R2009b で廃止

 

Width (Width)

   OutputDataTypeScaling
   Mode

出力データ型モード

{'Choose intrinsic data type'} | 'Inherit via back propagation' | 'All ports same datatype'

   DataType

出力データ型

{'double'} | 'single' | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32'

Signal Routing ライブラリ ブロック パラメーター

ブロック (タイプ)/パラメーターダイアログ ボックス プロンプト

Bus Assignment (BusAssignment)

   AssignedSignals

割り当てられる信号

{''}

   InputSignals

バス内信号

行列 — {'{}'}

Bus Creator (BusCreator)

   InheritFromInputs

入力のバス信号名をオーバーライド

{'on'} | 'off'

'on' に設定されている場合は、入力のバス信号名をオーバーライドします。それ以外の場合は、バス オブジェクトのバス信号名を継承します。

   Inputs

入力数

{'2'}

   DisplayOption

 

'none' | 'signals' | {'bar'}

   NonVirtualBus

非バーチャル バスとして出力

{'off'} | 'on'

   OutDataTypeStr

データ型

{'Inherit: auto'} | 'double' | 'single' | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'int64' | 'uint64' | 'boolean' | 'fixdt(1,16,0)' | 'fixdt(1,16,2^0,0)' | 'Enum: <class name>' | 'Bus: <object name>'

Bus Selector (BusSelector)

   OutputSignals

選択された信号

文字ベクトル — 'signal1,signal2' 形式

   OutputAsBus

バスとして出力

{'off'} | 'on'

   InputSignals

バス内信号

行列 — {'{}'}

Data Store Memory (DataStoreMemory)

   DataStoreName

データ ストア名

{'A'}

   ReadBeforeWriteMsg

書き込み前の読み取りを検出

'none' | {'warning'} | 'error'

   WriteAfterWriteMsg

書き込み後の書き込みを検出

'none' | {'warning'} | 'error'

   WriteAfterReadMsg

読み取り後の書き込みを検出

'none' | {'warning'} | 'error'

   InitialValue

初期値

{'0'}

   StateMustResolveTo
   SignalObject

データ ストア名は Simulink の信号オブジェクトでなければなりません

{'off'} | 'on'

   DataLogging

信号データのログ

'off' | {'on'}

   DataLoggingNameMode

ログ名

{'SignalName'} | 'Custom'

   DataLoggingName

ログ名

{''}

   DataLoggingLimit
   DataPoints

データ点の制限

'off' | {'on'}

   DataLoggingMaxPoints

データ点の制限

非ゼロの整数 {5000}

   DataLoggingDecimateData

間引き

'off' | {'on'}

   DataLoggingLimit
   DataPoints

間引き

非ゼロの整数 {2}

   StateStorageClass

ストレージ クラス

{'Auto'} | 'Model default' | 'ExportedGlobal' | 'ImportedExtern' | 'ImportedExternPointer' | 'Custom'

   StateSignalObject

信号オブジェクト クラス

ストレージ クラス

Simulink.Signal オブジェクト

Simulink.Signal から派生したクラスのオブジェクト

   RTWStateStorageType
   Qualifier

コード生成型修飾子

{''}

   VectorParams1D

ベクトル パラメーターを 1 次元として解釈

'off' | {'on'}

   ShowAdditionalParam

追加のパラメーターを表示

{'off'} | 'on'

   OutMin

最小値

{'[]'}

   OutMax

最大値

{'[]'}

   OutDataTypeStr

データ型

{'Inherit: auto'} | 'double' | 'single' | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'boolean' | 'fixdt(1,16,0)' | 'fixdt(1,16,2^0,0)' | 'Enum: <class name>'

   LockScale

固定小数点ツールによる変更に対して出力データ型の設定をロックする

{'off'} | 'on'

   SignalType

信号タイプ

{'auto'} | 'real' | 'complex'

Data Store Read (DataStoreRead)

DataStoreElementsブロック ダイアログ ボックスの [要素の選択] タブにあるパラメーターに対応します。コマンド ラインを使用した指定を参照してください。 

   DataStoreName

データ ストア名

{'A'}

   SampleTime

サンプル時間

{'0'}

Data Store Write (DataStoreWrite)

DataStoreElementsブロック ダイアログ ボックスの [要素の代入] タブにあるパラメーターに対応します。コマンド ラインを使用した指定を参照してください。 

   DataStoreName

データ ストア名

{'A'}

   SampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'-1'}

Demux (Demux)

   Outputs

出力数

{'2'}

   DisplayOption

表示オプション

'none' | {'bar'}

   BusSelectionMode

バス選択モード

{'off'} | 'on'

Environment Controller (Environment Controller) (マスク サブシステム)

From (From)

   GotoTag

Goto タグ

{'A'}

   IconDisplay

アイコン表示

'Signal name' | {'Tag'} | 'Tag and signal name'

Goto (Goto)

   GotoTag

Goto タグ

{'A'}

   IconDisplay

アイコン表示

'Signal name' | {'Tag'} | 'Tag and signal name'

   TagVisibility

タグの可視性

{'local'} | 'scoped' | 'global'

Goto Tag Visibility (GotoTagVisibility)

   GotoTag

Goto タグ

{'A'}

Index Vector (MultiPortSwitch)

   DataPortOrder

データ端子の順序

{'Zero-based contiguous'} | 'One-based contiguous' | 'Specify indices'

   Inputs

データ端子数

{'1'}

   zeroidx

R2010a で廃止

 

   SampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'-1'}

   InputSameDT

すべてのデータ端子入力が同じデータ型をもつ

{'off'} | 'on'

   OutMin

出力の最小値

{'[]'}

   OutMax

出力の最大値

{'[]'}

   OutDataTypeStr

出力データ型

{'Inherit: Inherit via internal rule'} | 'Inherit: Inherit via back propagation' | 'double' | 'single' | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'fixdt(1,16,0)' | 'fixdt(1,16,2^0,0)'

   LockScale

固定小数点ツールによる変更に対して出力データ型の設定をロックする

{'off'} | 'on'

   RndMeth

整数丸めモード

'Ceiling' | 'Convergent' | {'Floor'} | 'Nearest' | 'Round' | 'Simplest' | 'Zero'

   SaturateOnInteger
   Overflow

整数オーバーフローで飽和

{'off'} | 'on'

   AllowDiffInputSizes

異なるデータ入力サイズを許可する (可変サイズの出力信号となる)

{'off'} | 'on'

Manual Switch (Manual Switch) (マスク サブシステム)

   varsize

異なる入力サイズを許可する (可変サイズの出力信号となる)

{'off'} | 'on'

   SampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'-1'}

Merge (Merge)

   Inputs

入力数

{'2'}

   InitialOutput

初期出力

{'[]'}

   AllowUnequalInput
   PortWidths

異なる端子幅を許可

{'off'} | 'on'

   InputPortOffsets

入力端子オフセット

{'[]'}

Multiport Switch (MultiPortSwitch)

   DataPortOrder

データ端子の順序

'Zero-based contiguous' | {'One-based contiguous'} | 'Specify indices'

   Inputs

データ端子数

{'3'}

   zeroidx

R2010a で廃止

 

   DataPortIndices

データ端子インデックス

{'{1,2,3}'}

   DataPortForDefault

default ケースのデータ端子

{'Last data port'} | 'Additional data port'

   DiagnosticForDefault

default ケースの診断

'None' | 'Warning' | {'Error'}

   SampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'-1'}

   InputSameDT

すべてのデータ端子入力が同じデータ型をもつ

{'off'} | 'on'

   OutMin

出力の最小値

{'[]'}

   OutMax

出力の最大値

{'[]'}

   OutDataTypeStr

出力データ型

{'Inherit: Inherit via internal rule'} | 'Inherit: Inherit via back propagation' | 'double' | 'single' | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'int64' | 'uint64' | 'fixdt(1,16,0)' | 'fixdt(1,16,2^0,0)'

   LockScale

固定小数点ツールによる変更に対して出力データ型の設定をロックする

{'off'} | 'on'

   RndMeth

整数丸めモード

'Ceiling' | 'Convergent' | {'Floor'} | 'Nearest' | 'Round' | 'Simplest' | 'Zero'

   SaturateOnInteger
   Overflow

整数オーバーフローで飽和

{'off'} | 'on'

   AllowDiffInputSizes

異なるデータ入力サイズを許可する (可変サイズの出力信号となる)

{'off'} | 'on'

Mux (Mux)

   Inputs

入力数

{'2'}

   DisplayOption

表示オプション

'none' | 'signals' | {'bar'}

   UseBusObject

内部で使用。

 

   BusObject

内部で使用。

 

   NonVirtualBus

内部で使用。

 

Selector (Selector)

   NumberOfDimensions

入力の次元数

{'1'}

   IndexMode

インデックス モード

'Zero-based' | {'One-based'}

   IndexOptionArray

インデックス オプション

'Select all' | {'Index vector (dialog)'} | 'Index vector (port)' | 'Starting index (dialog)' | 'Starting index (port)'

   IndexParamArray

インデックス

cell 配列

   OutputSizeArray

出力サイズ

cell 配列

   InputPortWidth

入力の端子サイズ

{'1'}

   SampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'-1'}

   IndexOptions

詳細については、IndexOptionArray パラメーターを参照してください。

 

   Indices

詳細については、IndexParamArray パラメーターを参照してください。

 

   OutputSizes

詳細については、IndexParamArray パラメーターを参照してください。

 

Switch (Switch)

   Criteria

1 番目の入力が通過する条件

{'u2 >= Threshold'} | 'u2 > Threshold' | 'u2 ~= 0'

   Threshold

しきい値

{'0'}

   ZeroCross

ゼロクロッシング検出を有効にする

'off' | {'on'}

   SampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'-1'}

   InputSameDT

すべてのデータ端子入力が同じデータ型をもつ

{'off'} | 'on'

   OutMin

出力の最小値

{'[]'}

   OutMax

出力の最大値

{'[]'}

   OutDataTypeStr

出力データ型

{'Inherit: Inherit via internal rule'} | 'Inherit: Inherit via back propagation' | 'double' | 'single' | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'int64' | 'uint64' | 'fixdt(1,16,0)' | 'fixdt(1,16,2^0,0)' | 'Enum: <class name>'

   LockScale

固定小数点ツールによる変更に対して出力データ型の設定をロックする

{'off'} | 'on'

   RndMeth

整数丸めモード

'Ceiling' | 'Convergent' | {'Floor'} | 'Nearest' | 'Round' | 'Simplest' | 'Zero'

   SaturateOnInteger
   Overflow

整数オーバーフローで飽和

{'off'} | 'on'

   AllowDiffInputSizes

異なる入力サイズを許可する (可変サイズの出力信号となる)

{'off'} | 'on'

Variant Source (VariantSource)

   VariantControls

バリアント制御

{'Variant'} | '(default)'

   LabelModeActiveChoice

ラベル モードのアクティブな選択肢

{''}

   AllowZeroVariantControls

ゼロ アクティブ バリアント制御を許可

{'off'} | 'on'

   ShowConditionOnBlock

ブロックのバリアント条件を表示

{'off'} | 'on'

   GeneratePreprocessorConditionals

ブロック線図の更新中にすべての選択肢を解析し、プリプロセッサの条件を生成する

{'off'} | 'on'

   CompiledActiveVariantControl

 

string — {''}

アクティブなバリアントが存在しない場合、値は空の文字列になります。それ以外は、アクティブなバリアントの名前です。このプロパティを照会する前に、モデルをコンパイルします。

   CompiledActiveVariantPort

 

string — {'-1'}

アクティブなバリアントが存在しない場合、値は -1 になります。それ以外は、アクティブなバリアントのインデックスです。このプロパティを照会する前に、モデルをコンパイルします。

Variant Sink (VariantSink)

   VariantControls

バリアント制御

{'Variant'} | '(default)'

   LabelModeActiveChoice

ラベル モードのアクティブな選択肢

{''}

   AllowZeroVariantControls

ゼロ アクティブ バリアント制御を許可

{'off'} | 'on'

   ShowConditionOnBlock

ブロックのバリアント条件を表示

{'off'} | 'on'

   GeneratePreprocessorConditionals

ブロック線図の更新中にすべての選択肢を解析し、プリプロセッサの条件を生成する

{'off'} | 'on'

   CompiledActiveVariantControl

 

string — {''}

アクティブなバリアントが存在しない場合、値は空の文字列になります。それ以外は、アクティブなバリアントの名前です。このプロパティを照会する前に、モデルをコンパイルします。

   CompiledActiveVariantPort

 

string — {'-1'}

アクティブなバリアントが存在しない場合、値は -1 になります。それ以外は、アクティブなバリアントのインデックスです。このプロパティを照会する前に、モデルをコンパイルします。

Vector Concatenate (Concatenate)

   NumInputs

入力数

{'2'}

   Mode

モード

{'Vector'} | 'Multidimensional array'

Sinks ライブラリ ブロック パラメーター

ブロック (タイプ)/パラメーターダイアログ ボックス プロンプト

Display (Display)

   Numeric display format

形式

{'short'} | 'long' | 'short_e' | 'long_e' | 'bank' | 'hex (Stored Integer)' | 'binary (Stored Integer)' | 'decimal (Stored Integer)' | 'octal (Stored Integer)'

   Decimation

間引き

{'1'}

   Floating

フローティング表示

{'off'} | 'on'

   SampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'-1'}

Floating Scope (Scope)

   Floating

 

'off' | {'on'}

   Location

 

ベクトル — {'[376 294 700 533]'}

   Open

 

{'off'} | 'on'

   NumInputPorts

 

このパラメーターをコマンド ラインから変更しないでください。入力を追加するには、信号セレクター ボタン を使用してください。

   TickLabels

 

'on' | 'off' | {'OneTimeTick'}

   ZoomMode

 

{'on'} | 'xonly' | 'yonly'

   AxesTitles

 

文字ベクトル

   Grid

 

'off' | {'on'} | 'xonly' | 'yonly'

   TimeRange

 

{'auto'}

   YMin

 

{'-5'}

   YMax

 

{'5'}

   SaveToWorkspace

 

{'off'} | 'on'

   SaveName

 

{'ScopeData'}

   DataFormat

 

{'StructureWithTime'} | 'Structure' | 'Array'

   LimitDataPoints

 

'off' | {'on'}

   MaxDataPoints

 

{'5000'}

   Decimation

 

{'1'}

   SampleInput

 

{'off'} | 'on'

   SampleTime

 

{'0'}

Out1 (Outport)

   端子

端子番号

{'1'}

   IconDisplay

アイコン表示

'Signal name' | {'Port number'} | 'Port number and signal name'

   BusOutputAsStruct

親モデル内の非バーチャル バスとして出力

{'off'} | 'on'

   PortDimensions

端子の次元 (継承は -1)

{'-1'}

   VarSizeSig

可変サイズの信号

{'Inherit'} | 'No' | 'Yes'

   SampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'-1'}

   OutMin

最小値

{'[]'}

   OutMax

最大値

{'[]'}

   OutDataTypeStr

データ型

{'Inherit: auto'} | 'double' | 'single' | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'int64' | 'uint64' | 'boolean' | 'fixdt(1,16,0)' | 'fixdt(1,16,2^0,0)' | 'Enum: <class name>' | 'Bus: <object name>'

   LockScale

固定小数点ツールによる変更に対して出力データ型の設定をロックする

{'off'} | 'on'

   SignalObject

このパラメーターはブロックのダイアログ ボックスには表示されません。代わりにモデル データ エディターを使用します。Inport ブロックと Outport ブロックの設定によるデータ インターフェイスの設計 (Simulink Coder)を参照してください。

Simulink.Signal オブジェクト

Simulink.Signal から派生したクラスのオブジェクト

   StorageClass

このパラメーターはブロックのダイアログ ボックスには表示されません。代わりにモデル データ エディターを使用します。Inport ブロックと Outport ブロックの設定によるデータ インターフェイスの設計 (Simulink Coder)を参照してください。

{'Auto'} | 'Model default' | 'ExportedGlobal' | 'ImportedExtern' | 'ImportedExternPointer' | 'Custom'

   SignalName

信号名

文字ベクトル

   SignalType

信号タイプ

{'auto'} | 'real' | 'complex'

   OutputWhenDisabled

ディセーブル時の出力

{'held'} | 'reset'

   InitialOutput

初期出力

{'[]'}

   MustResolveToSignalObject

このパラメーターはブロックのダイアログ ボックスには表示されません。代わりにモデル データ エディターを使用します。信号の場合を参照してください。

{'off'} | 'on'

Scope (Scope)

   Floating

 

{'off'} | 'on'

   場所

 

ベクトル — {'[188 390 512 629]'}

   Open

 

{'off'} | 'on'

   NumInputPorts

 このパラメーターを set_param コマンドで変更しないでください。代わりに、TimeScopeConfiguration オブジェクトまたは Scope ブロックの [入力端子の数] パラメーターを使用してください。

   TickLabels

 

'on' | 'off' | {'OneTimeTick'}

   ZoomMode

 

{'on'} | 'xonly' | 'yonly'

   AxesTitles

 

文字ベクトル

   Grid

 

'off' | {'on'} | 'xonly' | 'yonly'

   TimeRange

 

{'auto'}

   YMin

 

{'-5'}

   YMax

 

{'5'}

   SaveToWorkspace

 

{'off'} | 'on'

   SaveName

 

{'ScopeData1'}

   DataFormat

 

{'StructureWithTime'} | 'Structure' | 'Array'

   LimitDataPoints

 

'off' | {'on'}

   MaxDataPoints

 

{'5000'}

   Decimation

 

{'1'}

   SampleInput

 

{'off'} | 'on'

   SampleTime

 

{'0'}

Stop Simulation

Terminator

To File (ToFile)

   FileName

ファイル名

{'untitled.mat'}

   MatrixName

変数名

{'ans'}

   SaveFormat

保存形式

{'Timeseries'} | 'Array'

   Decimation

間引き

{'1'}

   SampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'-1'}

To Workspace (ToWorkspace)

   VariableName

変数名

{'simout'}

   MaxDataPoints

データ点の制限

{'inf'}

   Decimation

間引き

{'1'}

   SampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'-1'}

   SaveFormat

保存形式

{'Timeseries'} | 'Structure With Time' | 'Structure' | 'Array'

   FixptAsFi

fi オブジェクトとして固定小数点データのログを記録する

{'off'} | 'on'

XY Graph (XY scope) (masked subsystem)

   xmin

x 最小値

{'-1'}

   xmax

x 最大値

{'1'}

   ymin

y 最小値

{'-1'}

   ymax

y 最大値

{'1'}

   st

サンプル時間

{'-1'}

Sources ライブラリ ブロック パラメーター

ブロック (タイプ)/パラメーター

ダイアログ ボックス プロンプト

Band-Limited White Noise (Band-Limited White Noise) (マスク サブシステム)

   Cov

ノイズ パワー

{'[0.1]'}

   Ts

サンプル時間

{'0.1'}

   seed

シード

{'[23341]'}

   VectorParams1D

ベクトル パラメーターを 1 次元として解釈

'off' | {'on'}

Chirp Signal (chirp) (masked subsystem)

   f1

初期周波数

{'0.1'}

   T

ターゲット時間

{'100'}

   f2

ターゲット時間の周波数

{'1'}

   VectorParams1D

ベクトル パラメーターを 1 次元として解釈

'off' | {'on'}

Clock (Clock)

   DisplayTime

時間を表示

{'off'} | 'on'

   Decimation

間引き

{'10'}

Constant (Constant)

   Value

定数値

{'1'}

   VectorParams1D

ベクトル パラメーターを 1 次元として解釈

'off' | {'on'}

   SampleTime

サンプル時間

{'Sample based'} | 'Frame based'

   OutMin

出力の最小値

{'[]'}

   OutMax

出力の最大値

{'[]'}

   OutDataTypeStr

出力データ型

{'Inherit: Inherit from 'Constant value''} | 'Inherit: Inherit via back propagation' | 'double' | 'single' | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'int64' | 'uint64' | 'boolean' | 'fixdt(1,16)' | 'fixdt(1,16,0)' | 'fixdt(1,16,2^0,0)' | 'Enum: <class name>'

   LockScale

固定小数点ツールによる変更に対して出力データ型の設定をロックする

{'off'} | 'on'

   SampleTime

サンプル時間

{'inf'}

   FramePeriod

フレーム周期

{'inf'}

Counter Free-Running (Counter Free-Running) (マスク サブシステム)

   NumBits

ビット数

{'16'}

   tsamp

サンプル時間

{'-1'}

Counter Limited (Counter Limited) (マスク サブシステム)

   uplimit

上限

{'7'}

   tsamp

サンプル時間

{'-1'}

Digital Clock (DigitalClock)

   SampleTime

サンプル時間

{'1'}

Enumerated Constant (EnumeratedConstant)

   OutDataTypeStr

出力データ型

{'Enum: SlDemoSign'}

   Value

{'SlDemoSign.Positive'} | 'SlDemoSign.Zero' | 'SlDemoSign.Negative'

   SampleTime

サンプル時間

{'inf'}

From File (FromFile)

   FileName

ファイル名

{'untitled.mat'}

   ExtrapolationBeforeFirstDataPoint

最初のデータ点前のデータ外挿

{'Linear extrapolation'} | 'Hold first value' | 'Ground value'

   InterpolationWithinTimeRange

時間範囲内のデータ内挿

{'Linear interpolation'} | 'Zero order hold'

   ExtrapolationAfterLastDataPoint

最後のデータ点後のデータ外挿

{'Linear extrapolation'} | 'Hold last value' | 'Ground value'

   SampleTime

サンプル時間

{'0'}

From Workspace (FromWorkspace)

   VariableName

データ

{'simin'}

   OutDataTypeStr

出力データ型

{'Inherit: auto'} | 'double' | 'single' | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'int64' | 'uint64' | 'boolean' | 'fixdt(1,16,0)' | 'fixdt(1,16,2^0,0)' | 'Enum: <class name>' | 'Bus: <object name>'

   SampleTime

サンプル時間

{'0'}

   Interpolate

データを内挿する

'off' | {'on'}

   ZeroCross

ゼロクロッシング検出を有効にする

'off' | {'on'}

   OutputAfterFinalValue

最後のデータ後の出力フォーム

{'Extrapolation'} | 'Setting to zero' | 'Holding final value' | 'Cyclic repetition'

Ground

In1 (Inport)

   Port

端子番号

{'1'}

   IconDisplay

アイコン表示

'Signal name' | {'Port number'} | 'Port number and signal name'

   BusOutputAsStruct

非バーチャル バスとして出力

{'off'} | 'on'

   PortDimensions

端子の次元 (継承は -1)

{'-1'}

   VarSizeSig

可変サイズの信号

{'Inherit'} | 'No' | 'Yes'

   SampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'-1'}

   OutMin

最小値

{'[]'}

   OutMax

最大値

{'[]'}

   OutDataTypeStr

データ型

{'Inherit: auto'} | 'double' | 'single' | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'int64' | 'uint64' | 'boolean' | 'fixdt(1,16,0)' | 'fixdt(1,16,2^0,0)' | 'Enum: <class name>' | 'Bus: <object name>'

   LockScale

固定小数点ツールによる変更に対して出力データ型の設定をロックする

{'off'} | 'on'

   Unit

ブロックに対する入力信号の物理単位を指定します。許容される単位のリストについては、「Allowed Units」を参照してください。

{'inherit'}| '<Enter unit>'

   UnitNoProp

伝播なしのブロックに対する入力信号の物理単位を指定します。許容される単位のリストについては、「Allowed Units」を参照してください。

'<Enter unit>'

   SignalType

信号タイプ

{'auto'} | 'real' | 'complex'

   LatchByDelaying
   OutsideSignal

外部信号を遅延して入力をラッチ

{'off'} | 'on'

   LatchInputFor
   FeedbackSignals

Function-Call Subsystem 出力のフィードバック信号の入力をラッチする

{'off'} | 'on'

   OutputFunctionCall
 

関数呼び出しのトリガー信号を出力

{'off'} | 'on'

   Interpolate

データを内挿する

'off' | {'on'}

Pulse Generator (DiscretePulseGenerator)

   PulseType

パルス タイプ

{'Time based'} | 'Sample based'

   TimeSource

時間 (t)

{'Use simulation time'} | 'Use external signal'

   Amplitude

振幅

{'1'}

   Period

周期

{'10'}

   PulseWidth

パルス幅

{'5'}

   PhaseDelay

位相遅延

{'0'}

   SampleTime

サンプル時間

{'1'}

   VectorParams1D

ベクトル パラメーターを 1 次元として解釈

'off' | {'on'}

Ramp (Ramp) (masked subsystem)

   slope

勾配

{'1'}

   start

開始時間

{'0'}

   InitialOutput

初期出力

{'0'}

   VectorParams1D

ベクトル パラメーターを 1 次元として解釈

'off' | {'on'}

Random Number (RandomNumber)

   Mean

平均

{'0'}

   Variance

分散

{'1'}

   Seed

シード

{'0'}

   SampleTime

サンプル時間

{'0.1'}

   VectorParams1D

ベクトル パラメーターを 1 次元として解釈

'off' | {'on'}

Repeating Sequence (Repeating table) (マスク サブシステム)

   rep_seq_t

時間値

{'[0 2]'}

   rep_seq_y

出力値

{'[0 2]'}

Repeating Sequence Interpolated (Repeating Sequence Interpolated) (masked subsystem)

   OutValues

出力値のベクトル

{'[3 1 4 2 1].''}

   TimeValues

時間値のベクトル

{'[0 0.1 0.5 0.6 1].''}

   LookUpMeth

ルックアップ手法

{'Interpolation-Use End Values'} | 'Use Input Nearest' | 'Use Input Below' | 'Use Input Above'

   tsamp

サンプル時間

{'0.01'}

   OutMin

出力の最小値

{'[]'}

   OutMax

出力の最大値

{'[]'}

   OutDataTypeStr

出力データ型

'Inherit: Inherit via back propagation' | {'double'} | 'single' | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'int64' | 'uint64' | 'fixdt(1,16,0)' | 'fixdt(1,16,2^0,0)'

   OutputDataTypeScaling
   Mode

R2007b で廃止

 

   OutDataType

R2007b で廃止

 

   OutScaling

R2007b で廃止

 

   LockScale

固定小数点ツールによる変更に対して出力データ型の設定をロックする

{'off'} | 'on'

Repeating Sequence Stair (Repeating Sequence Stair) (masked subsystem)

   OutValues

出力値のベクトル

{'[3 1 4 2 1].''}

   tsamp

サンプル時間

{'-1'}

   OutMin

出力の最小値

{'[]'}

   OutMax

出力の最大値

{'[]'}

   OutDataTypeStr

出力データ型

'Inherit: Inherit via back propagation' | {'double'} | 'single' | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'int64' | 'uint64' | 'boolean' | 'fixdt(1,16)' | 'fixdt(1,16,0)' | 'fixdt(1,16,2^0,0)' | 'Enum: <class name>'

   OutputDataTypeScaling
   Mode

R2007b で廃止

 

   OutDataType

R2007b で廃止

 

   ConRadixGroup

R2007b で廃止

 

   OutScaling

R2007b で廃止

 

   LockScale

固定小数点ツールによる変更に対して出力データ型の設定をロックする

{'off'} | 'on'

Signal Builder (Sigbuilder block) (マスク サブシステム)

信号エディター (SignalEditor)

   Filename

ファイル名

{'untitled.mat'}

   ActiveScenario

アクティブなシナリオ

{'Scenario'}

   ActiveSignal

信号

{'Signal 1'}

   IsBus

バス信号を出力

'on' | {'off'}

   OutputBusObjectStr

バス オブジェクトの選択

{'Bus: BusObject'}

   SampleTIme

サンプル時間

{'0'}

   Interpolate

データを内挿する

{'off'} | 'on'

   ZeroCross

ゼロクロッシング検出を有効にする

{'off'} | 'on'

   OutputAfterFinalValue

最後のデータ後の出力フォーム

{'Setting to zero'} | 'Extrapolation' | 'Holding final value'

   Unit

単位

{'inherit'}

   PreserveSignalName

boolean — {'off'} | 'on'

   NumberOfScenarios

読み取り専用。この値を取得するには get_param を使用します。

   NumberOfSignals

読み取り専用。この値を取得するには get_param を使用します。

Signal Generator (SignalGenerator)

   WaveForm

波形

{'sine'} | 'square' | 'sawtooth' | 'random'

   TimeSource

時間 (t)

{'Use simulation time'} | 'Use external signal'

   Amplitude

振幅

{'1'}

   Frequency

周波数

{'1'}

   Units

単位

'rad/sec' | {'Hertz'}

   VectorParams1D

ベクトル パラメーターを 1 次元として解釈

'off' | {'on'}

Sine Wave (Sin)

   SineType

正弦波タイプ

{'Time based'} | 'Sample based'

   TimeSource

時間

{'Use simulation time'} | 'Use external signal'

   Amplitude

振幅

{'1'}

   Bias

バイアス

{'0'}

   Frequency

周波数

{'1'}

   Phase

位相

{'0'}

   Samples

1 周期のサンプル数

{'10'}

   Offset

オフセット サンプル数

{'0'}

   SampleTime

サンプル時間

{'0'}

   VectorParams1D

ベクトル パラメーターを 1 次元として解釈

'off' | {'on'}

Step (Step)

   Time

ステップ時間

{'1'}

   Before

初期値

{'0'}

   After

最終値

{'1'}

   SampleTime

サンプル時間

{'0'}

   VectorParams1D

ベクトル パラメーターを 1 次元として解釈

'off' | {'on'}

   ZeroCross

ゼロクロッシング検出を有効にする

'off' | {'on'}

Uniform Random Number (UniformRandomNumber)

   Minimum

最小値

{'-1'}

   Maximum

最大値

{'1'}

   Seed

シード

{'0'}

   SampleTime

サンプル時間

{'0.1'}

   VectorParams1D

ベクトル パラメーターを 1 次元として解釈

'off' | {'on'}

波形発生器 (WaveformGenerator)

   OutMin

出力の最小値

{'[]'}

   OutMax

出力の最大値

{'[]'}

   OutDataTypeStr

出力データ型

'Inherit: Inherit via back propagation' | {'Inherit: Inherit from table data'} | 'double' | 'single' | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'int64' | 'uint64' | 'boolean' | 'fixdt(1,16)' | 'fixdt(1,16,0)' | 'fixdt(1,16,2^0,0)'

   LockScale

固定小数点ツールによる変更に対して出力データ型の設定をロックする

{'off'} | 'on'

   RndMeth

整数丸めモード

'Ceiling' | 'Convergent' | 'Floor' | {'Nearest'} | 'Round' | 'Simplest' | 'Zero'

   SaturateOnIntegerOverflow

整数オーバーフローで飽和

{'off'} | 'on'

   SelectedSignal

出力信号

{'1'}

   SampleTime

サンプル時間

{'0'}

String ライブラリ ブロック パラメーター

ブロック (タイプ)/パラメーター

ダイアログ ボックス プロンプト

Compose String (Compose String)

   Format

形式

スカラー

{""%d %f""}| ""%d"" | ""%i"" | ""%o"" | ""%x"" | ""%X"" | ""%f"" | ""%e"" | ""%E"" | ""%g"" | ""%G"" | ""%s"" | オプションの演算子とテキスト

   OutDataTypeStr

出力データ型

{"stringtype(255)"} | "stringtype(N)" | "string"

Scan String (Scan String)

   Format

形式

スカラー

{""%d %f""}| ""%d"" | ""%i"" | ""%o"" | ""%x"" | ""%X"" | ""%f"" | ""%e"" | ""%E"" | ""%g"" | ""%G"" | ""%s"" | オプションの演算子とテキスト

String Compare (String Compare)

   CaseSensitive

Case sensitivity for string compare

'off' | {'on'}

   CompareOption

比較する文字の量

{"Entire string"} | "First N characters"

   NumberOfCharacters

比較する文字数

{'1'} | スカラー

String Concatenate (String Concatenate)

   Inputs

入力数

{"2"}

   OutDataTypeStr

出力データ型

{"stringtype(128)"} | "stringtype(N)" | "string"

String Constant (String Constant)

   String

String

{"Hello!"} | スカラー

   OutDataTypeStr

出力データ型

{"stringtype(128)"} | "stringtype(N)" | "string"

String to ASCII (String to ASCII)

   OutputVectorSize

出力ベクトル サイズ

{"31"} | スカラー

String to Double (String to Double)

   Format

形式

スカラー

{""%d %f""}| ""%d"" | ""%i"" | ""%o"" | ""%x"" | ""%X"" | ""%f"" | ""%e"" | ""%E"" | ""%g"" | ""%G"" | ""%s"" | オプションの演算子とテキスト

String to Enum (String to Enum)

   OutDataTypeStr

出力データ型

{"Enum: SlDemoSign"} | <data type expression>

String to Single (String to Single)

   Format

形式

スカラー

{""%f""}| ""%d"" | ""%i"" | ""%o"" | ""%x"" | ""%X"" | ""%f"" | ""%e"" | ""%E"" | ""%g"" | ""%G"" | ""%s"" | オプションの演算子とテキスト

Substring (Substring)

   InheritMaximumLength

入力から最大長を継承

'off' | {'on'}

   OutDataTypeStr

出力データ型

{"stringtype(31)"} | "stringtype(N)" | "string"

   StringFromIdxToEnd

'idx' から末尾までの string を出力

{'off'} | 'on'

User-Defined Functions ライブラリ ブロック パラメーター

ブロック (タイプ)/パラメーター

ダイアログ ボックス プロンプト

MATLAB Function (Stateflow) (マスク サブシステム)

MATLAB System (MATLABSystem)

   System

System object クラス名

{''}

Level-2 MATLAB S-Function (M-S-Function)

   FunctionName

S-Function 名

{'mlfile'}

   Parameters

引数

{''}

Interpreted MATLAB Function (MATLABFcn)

   MATLABFcn

MATLAB 関数

{'sin'}

   OutputDimensions

出力の次元

{'-1'}

   OutputSignalType

出力信号タイプ

{'auto'} | 'real' | 'complex'

   Output1D

2 次元の結果を 1 次元に変換

'off' | {'on'}

   SampleTime

サンプル時間 (継承は -1)

{'-1'}

S-Function (S-Function)

   FunctionName

S-Function 名

{'system'}

   Parameters

S-Function パラメーター

{''}

   SFunctionModules

S-Function モジュール

{''}

S-Function Builder (S-Function Builder) (マスク サブシステム)

   FunctionName

S-Function 名

{'system'}

   Parameters

S-Function パラメーター

{''}

   SFunctionModules

S-Function モジュール

{''}

Additional Discrete ライブラリ ブロック パラメーター

ブロック (タイプ)/パラメーター

ダイアログ ボックス プロンプト

Fixed-Point State-Space (Fixed-Point State-Space) (masked subsystem)

   A

状態行列 A

{'[2.6020 -2.2793 0.6708; 1 0 0; 0 1 0]'}

   B

入力行列 B

{'[ 1; 0; 0]'}

   C

出力行列 C

{'[0.0184 0.0024 0.0055]'}

   D

直達行列 D

{'[0.0033]'}

   InitialCondition

状態の初期条件

{'0.0'}

   InternalDataType

内部計算で使用するデータ型

{'fixdt('double')'}

   StateEqScaling

状態方程式 AX+BU に対するスケーリング

{'2^0'}

   OutputEqScaling

出力方程式 CX+DU に対するスケーリング

{'2^0'}

   LockScale

固定小数点ツールによる変更に対して出力データ型の設定をロックする

{'off'} | 'on'

   RndMeth

整数丸めモード

'Ceiling' | 'Convergent' | {'Floor'} | 'Nearest' | 'Round' | 'Simplest' | 'Zero'

   DoSatur

オーバーフローの場合、最大値または最小値に飽和

{'off'} | 'on'

Transfer Fcn Direct Form II (Transfer Fcn Direct Form II) (masked subsystem)

   NumCoefVec

分子係数

{'[0.2 0.3 0.2]'}

   DenCoefVec

先頭を除く分母係数 (これは、1.0 である必要があります)

{'[-0.9 0.6]'}

   vinit

初期条件

{'0.0'}

   RndMeth

整数丸めモード

'Ceiling' | 'Convergent' | {'Floor'} | 'Nearest' | 'Round' | 'Simplest' | 'Zero'

   DoSatur

オーバーフローの場合、最大値または最小値に飽和

{'off'} | 'on'

Transfer Fcn Direct Form II Time Varying (Transfer Fcn Direct Form II Time Varying) (マスク サブシステム)

   vinit

初期条件

{'0.0'}

   RndMeth

整数丸めモード

'Ceiling' | 'Convergent' | {'Floor'} | 'Nearest' | 'Round' | 'Simplest' | 'Zero'

   DoSatur

オーバーフローの場合、最大値または最小値に飽和

{'off'} | 'on'

Unit Delay Enabled (Unit Delay Enabled) (マスク サブシステム)

   vinit

初期条件

{'0.0'}

   tsamp

サンプル時間

{'-1'}

Unit Delay Enabled External IC (Unit Delay Enabled External Initial Condition) (マスク サブシステム)

   tsamp

サンプル時間

{'-1'}

Unit Delay Enabled Resettable (Unit Delay Enabled Resettable) (masked subsystem)

   vinit

初期条件

{'0.0'}

   tsamp

サンプル時間

{'-1'}

Unit Delay Enabled Resettable External IC (Unit Delay Enabled Resettable External Initial Condition) (マスク サブシステム)

   tsamp

サンプル時間

{'-1'}

Unit Delay External IC (Unit Delay External Initial Condition) (マスク サブシステム)

   tsamp

サンプル時間

{'-1'}

Unit Delay Resettable (Unit Delay Resettable) (マスク サブシステム)

   vinit

初期条件

{'0.0'}

   tsamp

サンプル時間

{'-1'}

Unit Delay Resettable External IC (Unit Delay Resettable External Initial Condition) (マスク サブシステム)

   tsamp

サンプル時間

{'-1'}

Unit Delay With Preview Enabled (Unit Delay With Preview Enabled) (masked subsystem)

   vinit

初期条件

{'0.0'}

   tsamp

サンプル時間

{'-1'}

Unit Delay With Preview Enabled Resettable (Unit Delay With Preview Enabled Resettable) (マスク サブシステム)

   vinit

初期条件

{'0.0'}

   tsamp

サンプル時間

{'-1'}

Unit Delay With Preview Enabled Resettable External RV (Unit Delay With Preview Enabled Resettable External RV) (マスク サブシステム)

   vinit

初期条件

{'0.0'}

   tsamp

サンプル時間

{'-1'}

Unit Delay With Preview Resettable (Unit Delay With Preview Resettable) (マスク サブシステム)

   vinit

初期条件

{'0.0'}

   tsamp

サンプル時間

{'-1'}

Unit Delay With Preview Resettable External RV (Unit Delay With Preview Resettable External RV) (マスク サブシステム)

   vinit

初期条件

{'0.0'}

   tsamp

サンプル時間

{'-1'}

Additional Math: Increment - Decrement ライブラリ ブロック パラメーター

ブロック (タイプ)/パラメーター

ダイアログ ボックス プロンプト

Decrement Real World (Real World Value Decrement) (マスク サブシステム)

Decrement Stored Integer (Stored Integer Value Decrement) (masked subsystem)

Decrement Time To Zero (Decrement Time To Zero) (マスク サブシステム)

Decrement To Zero (Decrement To Zero) (マスク サブシステム)

Increment Real World (Real World Value Increment) (マスク サブシステム)

Increment Stored Integer (Stored Integer Value Increment) (masked subsystem)