最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

マスク パラメーター

マスク パラメーターについて

この節では、マスク ブロックを記述するパラメーターを示します。get_param および set_param にこれらの記述パラメーターを使用して、ブロック マスクのプロパティを取得したり、指定することができます。

この節に示す記述マスク パラメーターは、すべてのマスクに適用され、これらのパラメーターですべてのマスク プロパティにアクセスできます。これらの記述マスク パラメーターを、マスク エディターの [パラメーター] ペインの個々のマスクに定義するマスク固有のパラメーターと混同しないよう注意してください。

ブロック マスクとマスク エディターの詳細については、マスクの基礎およびマスク エディターの概要を参照してください。

マスク パラメーター

パラメーター

説明/プロンプト

Mask

マスクをオンまたはオフにします。

{'on'} | 'off'

MaskCallbackString

ダイアログで対応するパラメーターが変更されたときに実行されるマスク パラメーター コールバック。[マスク エディター] ダイアログ ボックスの [パラメーター] ペインの [ダイアログのコールバック] フィールドで設定します。

詳細については、マスク コールバック コードを参照してください。

パイプ区切りの文字ベクトル {''}

MaskCallbacks

MaskCallbackString の cell 配列バージョン。

cell 配列 {'[]'}

MaskDescription

ブロックの説明。[マスク エディター] ダイアログ ボックスの [ドキュメンテーション] ペインの [マスクの説明] フィールドで設定します。

文字ベクトル {''}

MaskDisplay

ブロック アイコンの描画コマンド。[マスク エディター] ダイアログ ボックスの [アイコンと端子] ペインの [アイコン描画コマンド] フィールドで設定します。

文字ベクトル {''}

MaskEditorHandle

内部使用専用。

 

MaskEnableString

ダイアログでパラメーターが灰色になっているかどうかを判定するオプション。[マスク エディター] ダイアログ ボックスの [パラメーター] ペインの [パラメーターを有効にする] チェック ボックスで設定します。

パイプ区切りの文字ベクトル {''}

MaskEnables

MaskEnableString の cell 配列バージョン。

文字ベクトルの cell 配列。'on' または ''off' {'[]'} のいずれか

MaskHelp

ブロックのヘルプ。[マスク エディター] ダイアログ ボックスの [ドキュメンテーション] ペインのマスクの [ヘルプ] フィールドで設定します。

文字ベクトル {''}

MaskIconFrame

アイコン フレームの可視/不可視を設定します (可視は on、不可視は off)。[マスク エディター] ダイアログ ボックスの [アイコンと端子] ペインの [ブロックのフレーム] オプションで設定します。

{'on'} | 'off'

MaskIconOpaque

アイコンの透明度を設定します。[マスク エディター] ダイアログ ボックスの [アイコンと端子] ペインの [アイコンの透明性] オプションで設定します。

{'opaque'} | 'transparent' | 'opaque-with-ports'

MaskIconRotate

アイコンの回転を設定します (回転は on、固定は off)。[マスク エディター] ダイアログ ボックスの [アイコンと端子] ペインの [アイコンの回転] オプションで設定します。

'on' | {'off'}

MaskIconUnits

描画コマンドの単位を設定します。[マスク エディター] ダイアログ ボックスの [アイコンと端子] ペインの [アイコンの単位] オプションで設定します。

'pixel' | {'autoscale'} | 'normalized'

MaskInitialization

初期化コマンド。[マスク エディター] ダイアログ ボックスの [初期化] ペインの [初期化コマンド] フィールドで設定します。

MATLAB® コマンド {''}

MaskNames

マスク ダイアログ パラメーター名の cell 配列。[マスク エディター] ダイアログ ボックスの [パラメーター] ペインの [変数] 列内で設定します。

行列 {'[]'}

MaskPortRotate

マスク ブロックの端子の回転ポリシーを指定します。[マスク エディター] ダイアログ ボックスの [アイコンと端子] ペインの [端子の回転] 領域で設定します。

詳細については、視覚的表現の調整によるモデルの可読性の向上を参照してください。

{'default} | 'physical'

MaskPrompts

ダイアログ パラメーター プロンプトのリスト (下記参照)。[マスク エディター] ダイアログ ボックスの [パラメーター] ペインの [ダイアログ パラメーター] 領域内を設定します。

文字ベクトルの cell 配列 {'[]'}

MaskPromptString

ダイアログ パラメーター プロンプトのリスト (下記参照)。[マスク エディター] ダイアログ ボックスの [パラメーター] ペインの [ダイアログ パラメーター] 領域内を設定します。

文字ベクトル {''}

MaskPropertyName

MaskNames の区切りバージョン。

文字ベクトル {''}

MaskRunInitForIconRedraw

マスク アイコン コマンドを実行する前に、Simulink® でマスクの初期化を実行しなければならないかどうかを指定します。

{'auto'}|'on' |'off'

MaskSelfModifiable

ブロックが自分自身を修正できることを示します。[マスク エディター] ダイアログ ボックスの [初期化] ペインの [ライブラリ ブロックで内容を変更することを許可] チェック ボックスで設定します。

'on' | {'off'}

MaskStyles

ダイアログ パラメーターがチェック ボックス、エディット フィールド、ポップアップ リストのどれであるかを判定します。[マスク エディター] ダイアログ ボックスの [パラメーター] ペインの タイプ 列で設定します。

cell 配列 {'[]'}

edit、checkbox、popup、combobox、radiobutton、slider、dial、spinbox、unit、textarea、customtable、unidt、min、max。

MaskStyleString

MaskStyles のコンマ区切りバージョン

文字ベクトル {''}

MaskTabNameString

内部使用専用。

 

MaskTabNames

内部使用専用。

 

MaskToolTipsDisplay

このマスクされたブロックのツールヒントに、どのマスク ダイアログ パラメーターを表示するかを指定します。'on' または 'off' の値の cell 配列として指定します。これらの各値が、MaskNames により返される cell 配列内の対応する位置に指定されたパラメーターを表示するかどうかを示します。

'on' 'off' {''} の cell 配列

MaskToolTipString

MaskToolTipsDisplay のコンマ区切りバージョン

文字ベクトル {''}

MaskTunableValues

シミュレーション中のマスク ダイアログ値の変更を許可します。[マスク エディター] ダイアログ ボックスの [パラメーター] ペインの [調整可能] 列で設定します。

文字ベクトルの cell 配列 {'[]'}

MaskTunableValueString

MaskTunableValues のコンマ区切りの文字ベクトル バージョン。

区切られた文字ベクトル {''}

MaskType

マスク タイプ。[マスク エディター] ダイアログ ボックスの [ドキュメンテーション] ペインの [マスク タイプ] フィールドで設定します。

文字ベクトル {'Stateflow'}

MaskValues

ダイアログ パラメーター値。

cell 配列 {'[]'}

MaskValueString

MaskValues の区切られた文字ベクトル バージョン。

区切られた文字ベクトル {''}

MaskVarAliases

ブロックのマスク パラメーターに対するエイリアスを指定します。このエイリアスは、ブロックの MaskValues パラメーターに現れるパラメーターと同じ順序で現れます。

cell 配列 {'[]'}

MaskVarAliasString

内部使用専用。

 

MaskVariables

ダイアログ パラメーターの変数のリスト (下記参照)。[マスク エディター] ダイアログ ボックスの [パラメーター] ペインの [ダイアログ パラメーター] 領域内を設定します。

文字ベクトル {''}

MaskVisibilities

パラメーターの可視/不可視を指定します。[マスク エディター] ダイアログ ボックスの [パラメーター] ペインの [選択したパラメーターのオプション] 領域にある [パラメーターを表示する] チェック ボックスで設定します。

行列 {'[]'}

MaskVisibilityString

MaskVisibilities の区切られた文字ベクトル バージョン。

文字ベクトル {''}

MaskWSVariables

マスク ワークスペース内で定義されている変数のリスト (参照のみ)。

行列 {'[]'}

MATLAB のコマンド ラインからマスク パラメーターを設定する方法の詳細については、プログラムによるマスクの制御を参照してください。