Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

バリアントの用語

Simulink® バリアントの用語により、さまざまなパラメーターと用語を理解しやすくなります。

バリアントの用語説明
バリアント サブシステム、バリアント モデル各選択肢が Subsystem ブロックか Model ブロックである、1 つ以上の選択肢が含まれます。
Variant Source信号のソースに変化を提供します。
Variant Sink信号のシンク (送信先) に変化を提供します。
バリアント モデルModel ブロックをバリアントの選択肢として含む Variant Subsystem ブロック。
アクティブな選択肢true と評価されるバリアント制御に関連付けられているバリアントの選択肢。
バリアント制御式論理式または論理式か (default) を含む Simulink.Variant オブジェクト。バリアント制御モードとして使用されます。
バリアント制御ラベル評価されない string であり、[ラベル モードのアクティブな選択肢] パラメーターによってシミュレーションで使用される選択肢が決定されます。バリアント制御モードとして使用されます。
バリアント制御変数MATLAB® 変数、Simulink.Variant オブジェクトまたは Simulink.Parameter オブジェクト。
バリアント オブジェクトバリアント制御式のコンテナー。
バリアント マネージャーシステム モデルでバリアント ブロックを使用してモデル化されるさまざまな変動点を管理できるようにする主要なツール。
バリアント リデューサー 選択したバリアント コンフィギュレーションに応じて、バリアント モデルを削減して簡略化されたスタンドアロン モデルにします。

コマンド ライン パラメーター

Variant Subsystem パラメーター

パラメーター名説明
Variant

サブシステムが Variant Subsystem ブロックであるかどうかを確認するために使用されます。サブシステムが Variant Subsystem ブロックである場合は on を返します。そうでない場合は off を返します。例: get_param(gcb, 'Variant')

これは読み取り専用パラメーターです。

VariantChoices

Variant Subsystem ブロック内のバリアント選択肢のリストを取得します。例: get_param(gcb, 'VariantChoices');

次のフィールドをもつ 1 行 N 列の struct 配列を返します。

Name: バリアント制御の名前

BlockName: ブロック パス名

これは読み取り専用パラメーターです。

VariantControl

Variant Subsystem ブロックの選択ブロックに適用され、選択ブロックのバリアント制御を返す Subsystem ブロックと Model ブロック パラメーター。

  • get_param の動作: Variant Subsystem ブロックの選択ブロックのバリアント制御を返します。例: get_param(gcb, 'VariantControl')

  • set_param の動作: 現在のブロックのバリアント制御ブロックを設定します。例: set_param(gcb, 'VariantControl', 'A==1')

VariantControlMode

バリアント ブロックのモデル化のモードを、[式][ラベル][sim/codegen の切り替え] のいずれかに指定します。

  • get_param の動作:

    バリアント ブロックのモデル化のためのモード セットを返します。例: get_param(gcb, 'VariantControlMode')

  • set_param の動作:

    バリアント ブロックのモデル化のためのモードを設定します。例: set_param(gcb, 'VariantControlMode', 'Label')

LabelModeActiveChoice

VariantControlModelabel として指定されている場合、Variant Subsystem ブロックの選択された選択肢のバリアント制御ラベルを返します。VariantControlModeexpression として指定されている場合、このパラメーターは空 ('') を返します。

  • get_param の動作:

    VariantControlModelabel に設定されている場合、Variant Subsystem の選択された選択肢のバリアント制御ラベルを返します。VariantControlMode[式] に設定されている場合、このパラメーターは空 ('') を返します。

  • set_param の動作:

    VariantControlModeexpression として指定されている場合、set_param によりラベルがアクティブな選択肢として選択されます。VariantControlModelabel である場合、set_param は指定されたラベル間で切り替わります。

TreatAsGroupedWhenPropagatingVariantConditions

バリアント条件を伝播するときに Subsystem がグループとして扱われている場合は on を返します。そうでない場合は off を返します。

  • get_param の動作:

    on または off を返すことで、バリアント条件を伝播するときにサブシステムがグループとして扱われているかどうかを示します。例: get_param(gcb, 'TreatAsGroupedWhenPropagatingVariantConditions')

  • set_param の動作:

    バリアント条件を伝播するときにサブシステムのグループとしての処理を有効または無効にします。例: set_param(gcb, 'TreatAsGroupedWhenPropagatingVariantConditions', 'on')

GeneratePreprocessorConditionals

on または off を返すことで、すべての選択肢が解析され、プリプロセッサの条件が生成されるかどうかを示します。

  • get_param の動作:

    on または off を返すことで、すべての選択肢が解析され、プリプロセッサの条件が生成されるかどうかを示します。例: get_param(gcb, 'GeneratePreprocessorConditionals')

  • set_param の動作:

    すべての選択肢の解析とプリプロセッサの条件の生成を有効または無効にします。例: set_param(gcb, 'GeneratePreprocessorConditionals', 'on')

CompiledActiveChoiceControl

Variant Subsystem ブロックのアクティブな選択肢に対応するバリアント制御を返します。アクティブな選択肢がない場合、空 (' ') を返します。ブロックがコメント化されているか、ブロックがコメント化されたサブシステム内にある場合、このパラメーターは空 (' ') を返します。例: get_param(gcb, 'CompiledActiveChoiceControl')

これは読み取り専用パラメーターです。

CompiledActiveChoiceBlock

アクティブな Variant Subsystem ブロック選択肢の絶対ブロック パス名を返します。アクティブな選択肢がない場合、空 (' ') を返します。ブロックがコメント化されているか、ブロックがコメント化されたサブシステム内にある場合、値は空 (' ') として返されます。例: get_param(gcb, 'CompiledActiveChoiceBlock')

これは読み取り専用パラメーターです。

CompiledVariantInfo

ブロックがシミュレーション中にアクティブかどうか、生成されたコードの一部かどうかを示します。例: get_param(gcb, 'CompiledVariantInfo')

これは読み取り専用パラメーターです。

PropagateVariantConditions

Variant Subsystem ブロック内の端子の条件がブロック外部に伝播されるかどうかを示します。

  • get_param の動作:

    Variant Subsystem ブロック内の端子の条件がブロック外部に伝播されるかどうかを示します。

  • set_param の動作:

    Variant Subsystem ブロック外部の条件の伝播を有効または無効にします。例: set_param(gcb, 'PropagateVariantConditions','on')

AllowZeroVariantControls

Variant Subsystem ブロックをアクティブな選択肢がない設定にできるかどうかを示します。

  • get_param の動作:

    Variant Subsystem ブロックをアクティブな選択肢がない設定にできるかどうかを示します。

  • set_param の動作:

    Variant Subsystem ブロックでのアクティブな選択肢の設定を有効または無効にします。例: set_param(gcb, 'AllowZeroVariantControls','on')

バリアントのアクティベーションのタイミング, Variant activation timeバリアントのアクティベーションのタイミングVariant activation time

ブロック線図の更新またはコードのコンパイル中に Simulink が Variant Subsystem ブロックのアクティブな選択肢を設定するかどうかを決定します。

  • get_param の動作:

    Variant Subsystem ブロックの Variant Activation Time を返します。このパラメーターは update diagramupdate diagram analyze all choices、または code compile に設定できます。

    例: get_param(gcb, 'VariantActivationTime')

  • set_param の動作:

    • [バリアント制御モード][式] に設定すると、このパラメーターを [ブロック線図の更新][ブロック線図の更新時にすべての選択肢を解析]、または [コードのコンパイル] に設定できます。

    • [バリアント制御モード][sim/codegen の切り替え] に設定すると、このパラメーターを [ブロック線図の更新] または [ブロック線図の更新時にすべての選択肢を解析] のいずれかに設定できます。[コードのコンパイル] オプションは使用できなくなります。

    例: set_param(gcb,'VariantActivationTime', 'update diagram')

メモ

[コードのコンパイル] オプションを使用した VariantActivationTime パラメーターの get_paramset_param の動作は、パラメーター GeneratePreprocessorConditionals の動作と同等です。

Variant Source パラメーターと Variant Sink パラメーター

パラメーター名説明
VariantControls

Variant Source ブロックまたは Variant Sink ブロックの N 端子のそれぞれに対応するバリアント制御式の 1-by-N の cell 配列を返します。

  • get_param の動作:

    Variant Source ブロックまたは Variant Sink ブロックの各端子に対応するバリアント制御式の cell 配列を返します。例: get_param(gcb, 'VariantControls')

  • set_param の動作:

    Variant Source ブロックまたは Variant Sink ブロックの各端子に対応するバリアント制御式の cell 配列を設定します。例: set_param(gcb, 'VariantControls', ('{A==1}, '4'))

VariantControlMode

バリアント ブロックのモデル化のモードを、[式] または [ラベル] のいずれかに指定します。

  • get_param の動作:

    バリアント ブロックのモデル化のためのモード セットを返します。例: get_param(gcb, 'VariantControlMode')

  • set_param の動作:

    バリアント ブロックのモデル化のためのモードを設定します。例: set_param(gcb, 'VariantControlMode', 'Label')

LabelModeActiveChoice

VariantControlModeLabel として指定されている場合、Variant Source ブロックまたは Variant Sink ブロックの選択された選択肢のバリアント制御ラベルを返します。VariantControlMode Expression として指定されている場合、このパラメーターは空 ('') を返します。

  • get_param の動作:

    VariantControlModeLabel に設定されている場合、Variant Subsystem の選択された選択肢のバリアント制御ラベルを返します。VariantControlMode[式] に設定されている場合、このパラメーターは空 ('') を返します。

  • set_param の動作:

    VariantControlModeExpression として指定されている場合、set_param によりラベルがアクティブな選択肢として選択されます。VariantControlModeLabel である場合、set_param は指定されたラベル間で切り替わります。

GeneratePreprocessorConditionals

on または off を返すことで、すべての選択肢が解析され、プリプロセッサの条件が生成されるかどうかを示します。

  • get_param の動作:

    on または off を返すことで、すべての選択肢が解析され、プリプロセッサの条件が生成されるかどうかを示します。例: get_param(gcb, 'GeneratePreprocessorConditionals')

  • set_param の動作:

    すべての選択肢の解析とプリプロセッサの条件の生成を有効または無効にします。例: set_param(gcb, 'GeneratePreprocessorConditionals', 'on')

ShowConditionOnBlock

on または off を返すことで、VariantControlExpression がブロックに表示されるかどうかを示します。

  • get_param の動作:

    VariantControlExpression がブロックに表示されるかどうかを示します。

  • set_param の動作:

    ブロックでの VariantControlExpression の表示を有効または無効にします。例: set_param(gcb, 'ShowConditionOnBlock','on')

AllowZeroVariantControls

on または off を返すことで、ブロックにアクティブな端子なしを設定できるかどうかを示します。

  • get_param の動作:

    Variant Source ブロックまたは Variant Sink ブロックにアクティブな選択肢がない設定をできるかどうかを示します。

  • set_param の動作:

    Variant Source ブロックまたは Variant Sink ブロックでのアクティブな選択肢の設定を有効または無効にします。例: set_param(gcb, 'AllowZeroVariantControls','on')

CompiledActiveVariantControl

最後のコンパイル インスタンスのアクティブな端子に対応するバリアント制御を返します。アクティブな端子がない場合、空 (' ') を返します。ブロックがコメント化されているか、ブロックがコメント化されている Subsystem 内または Variant Subsystem ブロックの非アクティブな選択肢内にある場合、値は計算されず、空 (' ') を返します。例: get_param(gcb, 'CompiledActiveVariantControl')

これは読み取り専用パラメーターです。

CompiledActiveVariantPort

最後のコンパイル インスタンスのアクティブな端子の "インデックス" を返します。アクティブな端子がない場合は -1 を返します。ブロックがコメント化されているか、ブロックがコメント化されている Subsystem 内または Variant Subsystem ブロックの非アクティブな選択肢内にある場合 (プリプロセッサの条件の生成がオフの状態)、値は計算されず、空 (' ') を返します。例: get_param(gcb, 'CompiledActiveVariantPort')

これは読み取り専用パラメーターです。

関連する例

詳細