Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

bafter

指定されたメソッドの後ろにブレークポイントを挿入する

構文

bafter
ba
bafter m:mid

bafter <sysIdx:blkIdx | gcb> [mth] [tid:TID]
bafter <s:sysIdx | gcs> [mth] [tid:TID]
bafter model [mth] [tid:TID]
bafter modelName <sysIdx:blkIdx | gcb> [mth] [tid:TID]

引数

mid

メソッド ID

sysIdx:blkIdx

ブロック ID

gcb

現在選択されているブロック

sysIdx

システム ID

gcs

現在選択されているシステム

model

現在選択されているモデル

mth

Outputs.Major などのメソッド名

TID

タスク ID

modelName

デバッグ中である、最上位モデルの階層内の参照モデルの名前。

説明

bafter は、現在のメソッドの後ろにブレークポイントを挿入します。

bafter を使用する代わりに、任意の構文で ba の省略形を使用できます。

bafter m:mid は、mid で指定されたメソッドの後ろにブレークポイントを挿入します (メソッド ID を参照)。

bafter sysIdx:blkIdx は、メジャー タイム ステップ内で sysIdx:blkIdx で指定されたブロックのメソッドの各呼び出しの後ろにブレークポイントを挿入します (ブロック IDを参照)。bafter gcb は、メジャー タイム ステップ内で現在選択されているブロックのメソッドの各呼び出しの後ろにブレークポイントを挿入します (gcb を参照)。

bafter s:sysIdx は、ルート システムまたは次のシステム ID により指定された非バーチャル サブシステムの各メソッドの後ろにブレークポイントを挿入します。 sysIdx.

メモ:

systems コマンドは、現在選択されているモデル内のすべての非バーチャル システムのシステム ID を表示します。

bafter gcs は、現在選択されている非バーチャル システムの各メソッドの後ろにブレークポイントを挿入します。

bafter model は、現在選択されているモデルの各メソッドの後ろにブレークポイントを挿入します。

オプションの mth パラメーターを使用すると、特定のブロック、システム、モデル メソッド、タスクの後ろにブレークポイントを設定することができます。たとえば、bafter gcb Outputs は、現在選択されているブロックの Outputs メソッドの後ろにブレークポイントを設定します。

オプションの TID パラメーターを使用すると、特定のタスクによるメソッド呼び出しの後ろにブレークポイントを設定することができます。たとえば、現在選択されている非バーチャル サブシステムがタスク 2 と 3 で動作していると仮定します。この場合、bafter gcs Outputs tid:2 は、タスク 2 がアクティブなときに発生するサブシステムの Outputs メソッドの呼び出しの後ろにブレークポイントを設定します。

R2006a より前に導入