Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

slist

モデル ブロックの並べ替えられたリストを表示する

構文

slist
sli

説明

slist は、データの依存関係などの条件に従って、ルート システムと各非バーチャル サブシステムのブロックのリストを並べ替えて表示します。

システム (ルートまたは非バーチャル) ごとに、slist は以下を表示します。

  • システム名、システムに含まれている非バーチャル ブロックの数、システム内の直達端子をもつブロックの数を指定するタイトル行

  • 並べ替えられたリスト内のブロックの順序に従った各ブロックの項目

slist は、各ブロック項目についてブロックの ID、名前、およびタイプを表示します。ブロック ID は、コロンで区切られたシステム インデックスとブロック インデックスから構成されます (sysIdx:blkIdx)。

  • 並べ替えられたリスト内のそのブロックの位置を示すブロック インデックス

  • Simulink® ソフトウェアがシステムの並べ替えられたリストを生成した順序を示すシステム インデックス。システム インデックスには特別な意味はなく、単に、並べ替えられた別のリスト内の同じ位置にあるブロックに一意的な識別子を付けるためのものです。

Simulink は、並べ替えられたリストを使用して、ルート システムや非バーチャル サブシステムのメソッド用の、ブロック メソッド実行リスト (elist を参照) を作成します。通常、ルート システムと非バーチャル サブシステムのメソッドは、並べ替えられたリスト内のブロックの順序と同じ順序でブロック メソッドを呼び出します。

ブロック メソッドの実行順序では、例外が発生します。たとえば、マルチキャスト モデル用の実行リストの場合、同じレートで (すなわち同じタスク内で) 動作するすべてのブロックがグループ化されます。この場合、スピードの遅いグループは速いグループより順序が後になります。タスク別にメソッドをグループ化すると、ブロック メソッドの実行順序が、並べ替えられたリスト内のブロックの順序と異なる可能性があります。ただし、グループ内では、メソッドは、並べ替えられたリスト内の対応するブロックの順序と同じ順序で実行されます。

sli は、コマンドの省略形です。

Simulink デバッガーを使用して、vdp モデルのルート システムの並べ替えられたリストを表示します。

  1. MATLAB コマンド ウィンドウで次を入力します。

    sldebug 'vdp'

    MATLAB コマンド プロンプト >> は Simulink デバッガー プロンプト (sldebug @0): >> に変わります。

  2. 次を入力します。

    slist

    [コンフィギュレーション パラメーター] で ['Signal storage reuse'] が有効な場合、デバッガーに表示されたブロック I/O 値が正しくない可能性があります。ブロックの出力信号の値を保存するには、[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスで ['Signal storage reuse'] を無効にします。MATLAB コマンド ウィンドウに、以下が表示されます。

    ---- Sorted list for 'vdp' [11 nonvirtual block(s), directFeed=0]
         Total number of tasks = 2
    - Sorted list of task index [0], 10 nonvirtual block(s)
      (0)0:1   'vdp/x1' (Integrator)
              Input ports:  [0]
              Output ports: [0]
      (0)0:2   'vdp/Out1' (Outport)
              Input ports:  [0]
              Output ports: []
      (0)0:3   'vdp/x2' (Integrator)
              Input ports:  [0]
              Output ports: [0]
      (0)0:4   'vdp/Out2' (Outport)
              Input ports:  [0]
              Output ports: []
      (0)0:5   'vdp/Scope' (Scope)
              Input ports:  [0]
              Output ports: []
      (0)0:6   'vdp/Square' (Math)
              Input ports:  [0]
              Output ports: [0]
      (0)0:7   'vdp/Sum1' (Sum)
              Input ports:  [0 1]
              Output ports: [0]
      (0)0:8   'vdp/Product' (Product)
              Input ports:  [0 1]
              Output ports: [0]
      (0)0:9   'vdp/Mu' (Gain)
              Input ports:  [0]
              Output ports: [0]
      (0)0:10  'vdp/Sum' (Sum)
              Input ports:  [0 1]
              Output ports: [0]
    
     ----- Task Index Legend -----
     Task Index [0]: Cont		
     -----------------------------

参考

|

R2006a より前に導入