Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

ashow

代数ループを表示する

説明

ashow は、現在のモデル内の代数ループのリストを返します。

ashow gcb は、現在選択されているブロックを含む代数ループを返します。

ashow s:b は、システム s 内のブロック b を含む代数ループを返します。

ashow s#n は、システム s 内の n 番目の代数ループを返します。

ashow clear は、現在のモデル内の強調表示されている代数ループを削除します。

すべて折りたたむ

この例では、Simulink デバッガーで代数ループを特定してシミュレーションをステップ実行する方法を示します。

デバッグ中の代数ループの強調表示

ex_sldemo_hydcyl モデルを開いて Simulink デバッガーを開始します。ツールストリップから [デバッグ]、[ブレークポイント リスト]、[モデルのデバッグ] を選択します。sldebug を使用して MATLAB コマンド ラインからデバッガーを開始することもできます。

sldebug('ex_sldemo_hydcyl');

デバッガーを実行します。MATLAB コマンド プロンプトで、次のように入力します。

ashow
Found 1 Algebraic loop(s): 
System number#Algebraic loop id, number of blocks in loop
- 0#1, 9 blocks in loop

ashow コマンドは、モデルにある代数ループとそれに含まれるブロックの数を返します。

選択したブロックを含む代数ループの特定

モデルで非バーチャル ブロックを選択します。たとえば、Scope ブロックである PlotResults ブロックを選択します。

MATLAB コマンド プロンプトで、次のように入力します。

ashow gcb
Block sldemo_hydcyl/PlotResults isn't in an algebraic loop.

PlotResults ブロックはいずれの代数ループにも属していません。

MATLAB コマンド プロンプトで、次のように入力します。

ashow gcb
- sldemo_hydcyl/Valve//Cylinder//Piston//Spring Assembly/Control Valve Flow/IC
- sldemo_hydcyl/Valve//Cylinder//Piston//Spring Assembly/Control Valve Flow/signed sqrt
- sldemo_hydcyl/Valve//Cylinder//Piston//Spring Assembly/Control Valve Flow/Product
- sldemo_hydcyl/Valve//Cylinder//Piston//Spring Assembly/laminar flow pressure drop
- sldemo_hydcyl/Valve//Cylinder//Piston//Spring Assembly/Sum7
- sldemo_hydcyl/Pump/IC
- sldemo_hydcyl/Valve//Cylinder//Piston//Spring Assembly/Control Valve Flow/Sum1 (algebraic variable)
- sldemo_hydcyl/Pump/Sum1
- sldemo_hydcyl/Pump/leakage (algebraic variable)

laminar flow pressure drop ブロックは他の 8 つのブロックと共に代数ループに含まれています。

入力引数

すべて折りたたむ

現在選択しているブロック。gcb として指定します。

例: ashow gcb

モデル内のブロック。system index:block index として指定します。

例: ashow 1:1

データ型: double

代数ループのインデックス。system index#loop index として指定します。

例: ashow 0#1

データ型: double

代数ループの強調表示をモデルから削除します。

R2006a より前に導入