Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

clear

モデルからブレークポイントをクリアする

構文

clear
cl
clear m:mid
clear id
clear <sysIdx:blkIdx | gcb>

引数

mid

メソッド ID

id

ブレークポイント ID

sysIdx:blkIdx

ブロック ID

gcb

現在選択されているブロック

説明

clear は、現在のメソッドからブレークポイントをクリアします。

clear を使用する代わりに、任意の構文で cl の省略形を使用できます。

clear m:mid は、mid で指定されたメソッドからブレークポイントをクリアします。

clear id は、ブレークポイント ID id で指定されたブレークポイントをクリアします。

clear sysIdx:blkIdx は、sysIdx:blkIdx で指定されたブロックのメソッドに設定されているすべてのブレークポイントをクリアします。

clear gcb は、現在選択されているブロックのメソッドに対して設定されているすべてのブレークポイントをクリアします。

参考

| |

R2006a より前に導入