Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ebreak

ソルバー エラー時のブレークポイントを有効または無効にする

構文

ebreak
eb

説明

このコマンドを使用すると、ソルバーがモデル内で回復可能なエラーを検出した場合にシミュレーションが停止します。このブレークポイントを設定しない (無効にした) 場合、ソルバーはエラーからの回復処理を行い、ユーザーには通知せずにシミュレーションを続行します。

R2006a より前に導入