Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

where

シミュレーション ループ内の現在のシミュレーション位置を表示する

構文

where [detail]
w [detail]

説明

where コマンドは、シミュレーション ループ内の現在のシミュレーション位置を表示します。以下に例を示します。

表示内容には、シミュレーション ノードのリストが含まれ、最後の項目は、これから入る、あるいは出るノードです。各項目には、次の情報が含まれています。

  • メソッド ID

    メソッド ID は、メソッドに対する特定の呼び出しを示します。

  • 状態を示す記号

    • >> (アクティブ)

    • >| (これから入るノード)

    • <| (これから出るノード)

  • 呼び出されるメソッドの名前 (例: RootSystem.Start)

  • メソッドを呼び出したブロックまたはシステムの名前 (例: Sum)

  • メソッドを呼び出したブロックのシステム ID とブロック ID (sysIdx:blkIdx)

    たとえば、0:8 の場合は、指定されたメソッドがシステム 0 のブロック 8 で動作することを示します。

where detaildetail は、非負の任意の整数であり、アクティブでないノードを表示に含めます。

参考

R2006a より前に導入