最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

attachConfigSetCopy

コンフィギュレーション セットまたはコンフィギュレーション参照のコピーをモデルに関連付ける

説明

configObjCopy = attachConfigSet(model, configObj) は、コンフィギュレーション セットまたはコンフィギュレーション参照 configObj のコピーを作成し、model と関連付けます。関数は構成のコピーを Simulink.ConfigSet オブジェクトまたは Simulink.ConfigSetRef オブジェクトとして返します。

attachConfigSetCopy(model, configObj, allowRename) は構成のコピーをモデルに関連付け、Simulink® が、その構成と、モデルに既に付加されている構成オブジェクトとの間での名前の競合を取り扱う方法を決定します。

allowRenamefalse で、configObj で指定した構成オブジェクトが、既に model に加えられている構成オブジェクトと同名の場合、Simulink はエラーを生成します。allowRename で名前の競合が発生する場合、trueSimulink®configObj をそのモデルに関連付ける前に、このコピーに固有の名前を与えます。

すべて折りたたむ

モデル vdp の有効な構成のコピーを作成し、そのコピーをモデル fuelsys に付加します。

モデル vdp を開き、有効な構成オブジェクトを取得します。構成を vdpConfig と名付けます。

vdp
vdpConfigObj = getActiveConfigSet('vdp');
set_param(vdpConfigObj,'Name','vdpConfig');

各モデルには既定の名前 Configuration をもつ構成があります。構成のコピーを fuelsys に付加する際の名前の競合を回避するには、構成に vdpConfig という名前を付けます。

set_param(vdpConfigObj,'Name','vdpConfig');

モデル fuelsys を開きます。構成オブジェクト vdpConfigObj をコピーし、それを fuelsys に付加します。

fuelsys
attachConfigSetCopy('fuelsys',vdpConfigObj);

fuelsys で構成を使用するには、それを有効にします。

モデル vdp の有効な構成のコピーを作成し、そのコピーを fuelsys に付加します。allowRename 引数を使用して名前の競合を回避します。

モデル vdp を開き、有効な構成オブジェクトを取得します。この構成は既定の名前 Configuration です。

vdp
vdpConfigObj = getActiveConfigSet('vdp');

モデル fuelsys を開きます。構成オブジェクト vdpConfigObj をコピーし、それを fuelsys に付加します。allowRenametrue として指定します。

fuelsys
attachConfigSetCopy('fuelsys',vdpConfigObj,true);

モデルには既に Configuration という名前のコンフィギュレーション セットがあるため、Simulink は vdpConfigObj の名前を Configuration1 に変更してからモデルに付加します。

fuelsys で構成を使用するには、Configuration1 を有効にします。

入力引数

すべて折りたたむ

コンフィギュレーション セットを付加するモデル。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。モデルは開いていなければなりません。

例: 'my_model'

コピーする構成オブジェクト。Simulink.ConfigSet オブジェクトまたは Simulink.ConfigSetRef オブジェクトとして指定します。

例: myConfigObj

名前の競合がある場合に Simulink が構成オブジェクトのコピーの名前を変更するかどうかを決定する指定。boolean として指定します。allowRenamefalse であり、名前の競合が発生する場合、Simulink はエラーを生成します。

例: true

R2006b で導入