ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

setActiveConfigSet

モデルのアクティブなコンフィギュレーション セットまたはコンフィギュレーション参照を指定

構文

setActiveConfigSet(model, configObjName)

引数

model

開いているモデルの名前、または現在のモデルを指定する gcs

configObjName

コンフィギュレーション セット名 (Simulink.ConfigSet)、またはコンフィギュレーション参照名 (Simulink.ConfigSetRef)

説明

setActiveConfigSet は、model のアクティブ コンフィギュレーション セットまたはコンフィギュレーション参照 (構成オブジェクト) を、configObjName で指定される構成オブジェクトとして設定します。モデルにそのような構成オブジェクトが付属しない場合はエラーになります。以前のアクティブ構成オブジェクトは、アクティブではなくなります。

次の例は、DevConfig を、現在のモデルのアクティブ構成オブジェクトにします。このコードは、DevConfig がコンフィギュレーション セットまたはコンフィギュレーション参照でも同じになります。

setActiveConfigSet(gcs, 'DevConfig');

R2006a より前に導入