ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink.ConfigSetRef

他のモデルと独立して格納されたコンフィギュレーション セットにモデルをリンクする

説明

このハンドル クラスのインスタンスにより、モデルは、他のモデルの外部にあるコンフィギュレーション セットを参照可能になります。詳細については、コンフィギュレーション セットを管理する概要、およびコンフィギュレーション参照を管理するを参照してください。

プロパティのまとめ

名前

説明

説明

コンフィギュレーション参照の説明。

名前

コンフィギュレーション参照名。

SourceNameワークスペースまたはデータ ディクショナリ内の参照コンフィギュレーション セットが格納された変数の名前。

メモ

[コンフィギュレーション参照] ダイアログ ボックスを使用して、コンフィギュレーション参照の Name プロパティ、Description プロパティ、SourceName プロパティを設定することができます。詳細については、コンフィギュレーション参照を作成して連結するを参照してください。

メソッドのまとめ

名前

説明

copy

コンフィギュレーション参照のコピーを作成します。

getFullName

コンフィギュレーション参照の絶対パス名を取得します。

getModel

コンフィギュレーション参照をもつモデルのハンドルを取得します。

get_param

コンフィギュレーション参照からコンフィギュレーション セット パラメーターの値を間接的に取得します。

getRefConfigSetコンフィギュレーション参照で指定するコンフィギュレーション セットを取得します。
isActive

コンフィギュレーション参照が、モデルのアクティブ構成オブジェクトであるかどうかを判定します。

refreshプロパティまたはコンフィギュレーション セットの利用可能性を変更後、コンフィギュレーション参照を更新します。

プロパティ

説明

説明

コンフィギュレーション参照の説明。このプロパティを使用して、コンフィギュレーション参照の目的など、コンフィギュレーション参照についての追加情報を与えることができます。このフィールドは、空白のままにすることができます。

データ型

character vector

アクセス

RW

名前

説明

コンフィギュレーション参照名。この名前は、GUI でのコンフィギュレーション参照を表します。

データ型

character vector

アクセス

RW

SourceName

説明

ワークスペースまたはデータ ディクショナリ内の参照コンフィギュレーション セットが格納された変数の名前。

データ型

character vector

アクセス

RW

メソッド

copy

目的

このコンフィギュレーション参照のコピーを作成します。

構文

copy

説明

このメソッドは、このコンフィギュレーション セットのコピーを作成します。

メモ:

このメソッドをコンフィギュレーション参照のコピーを作成するために使用する必要があります。これは、Simulink.ConfigSetRef がハンドル クラスであるためです。詳細については、ハンドルと値のクラスを参照してください。

getFullName

目的

コンフィギュレーション参照の絶対パス名を取得します。

構文

getFullName

説明

このメソッドは、コンフィギュレーション参照 (例 'vdp/Configuration') の絶対パス名を指定する文字ベクトルを返します。

getModel

目的

このコンフィギュレーション参照をもつモデルを取得します。

構文

getModel

説明

このコンフィギュレーション参照をもつモデルにハンドルを返します。

以下のコマンドは、MATLAB® ワークスペース変数 hCr で参照されるコンフィギュレーション セットをもつ、モデルのブロック線図を開きます。

open_system(hCr.getModel);

get_param

目的

コンフィギュレーション参照からコンフィギュレーション セット パラメーターの値を間接的に取得します。

構文

get_param(paramName)

引数

paramName

値が返されるパラメーターの名前を指定する文字ベクトル。

説明

このメソッドは、コンフィギュレーション参照が指すコンフィギュレーション セットから、指定されたパラメーターの値を返します。この値を得るために、メソッドは、SourceName の値を使って、コンフィギュレーション セットを取り出し、次にコンフィギュレーション セットから paramName の値を取り出します。paramName'ObjectParameters' として指定すると、コンフィギュレーション セット内の有効なパラメーターすべての名前を返します。有効なコンフィギュレーション セットがコンフィギュレーション参照に付属していない場合、このメソッドが返す値の信頼性は低くなります。

逆のメソッド set_param は、コンフィギュレーション参照には定義されていません。コンフィギュレーション参照からパラメーター値を得るには、最初に getRefConfigSet メソッドを使ってリファレンスからコンフィギュレーション セットを取り出し、次に set_param をコンフィギュレーション セット自体に直接使用する必要があります。

モデルのアクティブなコンフィギュレーション セットのパラメーター値を取得するために、get_param モデルの作成コマンドも使用できます。たとえば、get_param(bdroot, 'SolverName') は、現在選択されたモデルのソルバー名を取得します。

次のコマンドは、選択されたモデルのアクティブ コンフィギュレーションにより使用されるソルバーの名前を取得します。

hAcs = getActiveConfigSet(bdroot);
hAcs.get_param('SolverName');

getRefConfigSet

目的

コンフィギュレーション参照で指定するコンフィギュレーション セットを取得します。

構文

getRefConfigSet

説明

コンフィギュレーション参照の SourceName プロパティで指定される、コンフィギュレーション セットに対するハンドルを返します。

isActive

目的

このコンフィギュレーション セットがそのモデルのアクティブ コンフィギュレーション セットであるかどうかを判定します。

構文

isActive

説明

このコンフィギュレーション セットが、このコンフィギュレーション セットをもつモデルのアクティブ コンフィギュレーション セットである場合、true を返します。

refresh

目的

プロパティまたはコンフィギュレーション セットの利用可能性を変更後、コンフィギュレーション参照を更新します。

構文

refresh

説明

API を使用してコンフィギュレーション参照のプロパティを変更した後、あるいは SourceName で指定された時点で存在していなかったコンフィギュレーション セットを追加した後にコンフィギュレーション参照を更新します。このような変更後に refresh の実行を省略すると、コンフィギュレーション参照ハンドルが古くなるので、使用すると正しくない結果が得られます。

R2007a で導入