ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ブロックのオーサリングとシミュレーションの統合

MATLAB® および C/C++ コードを使用した既存の Simulink® モデル化機能の拡張

新しいブロックを作成し、それらを Simulink ライブラリ ブラウザーに追加することで、Simulink の既存のモデル化機能を拡張できます。カスタム ブロックを以下のために使用します。

  • Simulink の組み込みのソリューションでは提供されないモデルの動作を提供する

  • 既存のシミュレーションを使用してより高度なモデルを作成する

  • モデル コンポーネントをライブラリ ブロックにカプセル化して、複数のモデルにコピーできるようにする

  • ユーザー インターフェイスや解析ルーチンをカスタム化する