ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

既存のシミュレーションまたは環境との統合

Functional Mockup Unit (FMU)、アプリ、モデル、ツールボックスを含むサードパーティの機能の Simulink への統合

コシミュレーションのゲートウェイを利用すると、サードパーティの機能を Simulink® に実装できます。これらの実装には、FMU、アプリ、モデル、ツールボックスが含まれます。

  • FMU インポート
    オプションで、FMU (Functional Mockup Unit) ブロックを使用して、サードパーティの機能を Simulink に取り込みます。
  • コシミュレーション
    数値補償とマルチコア ソリューションを使用して、Simulink コシミュレーション アプリケーションをサポートする。
  • サードパーティの機能の統合
    アプリ、モデル、ツールボックスなど複数のサードパーティ機能の統合。

注目の例