ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

FMU インポート

オプションで、FMU (Functional Mockup Unit) ブロックを使用して、サードパーティの機能を Simulink® に取り込みます。

FMU ブロックを使って、FMU に含まれるアプリケーションを Simulink にインポートできます。このブロックには、以下を実装する FMU を統合するための 2 つのモードがあります。

  • FMI コシミュレーション インターフェイス。これらの FMU にはローカル ソルバーが含まれます。

  • FMI モデル交換インターフェイス。これらの FMU にはローカル ソルバーが含まれません。

ブロック

FMUInclude Functional Mockup Unit (FMU) in model

トピック

FMU のインポート

Functional Mockup Unit (FMU) を Simulink にインポートするには、FMU ブロックを使用します。

FMU ブロックの実装

ブロックを実装し、Functional Mockup Unit (FMU) をブロックに割り当てます。

注目の例