Main Content

コシミュレーション

数値補償とマルチコア ソリューションを使用して、Simulink® コシミュレーション アプリケーションをサポートする。

Simulink プラットフォームはコンポーネント間のコシミュレーションをサポートします。Simulink では、コシミュレーションはローカル ソルバーまたは関連するシミュレーション ツールを持つコンポーネント間で行われます。たとえば、コシミュレーションは、Simulink とサードパーティ製のツールまたはカスタム コードの間にコシミュレーション ゲートウェイとして実装される S-Function、または Simulink にインポートされるコシミュレーション モードの FMU などです。

ブロック

FMUInclude Functional Mockup Unit (FMU) in model
S-Functionモデルに S-Function を追加

関数

shareMATLABForFMUCoSimShare current MATLAB session for FMU tool-coupling co-simulation
Simulink.fmuexport.ExportSimulinkProjectToFMUプロジェクトを Functional Mockup Unit (FMU) としてエクスポートする

トピック