Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

コシミュレーション

数値補償とマルチコア ソリューションを使用して、Simulink® コシミュレーション アプリケーションをサポートする。

Simulink プラットフォームはコンポーネント間のコシミュレーションをサポートします。Simulink では、コシミュレーションはローカル ソルバーまたは関連するシミュレーション ツールを持つコンポーネント間で行われます。たとえば、コシミュレーションは、Simulink とサードパーティ製のツールまたはカスタム コードの間にコシミュレーション ゲートウェイとして実装される S-Function、または Simulink にインポートされるコシミュレーション モードの FMU などです。

ブロック

FMUInclude Functional Mockup Unit (FMU) in model
S-Functionモデルに S-Function を追加

関数

Simulink.fmuexport.ExportSimulinkProjectToFMUプロジェクトを Functional Mockup Unit (FMU) としてエクスポートする

トピック

コシミュレーションの実行と数値補償

数値補償を使用して、コシミュレーション信号遅延によって生じる数値誤差を緩和する。

複数のコアにおけるコシミュレーション コンポーネントの実行

コシミュレーションにおいて、システムの複数のコアのメリットを活用する。

モデルをツール結合 FMU としてエクスポート

Simulink モデルをエクスポートしてサードパーティ環境で使用する。

注目の例