最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

mlreportgen.ppt.Presentation クラス

パッケージ: mlreportgen.ppt
スーパークラス:

Microsoft PowerPoint プレゼンテーションの作成

説明

Microsoft® PowerPoint® プレゼンテーションを作成します。

構築

presentationObj = Presentation() は、default.pptx という既定の PPT API テンプレートを使用して、Untitled.pptx という名前のプレゼンテーションを現在のフォルダーに作成します。

presentationObj = Presentation(presentationPath) は、プレゼンテーションを指定された場所に作成します。

presentationObj = Presentation(presentationPath,templatePath) は、PowerPoint テンプレートを使用して、プレゼンテーションを指定された場所に作成します。

この構文を使用して作成されるファイル タイプは、両方の引数で使用する拡張子によって異なります。以下の表は、サポートされている組み合わせを示しています。拡張子は、次のファイル タイプと相関します。

  • .pptx — PowerPoint プレゼンテーション

  • .pptm — PowerPoint マクロ有効プレゼンテーション

  • .potx — PowerPoint テンプレート

  • .potm — PowerPoint マクロ有効テンプレート

  • .ppsx — PowerPoint スライド ショー

  • .ppsm — PowerPoint マクロ有効スライド ショー

presentationPath の拡張子templatePath の拡張子出力の拡張子
なし.pptx.pptx
.pptx.pptx.pptx
none.potx.pptx
.potx.potx.potx
なし.pptm.pptm
なし.potm.pptm
.pptm.pptm.pptm
なし.ppsx.ppsx
.ppsx.ppsx.ppsx
なし.ppsm.ppsm
.ppsm.ppsm.ppsm

次の拡張子はどの入力引数でもサポートされていません。

  • .ppt — PowerPoint 97–2003 プレゼンテーション

  • .pot — PowerPoint 97–2003 テンプレート

  • .pps — PowerPoint 97–2003 スライド ショー

  • .xml — PowerPoint XML プレゼンテーション

入力引数

すべて展開する

プレゼンテーション ファイルへのパス。文字ベクトルとして指定します。

プレゼンテーション用 PowerPoint テンプレートへのパス。文字ベクトルとして指定します。

出力引数

すべて展開する

プレゼンテーション オブジェクト。mlreportgen.ppt.Presentation オブジェクトとして返されます。

プロパティ

すべて展開する

このプレゼンテーション要素で使用する PowerPoint テンプレートへのパス。文字ベクトルとして指定します。

プレゼンテーションを開く前にのみ、このプロパティを設定します。

プレゼンテーションのこの出力ファイルのパス。文字ベクトルとして指定します。

この読み取り専用プロパティには、オブジェクトに含まれる子要素がリストされます。cell 配列として指定します。

PPT API オブジェクトの ID。文字ベクトルとして指定します。セッション固有 ID は、オブジェクト作成の一環として生成されます。ID を指定して、生成された ID を置き換えることができます。

この PPT API オブジェクトのタグ。文字ベクトルとして指定します。生成されたタグの形式は CLASS:ID という形式です。ここで、CLASS はオブジェクト クラスです。ID はオブジェクトの Id プロパティの値です。

独自のタグ値を指定する理由の一例として、プレゼンテーションの生成中に問題が発生した箇所の特定を容易にするという目的があります。

メソッド

メソッド

目的

open

プレゼンテーションを開く。

close

プレゼンテーションを閉じる。

find

プレゼンテーション内を検索する。

Presentation.find メソッドを Slide.find メソッドと同様に使用できます。

replace

プレゼンテーション内のコンテンツを置換する。

add

プレゼンテーションにコンテンツを追加する。

getMasterNames

プレゼンテーションのスライド マスターの名前を取得する。

getLayoutNames

プレゼンテーションのレイアウトの名前を取得する。

getTableStyleNames

プレゼンテーションのテーブル スタイル名を取得する。

すべて折りたたむ

3 つのスライドを含むプレゼンテーションを作成します。既定の PPT プレゼンテーション テンプレートを使用します。

import mlreportgen.ppt.*

slides = Presentation('myFirstPresentation');

add(slides,'Title Slide');
add(slides,'Title and Content');
add(slides,'Title and Picture');

slides Presentation オブジェクトを調べます。

slides
slides = 

  Presentation with properties:

    TemplatePath: 'matlab/toolbox/shared/mlreportgen/ppt/resources/...'
      OutputPath: 'myFirstPresentation.pptx'
        Children: [1x3 mlreportgen.ppt.Slide]
          Parent: []
             Tag: 'ppt.Presentation:1181'
              Id: '1181'

1 番目のスライドを調べます。

slides.Children(1)
ans = 

  Slide with properties:

         Layout: 'Title Slide'
    SlideMaster: 'Office Theme'
           Name: ''
          Style: []
       Children: [1x2 mlreportgen.ppt.TextBoxPlaceholder]
         Parent: [1x1 mlreportgen.ppt.Presentation]
            Tag: 'ppt.Slide:1183'
             Id: '1183'

プレゼンテーションのタイトルを指定します。1 番目のスライドの Title プレースホルダーを見つけて、タイトルを指定します。タイトルを赤色にします。

contents = find(slides,'Title');
replace(contents(1),'My First Presentation');
contents(1).FontColor = 'red';

2 番目のスライドにコンテンツを追加します。

contents = find(slides,'Content');
replace(contents,{'Subject A','Subject B','Subject C'});

プレゼンテーションを閉じて出力を生成します。

close(slides);

myFirstPresentation.pptx を開きます。Windows® プラットフォームでは、このプレゼンテーションを MATLAB® で開くことができます。

if ispc
    winopen(slidesFile);
end

myFirstPresentation プレゼンテーションをテンプレートとして使用してプレゼンテーションを作成します (前の例を参照)。

import mlreportgen.ppt.*

slides = Presentation('mySecondPresentation','myFirstPresentation');

タイトルを My Second Presentation に変更します。

contents = find(slides,'Title');
replace(contents(1),'My Second Presentation');

プレゼンテーションを閉じて出力を生成します。

close(slides);

mySecondPresentation.pptx を開きます。Windows プラットフォームでは、このプレゼンテーションを MATLAB で開くことができます。

if ispc
    winopen(slidesFile);
end

R2015b で導入