Main Content

mlreportgen.ppt.Slide クラス

パッケージ: mlreportgen.ppt

プレゼンテーションのスライド

説明

mlreportgen.ppt.Slide クラスのオブジェクトは、Microsoft® PowerPoint® プレゼンテーションのスライドを表します。Slide オブジェクトを作成してプレゼンテーションに追加するには、mlreportgen.ppt.Presentation オブジェクトの add メソッドを使用します。add メソッドは Slide オブジェクトを返します。Slide オブジェクトのメソッドを使用して、スライド コンテンツの追加、検索、および置換を行うことができます。

mlreportgen.ppt.Slide クラスは handle クラスです。

クラス属性

概要
true
ConstructOnLoad
true
HandleCompatible
true

クラス属性の詳細については、クラスの属性を参照してください。

プロパティ

すべて展開する

スライド レイアウト名。文字ベクトルとして指定します。このプロパティは読み取り専用です。

スライド マスター名。文字ベクトルとして指定します。このプロパティは読み取り専用です。

スライド名。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。Name プロパティを設定して、プレゼンテーションのスライドを識別できます。mlreportgen.ppt.Presentation クラスの find メソッドを参照してください。

スライドの書式設定。PPT 書式設定オブジェクトの cell 配列として指定します。

Style プロパティの既存の値と追加する書式オブジェクトを含む cell 配列を連結して、書式オブジェクトを追加します。例:

import mlreportgen.ppt.*
ppt = Presentation('MyPresentation');
open(ppt);
slide = add(ppt,'Title Only');
slide.Style = [slide.Style {Bold(true),FontColor('red')}];
replace(slide,'Title','My Title is Bold and Red');
close(ppt);
rptview(ppt);

プレゼンテーションの書式設定方法を参照してください。

このスライドの子要素。PPT オブジェクトの cell 配列として指定します。このプロパティは読み取り専用です。

このスライドの親。PPT オブジェクトとして指定します。このプロパティは読み取り専用です。

この PPT API オブジェクトの ID。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。セッション固有 ID は、オブジェクト作成の一環として生成されます。ID を指定して、生成された ID を置き換えることができます。

この PPT API オブジェクトのタグ。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。セッション固有タグは、このオブジェクト作成の一環として生成されます。生成されたタグの形式は CLASS:ID という形式です。ここで、CLASS はオブジェクト クラスです。ID はオブジェクトの Id プロパティの値です。

独自のタグ値を指定すると、プレゼンテーションの生成中に問題が発生した箇所の特定を容易にできます。

メソッド

すべて展開する

すべて折りたたむ

プレゼンテーションにスライドを追加するには、mlreportgen.ppt.Presentation オブジェクトの add メソッドを使用します。add メソッドは、mlreportgen.ppt.Slide オブジェクトを返します。Slide オブジェクトの replace メソッドを使用して、コンテンツ プレースホルダーをコンテンツに置き換えます。

PPT API クラスに長い完全修飾名を使用せずに済むよう、PPT パッケージをインポートします。

import mlreportgen.ppt.*

プレゼンテーションを作成して開きます。

ppt = Presentation("myPresentation.pptx");
open(ppt);

Title and Table レイアウトのスライドを追加します。

slide = add(ppt,"Title and Table");

スライド内の Title プレースホルダーをタイトル テキストに置き換えます。

replace(slide,"Title","magic(4)");

スライド内の Table プレースホルダーをテーブルに置き換えます。

tbl = Table(magic(4));
replace(slide,"Table",tbl);

プレゼンテーションを閉じて表示します。

close(ppt);
rptview(ppt);

生成されたプレゼンテーションは次のようになります。

R2015a で導入