ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

COM

MATLAB から COM コンポーネントおよび ActiveX コントロールへのアクセス

説明

Component Object Model (COM) オブジェクト

作成

COM オブジェクトを作成するには、次のいずれかの関数を呼び出します。

  • Figure ウィンドウ内で Microsoft® ActiveX® コントロールを作成する関数 actxcontrol

  • UI からコントロールを作成する関数 actxcontrolselect

  • COM サーバーを作成する関数 actxserver

オブジェクト関数

addpropertyカスタム プロパティを COM オブジェクトに追加
deletepropertyCOM オブジェクトからカスタム プロパティを削除
eventsCOM オブジェクトがトリガーできるイベントのリスト
invokeCOM オブジェクトやインターフェイスのメソッドを呼び出す、またはメソッドを表示
loadCOM コントロール オブジェクトをファイルから初期化
move親ウィンドウでコントロールの移動またはサイズ変更
propeditCOM コントロールの組み込みプロパティ ページを開く
releaseCOM インターフェイスの解放
saveCOM コントロール オブジェクトをファイルにシリアル化

COM オブジェクトと共に次の MATLAB® 関数も使用できます。

deleteファイルまたはオブジェクトを削除
getグラフィックス オブジェクトのプロパティのクエリ
ispropオブジェクトのプロパティかどうかを判別
ismethodオブジェクトのメソッドかどうかを判別
fieldnames構造体のフィールド名、あるいは Java または Microsoft COM オブジェクトのパブリック フィールド
inspectプロパティ インスペクターを開く
methodsクラスのメソッド名
methodsviewクラス メソッドを表示する
setグラフィックス オブジェクトのプロパティの設定

R2006a より前に導入