Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

伝達関数モデル

伝達関数モデル

伝達関数モデルは、多項式の比を使用してシステムの入力と出力間の関係を記述します。"モデル次数" は、分母多項式の次数と等しくなります。分母多項式の根はモデルの "極" と呼ばれます。分子多項式の根はモデルの "零点" と呼ばれます。

伝達関数モデルのパラメーターはその極、零点、および伝達遅延です。

連続時間では、伝達関数モデルは次の形式になります。

Y(s)=num(s)den(s)U(s)+E(s)

ここで、Y(s)、U(s)、および E(s) はそれぞれ出力、入力、およびノイズのラプラス変換を表します。num(s) および den(s) は、入力と出力間の関係を定義する分子多項式と分母多項式を表します。

詳細については、伝達関数モデルとはを参照してください。

アプリ

System Identification測定データからの動的システムのモデルの同定

関数

すべて展開する

idtfTransfer function model with identifiable parameters
tfestEstimate transfer function model
pem線形および非線形のモデルを改良するための予測誤差の最小化
delayestデータからの時間遅延 (むだ時間) の推定
initSet or randomize initial parameter values
tfdata伝達関数データにアクセスする
getpvecObtain model parameters and associated uncertainty data
setpvecModify values of model parameters
getparObtain attributes such as values and bounds of linear model parameters
setparSet attributes such as values and bounds of linear model parameters
tfestOptionsOption set for tfest

トピック

伝達関数モデルの基礎

伝達関数モデルの推定

周波数領域のトラブルシューティング

モデルの初期化パラメーターと構造体パラメーター