Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

System Identification

測定データからの動的システムのモデルの同定

説明

System Identification アプリでは、測定された入出力データから動的システムのモデルを同定できます。線形と非線形の両方のモデルを推定し、さまざまなモデルの応答を比較できます。

このアプリを使用して、次のことを実行できます。

  • 測定された入出力データをインポート、プロット、前処理する。

  • 伝達関数、プロセス モデル、多項式モデル、状態空間モデルなどの線形モデルを時間領域、時系列、または周波数領域のデータを使用して推定する。

  • 非線形 ARX モデルおよび Hammerstein-Wiener モデルを時間領域データを使用して推定する。

  • 推定モデルを独立したデータ セットを使用して検証する。

  • 推定モデルをさらに解析するために MATLAB® ワークスペースや Control System Toolbox™ の線形システム アナライザー アプリにエクスポートする。

詳細については、System Identification アプリで [Help][System Identification App Help] を選択してください。

System Identification app

System Identification アプリを開く

  • MATLAB ツールストリップ: [アプリ] タブの [制御システム設計と解析] で、アプリ アイコンをクリックします。

  • MATLAB コマンド プロンプト: 「systemIdentification」と入力します。

プログラムでの使用

すべて展開する

systemIdentification は、System Identification アプリを開きます。アプリが既に開いている場合、このコマンドはアプリにフォーカスを移動します。

systemIdentification(sessionFile) は、アプリを開き、MATLAB パス上の以前に保存したセッション ファイル sessionFile を読み込みます。セッションには、アプリを保存した時点のデータ セットとモデルが含まれます。アプリが既に開いている場合、このコマンドはセッション ファイルの内容をアプリ内の現在の内容とマージします。

たとえば、systemIdentification('mySession') はアプリを開き、以前に保存したアプリ セッション mySession.sid を読み込みます。

セッションを保存するには、System Identification アプリで、[File][Save session] を選択します。セッションが拡張子 .sid のファイルに保存されます。

systemIdentification(sessionFile,path) は、セッション ファイルのパスを指定します。この構文は、ファイルが MATLAB パス上にない場合に使用します。

たとえば、systemIdentification('mySession','C:\matlab\work') はアプリを開き、C:\matlab\work にある以前に保存したアプリ セッション mySession.sid を読み込みます。

制限

System Identification アプリは MATLAB Online™ ではサポートされていません。

バージョン履歴

R2006a より前に導入

参考

関数