Main Content

このページは機械翻訳を使用して翻訳されました。ここをクリックして、元の英語を参照してください。

協調シミュレーションウィザード

既存の HDL ファイルからコシミュレーション ブロックまたはSystem objectを生成します

説明

HDL デザインをSimulink®モデルまたはMATLAB®スクリプトの一部として実行します。コシミュレーション ウィザードは、コシミュレーション ブロック、 System object™、またはMATLABコールバック関数を生成します。さらに、ウィザードは、HDL をコンパイルして HDL シミュレータを起動できるMATLABスクリプトを作成します。

協調シミュレーションウィザード アプリを開く

  • Simulink ツールストリップ: 「Apps」タブの「Verification, Validation and Test」の下で、 「HDL Verifier 」アイコンをクリックして「HDL Verifier 」タブを開きます。次に、「Mode」を選択し、 「Import HDL Files」をクリックします。

  • MATLAB コマンド プロンプト: 「cosimWizard」と入力します。

バージョン履歴

R2012b で導入