Main Content

このページの内容は最新ではありません。最新版の英語を参照するには、ここをクリックします。

速度と面積の最適化

リソースの共有、ストリーミング、パイプライン、RAM マッピングによる改善

ターゲット ハードウェアに対し、速度と面積の最適化を使用して、タイミングおよび面積の要件を満たす HDL コードを MATLAB® 関数から生成します。面積の最適化は、設計のリソース使用率を削減します。速度の最適化は、クリティカル パスを最適化することで設計がより高い周波数で実行されるように、ターゲット FPGA での設計のタイミングを改善します。HDL Coder™ に関する最適化の各タイプの詳細については、HDL Coder での速度および面積の最適化を参照してください。

関数

coder.hdl.loopspecUnroll or stream loops in generated HDL and High-Level Synthesis (HLS) code
coder.hdl.pipelineMATLAB 式の出力にパイプライン レジスタを挿入
coder.hdl.ramconfigSpecify RAM mapping configuration for persistent array variables (R2023b 以降)
hdl.npufunApply neighborhood processing and element-wise operations to incoming image or matrix for frame-to-sample conversion (R2022b 以降)
hdl.iteratorfunApply iterative operation to an incoming image or matrix for frame-to-sample conversion (R2022b 以降)

トピック

最適化の基礎

面積の最適化

速度の最適化

I/O の最適化