Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

MATLAB からの HDL コード生成

MATLAB® アルゴリズムからの HDL コードの生成

HDL コードを生成して、そのコードを ASIC (Application-Specific Integrated Circuit、特定用途向け集積回路) または FPGA (Field Programmable Gate Array) に展開することで、MATLAB アルゴリズムをハードウェアに実装します。HDL コード生成と互換性のある構文および関数を使用して MATLAB アルゴリズムを記述します。このアルゴリズムが浮動小数点データを使用する場合、HDL Coder™ によって固定小数点アルゴリズムへの変換が容易になります。HDL コードを生成し、そのコードが元のアルゴリズムと一致していることを検証してから、HDL コードをターゲット ハードウェアに展開します。

  • MATLAB アルゴリズム設計
    サポートされている MATLAB 構文と関数、System object、ベスト プラクティス
  • 固定小数点の変換
    浮動小数点コードから固定小数点コードへの変換、固定小数点データ型の最適化
  • コード生成
    HDL コードとテスト ベンチの生成、システム統合のための設計のエクスポート
  • 検証
    HDL テスト ベンチ、コシミュレーション、または FPGA インザループを使用した、生成された HDL コードのシミュレーションと検証
  • 展開
    合成スクリプトと、Intel®、Xilinx®、Speedgoat、およびカスタム FPGA ボードへの生成された HDL コードの展開
  • 速度と面積の最適化
    リソースの共有、ストリーミング、パイプライン、RAM マッピングによる改善