Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

HDL コード生成でサポートされている関数

MATLAB® コードから呼び出す MATLAB 組み込み関数およびツールボックス関数のサブセット用に、効率的な HDL コードを生成できます。

サポートされている MATLAB および固定小数点ランタイム ライブラリの関数

HDL コード生成でサポートされている関数を以下の表にリストします。これらの表では、関数の名前の前にある Extended capabilities warning icon. アイコンは、その関数の HDL コード生成に関連する具体的な使用上の注意事項および制限事項があることを示します。これらの使用上の注意事項および制限事項を表示するには、該当するリファレンス ページで、下部の [拡張機能] セクションまでスクロールし、[HDL コード生成] セクションを展開します。

次の表は、Fixed-Point Designer™ 関数からの MATLAB 関数と固定小数点ランタイム ライブラリ関数の両方に関する HDL コード生成のサポートを示します。

次の表は、以下の関数についての HDL コード生成のサポートをまとめたものです。

固定小数点関数の制限

生成されるコード内で関数 Fixed-Point Designer を使用する場合には、上記の表で示されている関数特有の制限事項の他に、次の一般的な制限事項も適用されます。

  • fipref オブジェクトと quantizer オブジェクトはサポートされていません。

  • 勾配とバイアス スケーリングはサポートされていません。

  • ドット表記は fimath プロパティと numerictype プロパティの値を取得する場合のみ使用できます。ドット表記は fi オブジェクトには使用できません。また、プロパティの設定にも使用できません。

  • 128 ビットより大きい語長はサポートされません。

  • 変数が作成されると、その変数の fimathnumerictype を変更することはできなくなります。

  • DataTypeMode プロパティと DataType プロパティの boolean 値と ScaledDouble 値はサポートされていません。

  • FullPrecision 以外のすべての SumMode プロパティ設定では、CastBeforeSum プロパティを true に設定しなければなりません。

  • 関数 numel は、生成されるコード内の fi オブジェクトの要素数を返します。

  • MATLAB から生成される C/C++ コードの一般的な制限が適用されます。コード生成でサポートされない MATLAB 言語機能を参照してください。

参考

|

関連するトピック