Main Content

このページの内容は最新ではありません。最新版の英語を参照するには、ここをクリックします。

codegen

MATLAB コードからの HDL コードまたは SystemC コードの生成

説明

codegen -config hdlcfg matlab_design_name は、MATLAB® コードから HDL コードまたは SystemC コードを生成します。

codegen -config hdlcfg -float2fixed fixptcfg matlab_design_name は、浮動小数点 MATLAB コードを固定小数点コードに変換してから HDL コードまたは SystemC コードを生成します。

すべて折りたたむ

hdlcfg という coder.HdlConfig オブジェクトを作成します。

hdlcfg = coder.config('hdl'); % Create a default 'hdl' config

テスト ベンチの名前を設定します。この例では、テスト ベンチ関数の名前は mlhdlc_dti_tb です。

hdlcfg.TestBenchName = 'mlhdlc_dti_tb';

ターゲット言語を Verilog® に設定します。

hdlcfg.TargetLanguage = 'Verilog';

MATLAB 設計から HDL コードを生成します。この例では、MATLAB 設計関数の名前は mlhdlc_dti です。

codegen -config hdlcfg mlhdlc_dti

fixptcfg という coder.FixptConfig オブジェクトを既定の設定で作成します。

fixptcfg = coder.config('fixpt');

テスト ベンチの名前を設定します。この例では、テスト ベンチ関数の名前は mlhdlc_dti_tb です。

fixptcfg.TestBenchName = 'mlhdlc_dti_tb';

hdlcfg という coder.HdlConfig オブジェクトを既定の設定で作成します。

hdlcfg = coder.config('hdl');

浮動小数点 MATLAB 設計を固定小数点に変換し、HDL コードまたは SystemC コードを生成します。この例では、MATLAB 設計関数の名前は mlhdlc_dti です。

codegen -float2fixed fixptcfg -config hdlcfg mlhdlc_dti

入力引数

すべて折りたたむ

HDL コード生成の構成オプション。coder.HdlConfig オブジェクトとして指定します。

coder.HdlConfig オブジェクトは HDL の関数 coder.config を使用して作成します。

HDL コードを生成する最上位の MATLAB 関数の名前。

浮動小数点から固定小数点への変換の構成オプション。coder.FixptConfig オブジェクトとして指定します。

fixptcfg は、浮動小数点 MATLAB コードから HDL コードを生成する場合に使用します。coder.FixptConfig オブジェクトは HDL の関数 coder.config を使用して作成します。

バージョン履歴

R2013a で導入