Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

ルックアップ テーブルを使用した近似関数

Simulink® での関数ルックアップ テーブルの作成と最適化

ルックアップ テーブル オプティマイザーを使用して、関数、サブシステム、ブロックを近似するメモリ効率の高いルックアップ テーブルを生成できます。これを使用して既存の Lookup Table ブロックを最適化することもできます。

アプリ

ルックアップ テーブル オプティマイザー既存のルックアップ テーブルの最適化とルックアップ テーブルによる関数の近似

クラス

DataTypeWorkflow.findDecoupledSubsystems近似で置き換えるサブシステムのリストの取得
FunctionApproximation.Problem 近似する関数または最適化するルックアップ テーブルを定義するオブジェクト
FunctionApproximation.Options FunctionApproximation.Problem オブジェクトで使用する追加オプションの指定
FunctionApproximation.LUTSolution最適化されたルックアップ テーブル データまたは数学関数を近似するルックアップ テーブル データ
FunctionApproximation.LUTMemoryUsageCalculatorシステム内の Lookup Table ブロックで使用されるメモリの計算
LUTCompressionResultシステム内のすべての Lookup Table ブロック用の最適化されたルックアップ テーブル データ

関数

FunctionApproximation.compressLookupTablesシステム内のすべての Lookup Table ブロックの圧縮
coder.approximation関数置換構成オブジェクトの作成

トピック

メモリ効率を高めるためのルックアップ テーブルの最適化

ルックアップ テーブル オプティマイザーを使用したルックアップ テーブルの最適化

メモリ効率を高めるためのプログラムによるルックアップ テーブルの最適化

既存のルックアップ テーブルを最適化し、Math Function ブロックまたは関数ハンドルからルックアップ テーブルを生成する。

直接ルックアップ テーブルを使用した関数の近似

直接ルックアップ テーブルによる関数またはブロックの近似を生成する。

ルックアップ テーブルを使用した MATLAB Function ブロックでの関数の置換

ルックアップ テーブル置換を使用して MATLAB® Function ブロックを自動的に置換します。

浮動小数点モデルから固定小数点モデルへの変換

固定小数点ツールを使用して浮動小数点モデルを固定小数点モデルに変換する。

注目の例