Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

FunctionApproximation.LUTMemoryUsageCalculator クラス

パッケージ: FunctionApproximation

システム内の Lookup Table ブロックで使用されるメモリの計算

説明

FunctionApproximation.LUTMemoryUsageCalculator クラスを使用すると、1-D Lookup Table2-D Lookup Tablen-D Lookup Table など、モデルで使用されている各 Lookup Table ブロックによる使用メモリを計算できます。

作成

calculator = FunctionApproximation.LUTMemoryUsageCalculator()FunctionApproximation.LUTMemoryUsageCalculator オブジェクトを作成します。lutmemoryusage メソッドを使用して、モデル内の各 Lookup Table ブロックで使用されるメモリを計算します。

プロパティ

すべて展開する

パブリック プロパティ

システム内の Lookup Table ブロックを検索するオプション。Simulink.FindOptions オブジェクトとして指定します。

メソッド

lutmemoryusageシステム内の Lookup Table ブロックで使用されるメモリの計算

コピーのセマンティクス

ハンドル。ハンドル クラスがコピー操作にどのように影響するかについては、オブジェクトのコピーを参照してください。

すべて折りたたむ

FunctionApproximation.LUTMemoryUsageCalculator クラスを使用して、モデル内の Lookup Table ブロックで使用される合名メモリを計算します。

FunctionApproximation.LUTMemoryUsageCalculator オブジェクトを作成します。

calculator = FunctionApproximation.LUTMemoryUsageCalculator

lutmemoryusage メソッドを使用して、sldemo_fuelsys モデル内の各 Lookup Table ブロックで使用されるメモリを取得します。

load_system('sldemo_fuelsys')
lutmemoryusage(calculator, 'sldemo_fuelsys')
ans =

  5×2 table

                                                    BlockPath                                               MemoryUsage
         _______________________________________________________________________________________________    ___________

    1    "sldemo_fuelsys/fuel_rate_control/airflow_calc/Pumping Constant"                                      1516    
    2    "sldemo_fuelsys/fuel_rate_control/control_logic/Throttle.throttle_estimate/Throttle Estimation"       1516    
    3    "sldemo_fuelsys/fuel_rate_control/control_logic/Speed.speed_estimate/Speed Estimation"                1436    
    4    "sldemo_fuelsys/fuel_rate_control/control_logic/Pressure.map_estimate/Pressure Estimation"            1364    
    5    "sldemo_fuelsys/fuel_rate_control/airflow_calc/Ramp Rate Ki"                                           192    
R2018a で導入