Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

FunctionApproximation.LUTSolution クラス

パッケージ: FunctionApproximation

最適化されたルックアップ テーブル データまたは数学関数を近似するルックアップ テーブル データ

説明

FunctionApproximation.LUTSolution オブジェクトには、最適化されたルックアップ テーブル データまたは数学関数を近似するルックアップ テーブル データが格納されます。FunctionApproximation.LUTSolution オブジェクトを作成するには、FunctionApproximation.Problem オブジェクトで solve メソッドを使用します。ルックアップ テーブルの近似または最適化されたルックアップ テーブルを含むサブシステムを生成するには、FunctionApproximation.LUTSolution オブジェクトの approximate メソッドを使用します。

FunctionApproximation.LUTSolution オブジェクトを MAT ファイルに保存しておけば、後で解を復元することができます。

作成

solution = solve(problem) は、FunctionApproximation.Problem オブジェクト problem で定義された問題の解を求め、近似または最適化 solutionFunctionApproximation.LUTSolution オブジェクトとして返します。

入力引数

すべて展開する

近似する関数または最適化するルックアップ テーブルと最適化で考慮する制約。FunctionApproximation.Problem オブジェクトとして指定します。

プロパティ

すべて展開する

解の ID。スカラー整数として指定されます。

このプロパティは読み取り専用です。

データ型: double

FunctionApproximation.LUTSolution オブジェクト solution で指定された近似または最適化が FunctionApproximation.Problem オブジェクト problem とそれに関連付けられた FunctionApproximation.Options で指定された制約を満たすかどうか。

このプロパティは読み取り専用です。

データ型: logical

近似で見つかった実行不可能な解を含むすべての解。FunctionApproximation.LUTSolution オブジェクトのベクトルとして指定されます。

このプロパティは読み取り専用です。

指定された制約を満たすすべての解。FunctionApproximation.LUTSolution オブジェクトのベクトルとして指定されます。

このプロパティは読み取り専用です。

元の FunctionApproximation.Problem オブジェクトで最適化する Lookup Table ブロックを指定した場合、PercentReduction プロパティは元のルックアップ テーブルからのメモリの削減を示します。元の FunctionApproximation.Problem オブジェクトで数学関数または関数ハンドルを指定した場合は、PercentReduction-Inf になります。

このプロパティは読み取り専用です。

データ型: double

FunctionApproximation.LUTSolution オブジェクトで近似された FunctionApproximation.Problem オブジェクト。

このプロパティは読み取り専用です。

ルックアップ テーブルの近似に関するデータを含む struct。この struct には次のフィールドがあります。

  • BreakpointValues - ルックアップ テーブルのブレークポイント

  • BreakpointDataTypes - ルックアップ テーブルのブレークポイントのデータ型

  • TableValues - ルックアップ テーブルの値

  • TableDataType - テーブル データのデータ型

  • IsEvenSpacing - ブレークポイントが等間隔であるかどうかを示すブール値

このプロパティは読み取り専用です。

メソッド

approximateFunctionApproximation.LUTSolution からの Lookup Table ブロックの生成
compareFunctionApproximation.LUTSolution の数値結果の元の関数またはルックアップ テーブルとの比較
displayallsolutions 関数の近似で見つかったすべての解の表示
displayfeasiblesolutions関数の近似で見つかったすべての実行可能解の表示
getErrorValueルックアップ テーブル近似の誤差の合計の取得
replaceWithApproximate生成されたルックアップ テーブル近似によるブロックの置換
revertToOriginal近似で置き換えられたブロックを元の状態に戻す
solutionfromID 近似プロセスで見つかった解へのアクセス
totalmemoryusage ルックアップ テーブルの近似で使用される合計メモリの計算

コピーのセマンティクス

ハンドル。ハンドル クラスがコピー操作にどのように影響するかについては、オブジェクトのコピーを参照してください。

R2018a で導入