Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

ルックアップ テーブル オプティマイザー

既存のルックアップ テーブルの最適化とルックアップ テーブルによる関数の近似

説明

ルックアップ テーブル オプティマイザーを使用して、Subsystem ブロック、数学関数ブロックや関数ハンドルを含む既存の Simulink® ブロックを近似する最適化された (メモリ効率が高い) ルックアップ テーブルを取得できます。最適化されたルックアップ テーブルを Simulink ブロックまたは MATLAB® 関数として返すように選択できます。このオプティマイザーでは、浮動小数点と固定小数点のあらゆる組み合わせのデータ型をサポートしています。入力と出力の元のデータ型は必要に応じて保持することも変更することもできます。メモリの使用が最小限になるように、オプティマイザーでブレークポイントとテーブル データのデータ型、およびブレークポイントの数と間隔が選択されます。

ルックアップ テーブル オプティマイザー アプリを開く

  • Simulink モデルの [アプリ] タブで、[アプリ] セクションの右端にある矢印をクリックします。[コード生成] ギャラリーで [ルックアップ テーブル オプティマイザー] をクリックします。

  • Lookup Table ブロックがある Simulink モデルで Lookup Table ブロックを選択し、[ルックアップ テーブル] タブで [ルックアップ テーブル オプティマイザー] を選択します。

バージョン履歴

R2018a で導入