Main Content

lutmemoryusage

クラス: FunctionApproximation.LUTMemoryUsageCalculator
パッケージ: FunctionApproximation

システム内の Lookup Table ブロックで使用されるメモリの計算

構文

memory = lutmemoryusage(calculator,system)

説明

memory = lutmemoryusage(calculator,system) は、指定されたモデルまたはサブシステム内の各 Lookup Table ブロックで使用されるメモリを計算します。

入力引数

すべて展開する

Lookup Table ブロックが含まれているモデルまたはサブシステム。文字ベクトルとして指定します。

データ型: char

出力引数

すべて展開する

指定したシステム内の各 Lookup Table ブロックで使用されるメモリ (ビット単位) を表示する table。

すべて展開する

FunctionApproximation.LUTMemoryUsageCalculator クラスを使用して、モデル内の Lookup Table ブロックで使用されるメモリを計算します。

FunctionApproximation.LUTMemoryUsageCalculator オブジェクトを作成します。

calculator = FunctionApproximation.LUTMemoryUsageCalculator

lutmemoryusage メソッドを使用して、sldemo_fuelsys モデル内の各 Lookup Table ブロックで使用されるメモリを取得します。

openExample('simulink_automotive/ModelingAFaultTolerantFuelControlSystemExample','supportingfile','sldemo_fuelsys');
lutmemoryusage(calculator, 'sldemo_fuelsys')
ans =

  5×2 table

                                                    BlockPath                                               MemoryUsage
         _______________________________________________________________________________________________    ___________

    1    "sldemo_fuelsys/fuel_rate_control/airflow_calc/Pumping Constant"                                      1516    
    2    "sldemo_fuelsys/fuel_rate_control/control_logic/Throttle.throttle_estimate/Throttle Estimation"       1516    
    3    "sldemo_fuelsys/fuel_rate_control/control_logic/Speed.speed_estimate/Speed Estimation"                1436    
    4    "sldemo_fuelsys/fuel_rate_control/control_logic/Pressure.map_estimate/Pressure Estimation"            1364    
    5    "sldemo_fuelsys/fuel_rate_control/airflow_calc/Ramp Rate Ki"                                           192      

バージョン履歴

R2018a で導入