Main Content

M-PAM Modulator Baseband

M-ary パルス振幅変調を用いた変調

ライブラリ

Modulation の Digital Baseband サブライブラリ内の AM

  • M-PAM Modulator Baseband block

説明

M-PAM Modulator Baseband ブロックは、M-ary パルス振幅変調を使用して変調します。出力は、変調信号のベースバンド表現です。[M-ary number] パラメーター M は、信号コンスタレーションのポイント数です。この値は偶数の整数でなければなりません。

メモ

すべての電力値は公称インピーダンス 1 オームを想定しています。

コンスタレーション サイズとスケーリング

ベースバンド M 配置パルス振幅変調は、ブロックの既定の信号コンスタレーションを使用して、0 と M-1 の間にある整数 m を次の複素値にマップします。

2m - M + 1

メモ

この値は、実際は実数値です。ブロックの出力信号はデータ型を複素数とする信号で、その虚数部はゼロです。

ブロックは、[Normalization method] パラメーターの指定に基づいて既定の信号コンスタレーションをスケーリングします。次の表は、可能なスケーリングの条件を一覧表示したものです

正規化方式のパラメーター値スケーリングの条件
Min. distance between symbols コンスタレーションの最近傍のポイントの対は、[Minimum distance] パラメーターの値で分けられます。
Average Power コンスタレーション点中のシンボルの平均電力は [Average Power] パラメーターです。
Peak Power コンスタレーション点中のシンボルの最大電力は [Peak Power] パラメーターです。

整数値信号とバイナリ値信号

このブロックは、スカラーまたは列ベクトルの入力信号を受け入れます。

[入力タイプ] パラメーターを [Integer] に設定すると、ブロックでは [0, (M-1)] の範囲の整数値が受け入れられます。M は、[M-ary number] ブロック パラメーターで指定される変調次数です。

[Input type] パラメーターが [Bit] に設定されている場合、ブロックは整数を示すバイナリ値入力を受け入れます。ブロックは、バイナリ値信号を K = log2(M) ビットのグループに集約します。ここで、K はシンボルあたりのビット数、M は変調次数です。

入力ベクトルの長さは K の整数倍でなければなりません。この設定では、ブロックは K ビットのグループを受け入れ、そのグループをブロック出力でシンボルにマッピングします。ブロックは K ビットのグループごとに、変調されたシンボルを 1 つ出力します。

[Constellation ordering] パラメーターは、ブロックがバイナリ ワードを信号コンスタレーションのポイントに割り当てる方法を示します。

  • [Constellation ordering][Binary] に設定された場合、ブロックは通常のバイナリ符号のコンスタレーションを使用します。

  • [Constellation ordering][Gray] に設定された場合、ブロックはグレイ符号コンスタレーションを使用します。

    グレイ符号化の詳細については、M-PSK Modulator Baseband ブロックのリファレンス ページを参照してください。

パラメーター

M-ary number

信号コンスタレーションのポイント数です。この値は偶数の整数でなければなりません。

Input type

入力が整数で構成されるかビットのグループで構成されるかを示します。このパラメーターを [Bit] に設定した場合、K を正の整数値として、[M-ary number] は 2K でなくてはなりません。

Constellation ordering

ブロックが入力ビットの各グループを対応する整数にマップする方法を指定します。

Normalization method

ブロックによる信号コンスタレーションのスケーリング方式を決定します。選択肢は、[Min. distance between symbols][Average Power] および [Peak Power] です。

Minimum distance

最も近い 2 つのコンスタレーション点間の距離です。このフィールドは、[Normalization method][Min. distance between symbols] に設定した場合にのみ表示されます。

Average power, referenced to 1 ohm (watts)

コンスタレーション点中のシンボルの、1 オームを基準とした平均電力です。このフィールドは、[Normalization method][Average Power] に設定した場合にのみ表示されます。

Peak power, referenced to 1 ohm (watts)

コンスタレーション点中のシンボルの、1 オームを基準とした最大の電力です。このフィールドは、[Normalization method][Peak Power] に設定した場合にのみ表示されます。

コンスタレーションの表示

ブロック マスクで [View Constellation] をクリックして、指定したブロック パラメーターの信号コンスタレーションを可視化します。コンスタレーションを表示する前に、パラメーターの設定を適用します。詳細については、変調器ブロックのコンスタレーションの表示を参照してください。

出力データ型

出力データ型。[double][single][fixdt(1,16)][fixdt(1,16, 0)][逆伝播による継承]、または [<データ型式>] として指定します。

このパラメーターの設定を

  • [fixdt(1,16)][fixdt(1,16.0)]、または [<データ型式>] とした場合、より詳しい項目を指定するためのパラメーターが有効になります。

  • [逆伝播による継承] とした場合、出力データ型とスケーリングは次のブロックに一致するように設定されます。

[データ型アシスタント] は、データ属性の設定を支援します。[データ型アシスタント] を使用するには、[データ型アシスタントを表示] をクリックします。詳細については、データ型アシスタントを利用したデータ型の指定 (Simulink)を参照してください。

サポートされているデータ型

端子サポートされているデータ型

入力

  • 倍精度浮動小数点

  • 単精度浮動小数点

  • Boolean ([Input type][Bit] の場合)

  • 8、16、32 ビット符号付き整数

  • 8、16、32 ビット符号なし整数

  • ufix(log2M) ([Input type][Integer] の場合)

出力

  • 倍精度浮動小数点

  • 単精度浮動小数点

  • 符号付き固定小数点

ペア ブロック

M-PAM Demodulator Baseband

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

バージョン履歴

R2006a より前に導入