Main Content

pammod

パルス振幅変調 (PAM)

説明

y = pammod(x,M) は、PAM とアルファベット サイズ M を使用して、入力メッセージ信号 x の変調の複素エンベロープを返します。

y = pammod(x,M,initphase) は、変調信号の初期位相を指定します。

y = pammod(x,M,initphase,symorder) は、変調シンボルのバイナリ符号またはグレイ符号のマッピング順序を指定します。

すべて折りたたむ

ランダム データ シンボルを生成し、パルス振幅変調を適用します。

変調次数を設定します。

M = 8;

ランダム整数を生成し、初期位相が π/4 の PAM 変調を適用します。

data = randi([0 M-1],100,1);
modData = pammod(data,M,pi/4);

PAM コンスタレーション ダイアグラムを表示します。

scatterplot(modData)

Figure Scatter Plot contains an axes object. The axes object with title Scatter plot, xlabel In-Phase, ylabel Quadrature contains a line object which displays its values using only markers. This object represents Channel 1.

グレイ符号化データとバイナリ符号化データの PAM シンボル マッピングをプロットします。

変調次数を設定し、コンスタレーション点の完全なセットを含むデータ シーケンスを作成します。

M = 8;
data = 0:M-1;

グレイ バイナリ符号化データと通常のバイナリ符号化データを変調および復調します。

symgray = pammod(data,M,0,'gray');
mapgray = pamdemod(symgray,M,0,'gray');

symbin = pammod(data,M,0,'bin');
mapbin = pamdemod(symbin,M,0,'bin');

いずれかのシンボル セットを使用してコンスタレーション点をプロットします。コンスタレーション点ごとに、各シンボルのグレイ符号化値とバイナリ符号化値を示すラベルを割り当てます。

  • グレイ符号のシンボル マッピングでは、隣接するコンスタレーション点は 1 ビットだけ異なり、かつ数値的に連続していません。

  • バイナリ符号のマッピングでは、隣接するコンスタレーション点はバイナリ符号化に従い、かつ連続しています。

scatterplot(symgray,1,0,'b*');
for k = 1:M
    text(real(symgray(k))-0.6,imag(symgray(k))+0.6,...
        dec2base(mapgray(k),2,4));
    text(real(symgray(k))-0.2,imag(symgray(k))+1.2,...
        num2str(mapgray(k)));
    
    text(real(symbin(k))-0.6,imag(symbin(k))-0.6,...
        dec2base(mapbin(k),2,4),'Color',[1 0 0]);
    text(real(symbin(k))-0.2,imag(symbin(k))-1.2,...
        num2str(mapbin(k)),'Color',[1 0 0]);
end
axis([-M M -2 2])

Figure Scatter Plot contains an axes object. The axes object with title Scatter plot, xlabel In-Phase, ylabel Quadrature contains 33 objects of type line, text. One or more of the lines displays its values using only markers This object represents Channel 1.

入力引数

すべて折りたたむ

入力信号。[0, M – 1] の範囲にある整数のベクトルまたは行列として指定します。

例: randi([0 3],100,1)

データ型: double

変調次数。2 のべき乗として指定します。

例: 4

データ型: double

変調信号の初期位相 (ラジアン単位)。実数スカラーとして指定します。

例: pi/4

データ型: double

変調シンボルのマッピング順序。'bin' または 'gray' として指定されます。この引数は、どのようにバイナリ ベクトルを対応する整数に割り当てるかを指定します。

  • symorder'bin' に設定されている場合、関数はバイナリ符号のマッピング順序を使用します。

  • symorder'gray' に設定されている場合、関数はグレイ符号のマッピング順序を使用します。

データ型: char | string

出力引数

すべて折りたたむ

PAM 変調された信号の複素ベースバンド表現。複素数値のベクトルまたは行列として返されます。変調信号は最小ユークリッド距離 2 をもちます。y の列は独立したチャネルを表します。

データ型: double | single
複素数のサポート: あり

拡張機能

バージョン履歴

R2006a より前に導入