MathWorks、MATLAB および Simulink の Release 2022b を発表 新製品 Simscape Battery、およびモデルベースデザインを簡略化、自動化するアップデートを提供

エンドツーエンドの医用画像解析ワークフローを提供する新製品 Medical Imaging Toolbox も発表

Natick, Massachusetts, United States - (2022年9月20日)

MathWorks は本日、MATLAB® および Simulink® 製品ファミリの Release 2022b (以下、R2022b) を発表しました。R2022b では、2 つの新製品に加え、モデルベースデザイン (MBD、モデルベース開発) を簡略化し、自動化する複数の機能強化が導入されています。この機能強化は、組織において製品の技術革新と躍進を使命とするエンジニア

世界のバッテリー マネジメント システム市場は 2026 年までに 134 億ドル規模に達すると予測されています。Bloomberg New Energy Finance は、この市場規模の拡大は主に、電気自動車 (EV) 市場の成長に起因する可能性を指摘しています。同社の最新のレポートでは、2040 年までに EV が世界における乗用車の売り上げの 58% を占めるようになると示されています。今回発表した Simscape Battery™ は、R2022b のリリースで導入された中でも特に革新的な新製品であり、EV 用などのバッテリーシステムを設計する企業向けの設計ツールおよびパラメーター化されたモデルを提供します。 

エンジニアや研究者は、Simscape Battery を使用することで、デジタル ツインの作成、バッテリーパック アーキテクチャのバーチャルテストの実行、バッテリー マネジメント システムの設計、平常時および故障時におけるバッテリーシステムの動作評価が可能になります。また、Simscape Battery によって、必要なバッテリー パック モデルのトポロジを自動作成できます。冷却プレート接続が含まれているため、電気応答および熱応答を評価することもできます。

MathWorks の Electrical Systems Modeling 担当 Principal Product Manager、Graham Dudgeon は次のように述べています。「バッテリー マネジメント システムにおける技術革新がかつてないほど進んでいるなか、Simscape Battery をリリースできることを非常にうれしく思います。この新製品には、エンジニアがさまざまなバッテリーパック アーキテクチャを対話的に評価できる Battery Pack Model Builder をはじめ、モデルベースデザインの簡略化と自動化を実現するための数多くの設計ツールが含まれています。」

R2022b には、新製品である Medical Imaging Toolbox も含まれます。このツールボックスには、ディープラーニングを使用する診断アルゴリズムおよびラジオミクス アルゴリズムを、医用画像処理アプリケーションで設計、テスト、展開するためのツールが用意されています。医療分野の研究者、科学者、エンジニア、機器設計者は Medical Imaging Toolbox を使用して、様々なモダリティの 3D レンダリングやレジストレーション、セグメンテーション、およびディープ ニューラル ネットワークを学習させるためのグラウンド トゥルースのラベル付けを支援します。

R2022b では、MATLAB および Simulink で広く利用されているツールのアップデートも行われています。詳細は下記のとおりです。  

  • AUTOSAR Blockset: クライアント/サーバー ARA 手法を使用したサービス指向のアプリケーションを開発し、組み込み Linux プラットフォームに展開できます。このツールでは、アーキテクチャモデル内のデータ型およびインターフェイスを定義できます。
  • Fuzzy Logic Toolbox: 新しくなった Fuzzy Logic Designer アプリを使用して、ファジィ推論システム (FIS) を対話的に設計、解析、シミュレーションできます。また、機能強化されたこのツールボックスを使用すれば、エンジニアや研究者はコマンド ライン関数または Fuzzy Logic Designer アプリで Type-2 FIS を設計できます。
  • HDL Coder: 高位合成 (HLS) 用の最適化された SystemC コードを MATLAB から生成できます。また、フレームからサンプルへのモデル変換を使用してコードを最適化できます。
  • Model Predictive Control Toolbox: 非線形モデル予測コントローラーの予測モデルとしてニューラル ネットワークを使用できます。また、このツールボックスを使用して、ISO 26262 および MISRA C 規格に準拠したモデル予測設計コントローラーを実装できるようになりました。
  • System Identification Toolbox: ニューラル常微分方程式 (ODE) を使用して、ディープラーニングに基づく非線形状態空間モデルを作成できます。機械学習およびディープラーニング技術により、非線形 ARX モデルおよび Hammerstein-Wiener モデルにおいて非線形ダイナミクスを表現することもできます。

MATLAB および Simulink 製品ファミリに関するすべての新製品、拡張機能、およびバグ修正の詳細については、R2022bのハイライトページをご覧ください。

MathWorks について

MathWorks は、数学的計算で業界をリードする世界的なソフトウェア開発会社です。MATLAB は、エンジニアと科学者のための言語として、アルゴリズム開発、データ解析、可視化、数値計算のためのプログラミング環境を提供します。Simulink は、マルチドメインおよび組み込みエンジニアリング システムのシミュレーションとモデルベースデザインのためのブロック線図環境です。世界中のエンジニアや科学者が、自動車、航空宇宙、通信、エレクトロニクス、産業オートメーションなどの産業分野において、検出、革新、開発を加速させるためのツールとしてこれらの製品を利用しています。また、MATLAB および Simulink は、教育および研究に欠かせないツールとして、世界各国の大学や教育機関において活用されています。MathWorks は 1984 年に設立され、現在はマサチューセッツ州ネイティックを本拠地とし、世界 16 か国で 5000 名以上の従業員が活躍しています。詳細については、jp.mathworks.com をご覧ください。

MATLAB and Simulink are registered trademarks of The MathWorks, Inc. See mathworks.com/trademarks for a list of additional trademarks. Other product or brand names may be trademarks or registered trademarks of their respective holders.