モデルベース システム エンジニアリング

はじめに

モデルベース システム エンジニアリングの例、ビデオ、およびチュートリアルを見る

アーキテクチャモデルの開発

一連の要件から着手して、システムの分解と要件の割り当てプロセスを推進する方法をご紹介します。次に、アーキテクチャ候補のトレードスタディを行い、設計の開発元となるアーキテクチャを選定します。

ビデオ

System Composer のコンポジションの概要、構成要素、および作成方法についての説明を聞く。

ビデオ

ドキュメンテーション

ドキュメンテーション

要件の割り当てとトレーサビリティ

Simulink Requirements を使用することにより、Simulink 内で要件のオーサリング、インポート、管理を行い、実装および検証のステータスを追跡して、要件の変更に素早く対応することができます。

ビデオ

要件パースペクティブにより、Simulink または Stateflow 内の要件を参照、編集、リンク、および整理できるようになります。

ビデオ

Simulink Requirements を用いて、アーキテクチャに割り当てられていない要件を探して、要件の変更で影響を受ける可能性があるアーキテクチャ要素を参照。

ビデオ

ドキュメンテーション

トレード研究とアーキテクチャの解析

ドキュメンテーション

ドキュメンテーション

このビデオでは、1 つのコンポーネントとその連結性に焦点を当てたダイアグラムを自動的に作成する方法について説明します。

ビデオ

Simulink の統合

System Composer コンポーネントから Simulink 動作モデルを作成する方法、および既存の Simulink モデルから System Composer コンポーネントを作成する方法をご覧ください。

ビデオ

ドキュメンテーション

ドキュメンテーション