Version 1.2, part of Release 2019a, includes the following enhancements:

  • キネマティクス (K) およびコンプライアンス (C) のバーチャルテストラボ: マップサスペンションブロックのパラメーターをスプレッドシート データから生成
  • アクティブダンパ: デューティ比とサスペンション速度を軸としたダンパを実装したサスペンション ブロック
  •  Fiala タイヤブロック: 横方向と縦方向のスリップ機能を備えた簡便タイヤブロック
  • 一定半径旋回マニューバー: 操舵と横方向の車両ダイナミクスの特性を評価するリファレンスアプリケーション

詳細については、リリース ノートをご覧ください。

Version 1.1, part of Release 2018b, includes the following enhancements:

  • Active Differential Block: Model a spur or dual planetary active differential gear for applications such as torque vectoring
  • Vehicle Body 6DOF Block: Include additional loads on the vehicle body such as passengers, powertrain components, and cargo
  • Kinematics and Compliance Virtual Test Laboratory: Use a reference application to calibrate suspension parameters
  • Unreal Engine 4 Interface: Use support package to customize and install additional 3D scenes

See the Release Notes for details.