MATLAB および Simulink トレーニング

コースの詳細

この2日コースでは、Simulink® と Simscape™ を使用したパワーエレクトロニクスのモデリング手法を習得します。HEV(ハイブリッド電気自動車)のパワートレインシステムを題材に、電気回路のモデル化や熱影響を含んだシミュレーション、モデルベースでの回路解析や制御設計のアプローチ、更にはシステムレベルでのシミュレーションについて学びます.パワーエレクトロニクスへの効率的なシミュレーション活用や解析方法を学ばれたい方に、特に適したコースです.
 
  • DC/DC パワー エレクトロニクス コンバーターのモデル化
  • 電力用半導体デバイスのパラメーター化
  • コンバーター モデルの忠実度
  • デジタル制御設計
  • DC/AC 三相インバーターのモデル化
  • インバーター制御設計
  • モーター制御
  • システムレベルの統合と検証

1日目


DC/DC パワー エレクトロニクス コンバーターのモデル化

学習目標: DC/DC パワーエレクトロニクス コンバーターのモデル化と分析について学びます。

  • 昇圧コンバーターの動作原理
  • 開ループ昇圧コンバーターのモデル化
  • 物理量の測定
  • ソルバーの選択
  • シミュレーション結果の検証
  • プリビルド PWM ブロックの使用

電力用半導体デバイスのパラメーター化

学習目標: 電力用半導体デバイスのパラメータ化し、半導体スイッチング デバイスの損失とコンバータの効率を特徴づける方法を学びます。

  • 電力用半導体デバイスのモデル化
  • コンバーターの損失と効率
  • 半導体デバイスのデータシートからのパラメーター化
  • 半導体の熱効果

コンバーター モデルの忠実度

学習目標: 最も適切なレベルの忠実度を持つパワーエレクトロニクスモデルを構築する方法について学びます。

  • コンバーター モデルの適切な忠実度の選択
  • プリビルド コンポーネントの使用
  • 基本的なコンポーネントによるモデル化手法の使用

デジタル制御設計

学習目標: パワーエレクトロニクス スイッチングモデルを線形化し、閉ループ制御システムをパラメータを調整する方法について学びます。

  • 閉ループ電圧への離散 PID 制御の実装
  • モデルと制御のサンプル時間の設定
  • パワー エレクトロニクス コンバーターの線形化
  • 周波数応答の推定
  • コントローラーの調整
  • テストと検証

2日目


DC/AC 三相インバーターのモデル化

学習目標: DC/AC 三相パワー エレクトロニクス コンバータのモデル化と解析について学びます。

  • 三相インバーターの動作原理
  • 3相座標系での開ループ三相インバーターのモデル化
  • 三相物理量の測定
  • 高調波と歪みの特性確認
  • インバーター モデルの忠実度の制御

インバーター制御設計

学習目標: 制御設計ワークフローを三相インバーターに適用する方法について学びます。

  • Clarke 変換と Park 変換の概要
  • 回転直交 dq0 基準座標系での閉ループ電流 PID 制御の実装
  • 周波数応答の推定
  • 電流コントローラーの調整
  • テストと検証

モーター制御

学習目標: パワーエレクトロニクス素子を使用した電気モーターのモデル化および制御方法について学びます。

  • PMSM モーターのモデル化
  • ベクトル制御の原理
  • モーター トルク制御の実装
  • モーター制御設計の検証

システムレベルの統合と検証

学習目標: Simulink アーキテクチャを使用してシステムを再利用可能なコンポーネントに分割し、これらのコンポーネントをシステム レベルのモデルに統合する方法を学びます。

  • システムレベルのモデルの設計
  • モデルの分割
  • システムレベルのモデルへの統合
  • システムレベルのモデルの検証

レベル: 中級

必要条件:

期間: 2 日

言語: English, 中文, 日本語, 한국어

スケジュールを確認して登録する