最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

pcwrite

PLY ファイルまたは PCD ファイルへの 3 次元点群の書き込み

説明

pcwrite(ptCloud,filename) は、入力 filename 文字ベクトルによって指定された PLY ファイルまたは PCD ファイルに点群オブジェクト ptCloud を書き込みます。

pcwrite(ptCloud,filename,'Encoding',encodingType) は、指定された形式の PLY ファイルに pointCloud オブジェクト ptCloud を書き込みます。

すべて折りたたむ

ptCloud = pcread('teapot.ply');
pcshow(ptCloud); 

pcwrite(ptCloud,'teapotOut','PLYFormat','binary');
load('object3d.mat');
pcwrite(ptCloud,'object3d.pcd','Encoding','ascii');
pc = pcread('object3d.pcd');
pcshow(pc);

入力引数

すべて折りたたむ

ファイル名。文字ベクトルとして指定します。入力ファイル タイプは PLY 形式または PCD 形式のファイルでなければなりません。

PLY ファイルの場合、関数 pcwrite は、整理された M x N x 3 の点群を整理されていない M 行 3 列の形式に変換します。PLY ファイルはオーガナイズド点群をサポートしないため、形式が変換されます。そのオーガナイズド形式を保持するには、点群を PCD ファイルとして保存できます。

拡張子の付いたファイル名を指定しない場合、ファイルは PLY 形式で書き込まれます。

点群を格納するオブジェクト。pointCloud オブジェクトとして指定します。

PLY 形式または PCD 形式のファイル。文字ベクトル 'Encoding'、およびファイル形式の文字ベクトルで構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。

ファイル形式有効なエンコード
PLY'ascii''binary'
PCD'ascii''binary' または 'compressed'

R2015a で導入