最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Computer Vision System Toolbox

コンピューター ビジョンおよび動画処理システムの設計とシミュレーション

Computer Vision System Toolbox™ は、コンピューター ビジョンと動画処理システムを設計しシミュレートするためのアルゴリズム、関数およびアプリを提供します。特徴の検出、抽出およびマッチングに加え、オブジェクトの検出と追跡を実行できます。システム ツールボックスでは、3 次元コンピューター ビジョン用に単一カメラ、ステレオ カメラ、および魚眼カメラのキャリブレーション、ステレオ ビジョン、3 次元構造の再構築、3 次元点群処理などがサポートされています。

深層学習と機械学習のアルゴリズムにより、事前学習済みの検出器を使って顔、歩行者、その他共通のオブジェクトを検出できます。Faster R-CNN や ACF などの学習フレームワークでグラウンド トゥルースのラベル付けを使用してカスタムの検出器を学習させることができます。また、イメージ カテゴリを分類したり、セマンティック セグメンテーションを実行することもできます。

アルゴリズムは、MATLAB® 関数、System object および Simulink® ブロックとして利用できます。ラピッド プロトタイピングと組み込みシステムの設計用には、システム ツールボックスで固定小数点演算と C コードの生成がサポートされます。

Computer Vision System Toolbox 入門

Computer Vision System Toolbox の基礎を学ぶ

特徴の検出と抽出

イメージのレジストレーション、関心点の検出、特徴記述子の抽出、特徴点のマッチング

深層学習、オブジェクトの検出と認識

深層学習、オブジェクト検出、認識、bag of features、テンプレート マッチング、背景推定、グラウンド トゥルースのラベル付け

オブジェクトの追跡と動き推定

オプティカル フロー、アクティビティ認識、動き推定および追跡

カメラ キャリブレーション

カメラの内部パラメーター、歪み係数およびカメラの外部パラメーターの推定

複数ビューの幾何学

2 次元イメージからの 3 次元情報の抽出、ステレオ平行化、深度推定、3 次元構造の再構築、三角形分割および structure from motion の実行

3 次元点群の処理

3 次元点群の幾何学的形状のダウンサンプリング、ノイズ除去、変換、可視化、レジストレーションおよび近似

入力、出力およびグラフィックス

ビデオと点群データのインポート、エクスポートおよび表示、色空間のフォーマット、変換および表示の実行、イメージ注釈

解析と強調

イメージの統計、FIR フィルター処理、周波数およびハフ変換、モルフォロジー、コントラスト強調およびノイズ除去の実行

コード生成とサードパーティ サポート

C コード生成の実行、OCR 言語データのサポートの詳細、OpenCV インターフェイスの使用、固定小数点データ型のサポートと System object の詳細

サポートされているハードウェア

サードパーティ製ハードウェア (FMC HDMI CAM を搭載した Xilinx Zynq など) のサポート