ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

unifrnd

連続一様乱数

構文

R = unifrnd(A,B)
R = unifrnd(A,B,m,n,...)
R = unifrnd(A,B,[m,n,...])

説明

R = unifrnd(A,B) は、連続一様分布から生成された乱数の配列 R を返します。この分布の下限端点と上限端点はそれぞれ、AB で指定されます。AB が配列である場合、R(i,j)AB の対応する要素で指定される分布から生成されます。AB のいずれかがスカラーの場合、他の入力のサイズへと展開されます。

R = unifrnd(A,B,m,n,...) または R = unifrnd(A,B,[m,n,...]) は、m x n x ... の配列を返します。AB がスカラーの場合、R のすべての要素は同じ分布から生成されます。A または B が配列の場合、m x n x... の配列でなければなりません。。

区間 (0,1)、(0,2)、...、(0,5) について、連続一様分布からそれぞれ 1 つの乱数を生成します。

a = 0; b = 1:5;
r1 = unifrnd(a,b)
r1 =
    0.8147    1.8116    0.3810    3.6535    3.1618

同じ分布からそれぞれ 5 つの乱数を生成します。

B = repmat(b,5,1);
R = unifrnd(a,B)
R =
    0.0975    0.3152    0.4257    2.6230    3.7887
    0.2785    1.9412    1.2653    0.1428    3.7157
    0.5469    1.9143    2.7472    3.3965    1.9611
    0.9575    0.9708    2.3766    3.7360    3.2774
    0.9649    1.6006    2.8785    2.7149    0.8559

区間 (0,2) で連続一様分布から 5 つの乱数を生成します。

r2 = unifrnd(a,b(2),1,5)
r2 =
    1.4121    0.0637    0.5538    0.0923    0.1943

拡張機能

R2006a より前に導入